サポートセンターホーム


v.120リリース:新しいEventSourceおよびスクリプトテストツール

05.23.19に公開

Auto-Balanced Collector Groups、トポロジマッピング、および単一バージョンでこれまでにリリースされた中で最も多くの新規および更新されたLogicModuleをもたらした注目すべきv.119リリースに続いて、v.120は比較的軽いリリースです。

しかし、それはあなたの人生を少しだけ楽にする何かがないという意味ではありません! XNUMX月上旬に展開されるこれらの今後の機能強化を確認してください。

注意喚起! 新しい展開ウィンドウが間もなく登場
リリースv.122(6月上旬に予定)から、新しいバージョンの展開ウィンドウを火曜日/木曜日の午後9時から6時(太平洋標準時)から月曜日/水曜日の午後9時からXNUMX時(太平洋標準時)に移動します。 展開ウィンドウ中、ポータルの中断は通常XNUMX分未満です。

リリースハイライト:EventSourceテスト

SNMPトラップ、SysLog、およびログファイルのEventSourceは、テスト機能を備えています。 WindowsイベントログEventSourceに長い間導入されてきたテスト機能と同様に、これらの新しいテスト機能を使用すると、アドホックテストを実行して、関連するSNMPトラップ、SysLog、およびログファイルイベントが適切にフィルタリングおよびキャプチャされていることを確認できます。

SNMPトラップおよびSysLogEventSourceテストの場合、送信デバイスとテスト条件を指定して、リアルタイムで発生するイベントをリッスンできます。 ログファイルテストの場合、ログファイルでスキャンする送信デバイスと行数を指定します。

テスト結果は、EventSourceに定義されたフィルターに基づいて、キャプチャされるイベントとキャプチャされないイベントを識別します。 この新機能の詳細については、を参照してください。 EventSourcesのテスト.

テスト結果は、EventSourceに定義されたフィルターに基づいて、キャプチャされるイベントとキャプチャされないイベントを識別します。

リリースのハイライト:スクリプトデバッグの動的トークン置換サポート

世界 !groovy 影響により !posh Collector Debug Facilityから利用できるデバッグコマンドが動的トークン置換をサポートするようになり、スクリプトのプロパティを使用してより簡単にデバッグできるようになりました。

世界 !groovy debugコマンドは、 hostProps.get() プロパティを取得します。 これは推奨されており、コレクターデバッグ機能内からプロパティをプルするデバイスを検索できます。

このデバッグ拡張機能を利用するには、EA Collector28.300以降が必要です。

その他のv.120の機能強化

コレクター

  • 32ビットアーキテクチャの廃止(近日公開)。 次のEACollectorリリース(28.400)は、32ビットアーキテクチャをサポートしなくなります。

ダッシュボード

  • テーブルウィジェットは濃い青色の背景をサポートしています。 テーブルウィジェットのカラースキーマとして「solid-darkblue」を選択すると、テーブルヘッダーだけでなく、ウィジェットの背景全体がダークブルー(白いテキスト付き)になります。

LMクラウド

  • ホストステータスアラート。 v.120のロールアウトが終了すると、ローカルコレクターで監視されているクラウドデバイスのホストステータスアラートは、非クラウドデバイスのホストステータスアラートと同じように機能し始めます。 データ収集が成功しなかったXNUMX分後、ホストステータスアラートがトリガーされます。 これは、ローカルコレクターによって監視されるクラウドリソースのより包括的なステータス監視に役立つ場合があります。

LMコンテナ

  • NodePortおよびLoadBalancerKubernetesサービス。 すでに検出および監視されているClusterIPサービスに加えて、NodePortおよびLoadBalancerKubernetesサービスの検出および監視のサポートが追加されました。
  • 削除の警告プロンプト。 Kubernetesクラスターのモニタリングの一部として動的に作成および管理されるコレクターやコレクターグループを手動で削除するためのより明確な警告プロンプトが追加されました。

LMサービスインサイト

  • 改善されたトポロジーマッピング。 サービスメンバー間の関係は、(DataSourcesまたはPropertySourcesによって割り当てられた)ERIを持つリソースに対してのみマップされるようになりました。 この機能拡張により、サービスのトポロジマッピングがより意味のあるものになります。

REST API

  • グループレベルでのデータソース監視を有効/無効にします。 グループレベルでデータソースの監視を有効/無効にする機能を公開しました。 この機能は、デバイスグループの[アラートチューニング]タブにある[UIを有効にする]チェックボックスを反映しています。

LogicModuleリリース

前回のリリース以降に追加または更新されたLogicModule。

新しい監視範囲

  • Cisco ASA –1つのSNMPSysOIDマップエントリ
    • Cisco ASA5506および5508ホスト上の非標準のASAsysOIDをキャプチャします
  • シルバーピーク – 1つのデータソース、1つのPropertySource、1つのSNMPSysOIDマップエントリ

モニタリングの改善

  • addCategory_CiscoNTP – 1 つの PropertySource
    • 互換性の問題とサポートの欠如により、CiscoNTPv1のサポートを削除しました
  • addERI(レイヤー2トポロジー) –6つのPropertySources
    • Arista、Cisco、Device、HP Switch、Juniper、およびWindowsコンポーネントのブロックされたインターフェイス名の問題を修正しました
  • addCategory_Veeam_BackupAndReplication_PowerShell – 1 つの PropertySource
    • hostPropトークンの使用法を修正しました
  • アルバステータス –1データソース
    • 互換性の問題とサポートの欠如により、CiscoNTPv1のサポートを削除しました
  • Ciscoトランシーバーセンサー –1データソース
    • Active Discovery andCollectionスクリプトの改善。 アラートの改善
  • Citrix_XenApp_(データストアステータス| HypervisorConnections |トラブルシューティング) –3つのデータソース
    • hostPropトークンの使用法を修正しました
  • GCPクラウドストレージ –1データソース
    • データポイントにレデューサータイプを追加
  • GCPデータベースクラウドSQL –1データソース
    • データポイントにレデューサータイプを追加
  • Isilonノードディスク –1データソース
    • diskStatusデータポイントのJOURNALステータスのサポートが追加されました
  • KubernetesコンテナとKubernetesポッド –2つのデータソース
    • メモリ使用率のアラートしきい値が追加されました
  • Kubernetes ping –1データソース
    • ポーリング間隔の頻度が5分から1分に増加しました
  • LogicMonitorコレクターSPSE –1データソース
    • マルチコアCPU使用率のサポートが追加されました
  • Microsoft SQLServerのトラブルシューティング –1データソース
    • トラブルシューティングメッセージの改善
  • NetApp7モードNFS –1データソース
    • 固定平均遅延データポイントとグラフ
  • NetAppクラスターボリューム –1データソース
    • 多数のインスタンスの検出を妨げていたActiveDiscovery andCollectionスクリプトの問題を修正しました
  • プリンタの消耗品 –1データソース
    • インスタンス検出のためにHEXを適切に変換するためのADスクリプトで修正された問題
  • SNMPHRディスク –1データソース
    • データポイントデータ型で修正された問題
  • Veeam_BackupAndReplication_(HyperVProxyServers | BackupSync | Jobs_Backups | Jobs_ConfigBackup | Jobs_Copy | Jobs_Replicas |リポジトリ| VMwareProxyServers) –8つのデータソース
    • hostPropトークンの使用法を修正しました
  • VMwarevCenterトポロジ –1つのTopologySource
    • スクリプトのマイナーな問題の修正
  • VMwareESXiハードウェアセンサーと電力センサー –2つのデータソース
    • auto.propertiesでのインスタンスフィルタリングの問題を修正しました
  • VMware_Horizo​​n_(ADDomains |アプリケーション|証明書| ConnectionData |データストア| DesktopPools | EventDatabaseConnection | LicenseInfo |マシン| PersistentDisks | RDSServers |セッション|トラブルシューティング| vSphereHosts) –14つのデータソース
    • hostPropトークンの使用法を修正しました

記事上で