サポートセンターホーム


v.119リリース:自動バランスコレクターグループとトポロジーマッピング

05.07.19に公開

119月中旬に展開されるLogicMonitorv.119には、自動バランスコレクターグループとトポロジマッピングというXNUMXつのエキサイティングな新機能が搭載されています。 これらの新機能のハイライト、およびこのv.XNUMXリリースに含まれるその他の拡張機能の詳細を読んでください。

新機能のハイライト:自動バランスコレクターグループ


LogicMonitorの新しい自動バランスコレクターグループ(ABCG)を使用して、デバイスのバランシング、スケーリング、およびフェイルオーバーを改善します。 ABCGは、デバイスの負荷を共有するコレクターのグループです。 ABCGは、次の機能を通じて、より効率的なコレクターの管理と監視を実現します。

  • 個々のコレクターがオーバーサブスクライブされるのを防ぐために、ABCG内のあるコレクターから別のコレクターにデバイスを動的に移動します
  • 故障したコレクターのデバイスを、ABCGの残りのアクティブなコレクターに均等に配布します
  • ABCGを割り当て、ABCGに監視を実行するコレクターを決定させるだけで、デバイスの作成を合理化できます。

詳しくは、をご覧ください。 自動バランスコレクターグループ.

新機能のハイライト:トポロジマッピング

v.119の正式な公開の数日前(正確には26月XNUMX日)に、トポロジマッピングをリリースしました。 LogicMonitor ProおよびEnterpriseパッケージのユーザーが利用できるLogicMonitorのトポロジマッピングを使用すると、ネットワーク環境内の要素間の論理関係を視覚化できます。

 

この追加のコンテキストは、監視操作に非常に役立ち、次の機能を提供します。

  • リソース間の関係を発見してマッピングする
  • アラートに基づいてトポロジマップを生成し、トラブルシューティングワークフローを合理化します
  • トポロジー関係に基づいてリソースをナビゲートする
  • 継続性を監視するために、関連性のある頻繁に使用されるトポロジマップを保存します

トポロジはLogicMonitorによって自動検出されます! 必要なすべてのLogicModuleをダウンロードすると、関係が動的に生成されます。 詳細については、を参照してください。 トポロジマッピングの概要.

その他のv.119の機能強化

アラート

  • クリアされたアラート フィルタリング。 [アラート]ページ(または[アラート]タブ)でアラートをフィルタリングするときに、クリアされたアラートのみを表示できるようになりました。 これは、クリアされたフィルターで使用可能な新しい「はい」オプションをチェックすることによって達成されます。 以前は、アクティブなアラート(「すべて」オプション)に加えてクリアされたアラートのみを表示するか、クリアされたアラートを明示的に除外する(「いいえ」オプション)ことができました。

LMクラウド

  • アマゾンウェブサービス(AWS)モニタリングアップデート:
    1. DynamoDBのタグ検出フィルター。 AWSDynamoDBサービスのタグ検出フィルターを追加しました。 以前に実装された名前フィルターは削除されません。 新しいタグフィルターは、論理ANDで名前フィルターに接続されます。 この新しいタグフィルターは、AWS環境にすでに存在するタグに基づいてDynamoDBテーブルが検出されないようにするのに役立つ場合があります。
    2. AWSDMSレプリケーションインスタンスのモニタリング。 AWS Database Migration Service(DMS)レプリケーションインスタンスの検出とモニタリングのサポートが追加されました。
  • Google Cloud Platform(GCP)モニタリングの更新:
    1. わかりやすくするためのUIテキストの更新。 混乱を避けるために、GCPの[クラウドアカウントの追加と管理]ダイアログのテキストで使用されている用語が更新されました。 ダイアログは、アラートの自動無効化が利用可能であることを示しています。 削除された インスタンス。 以前は、ダイアログでこの用語が使用されていました 終わる これは、GCPの用語では、停止状態を意味します。

LMコンテナ

  • Kubernetesリソースを手動で削除する際の警告が改善されました。 ユーザーがArgusによって自動管理されている監視対象のKubernetesリソースを削除しようとしたときに、より役立つ警告が追加されました。

LMサービスインサイト

  • ダッシュボードへのメンバーグラフの追加。 サービスメンバー(つまり、インスタンスとデバイス)のグラフを、サービスの[グラフ]タブから直接ウィジェットとしてダッシュボードに追加できるようになりました。 この新しい機能は、リソースのグラフをダッシュ​​ボードに追加するためにすでに導入されている機能と類似しています。 これは、サービスのダッシュボードをすばやく作成するのに役立つ場合があります。

REST API

  • クリアのみアラートの取得。 LogicMonitor REST APIは、Clearedフィルターの新しい「Yes」オプション(このリリースで追加)をサポートします。 この新しいオプションは、クリアされたアラートのみを取得します。 APIでは次のように参照されます クリア:true.

トポロジーマッピング

  • 新しいデバッグコマンド。 LogicMonitorの新しいトポロジマッピング機能をサポートするために、コレクターデバッグ機能でXNUMXつの新しいコマンドを使用できるようになりました。これにより、ユーザーは、重複する外部リソースID(ERI)の意図しない存在に関連する問題をデバッグできます。
    1. !erimergelist [threshold = xxx] –このコマンドは、リソース/インスタンス全体に表示されるすべてのERI値(または指定されている場合は指定されたしきい値を満たす値)を一覧表示します。
    2. !erimergedetail –このコマンドは、ERI値にバインドされているすべてのリソース/インスタンスを一覧表示します
  • エッジの崩壊。 複数のエッジがXNUMXつの頂点を接続している場合、デフォルトの動作では、見やすくするためにそれらのエッジをXNUMXつのエッジに折りたたむようになっています。 新しい すべてのエッジを表示する オプションを使用すると、マップの設定からマップごとにこのデフォルトの動作をオーバーライドできます。 または、折りたたまれたエッジを右クリックすると、XNUMXつの頂点間のすべてのエッジも表示されます。
  • ドラッグするために複数の頂点をキャプチャします。 単一の頂点をトポロジマップ内の新しい位置にドラッグアンドドロップするだけでなく、トポロジマップ内の複数の頂点を一度に移動できるようになりました。 これを行うには、カーソルを目的の頂点に近づけて配置し、カーソルがプラス記号になるまで左クリックを押し続けます。 次に、クリックを押したまま、移動するすべての頂点を含むボックスを描画します。 ボックスを描画した頂点のいずれかをクリックして、選択したすべての頂点を新しい場所にドラッグします。

LogicModuleリリース

前回のリリース以降に追加または更新されたLogicModule。

新しい監視範囲

  • CiscoIPSecトンネル –1データソース
    • 既存のCiscoIPSecトンネルデータソースは非推奨になり、削除されました。 この新しいモジュールは、既存のデータソースを誤って上書きしないように、わずかな差異(Cisco_IPSec_Tunnels)で名前が付けられています。
  • レイヤー2トポロジー – 8つのPropertySource、2つのTopologySource
    • Arista、Cisco、HP、Juniper、Linux、およびWindowsネットワークコンポーネントのトポロジマッピングの自動検出をサポート
  • スウィフトスタック – 10個のデータソース、1個のPropertySource
  • Veeamのバックアップとレプリケーション – 8個のデータソース、1個のPropertySource
  • VMware vCenter Server Appliance(VCSA) –11つのデータソース
  • VMwarevCenterトポロジ – 5つのデータソース、2つのPropertySource、1つのTopologySource
    • VMwareコンポーネントのトポロジマッピングの自動検出をサポート

モニタリングの改善

  • addCategory OracleDB – 1 つの PropertySource
    • 改善された例外処理
  • AWS EBS –1データソース
    • データポイントの説明とアラートメッセージのマイナーな修正
  • AWSネットワークELBおよびネットワークELBターゲットグループ –1データソース
    • 予測できないHealthCheckIntervalSecondsの動作により、TCPELBリセットデータポイントのアラートしきい値が削除されました
  • CiscoCUCMプロセス –1データソース
    • シスコの既知のバグレポートをテクニカルノートフィールドに追加しました
  • Cisco NXOS – 1 構成ソース
    • インスタンスの検出を妨げていたExpectJタイムアウトの増加
  • シスコの QoS –1データソース
    • 実行時間とタイムアウトを削減するためのADスクリプトの改善
  • CitrixXenAppデータストアのステータス –1データソース
    • PowerShell内の接続障害の問題を解決するためにIPをFQDNに変換するようにスクリプトを更新しました
  • デルネットワーキング – 1 構成ソース
    • AppliesTo関数を更新して、DellPowerConnectホストを追加しました
  • GCPHTTPロードバランサー –1データソース
    • HTTP400リクエストのデータポイント応答コードに適用される修正
  • ホストリソースメモリ –1データソース
    • さまざまなデータポイントの説明を追加しました。 グラフのクリーンアップ
  • LogicMonitorコレクターJVMステータス –1データソース
    • 最大ヒープメモリをキャプチャするためのデータポイントが追加されました。 調整されたヒープ使用率の複雑なデータポイントの計算。 更新されたアラートメッセージ
  • Microsoft SQL Serverの – 1 つの PropertySource
    • インスタンスをテストするためのタイムアウトサポートが追加されました
  • MicrosoftSQLServerデータベース –1データソース
    • 適切な特殊文字とスペース処理のためのワイルドバリューの改善
  • NetApp クラスタ アグリゲート –1データソース
    • NetApp ONTAPAPIがすべてのUUIDを正しく受け入れないことに対処するためのコレクションスクリプトの問題を修正しました
  • NetAppクラスター論理インターフェース –1データソース
    • コレクションスクリプトのワイルドバリュー割り当ての問題を修正しました
  • NetAppEシリーズのダイナミックディスクプールとボリュームグループ –1データソース
    • 複数のストレージシステムが登録されているSANtricityWebサービスプロキシ(WSP)上の複数のストレージコントローラーアレイが適切に一致するように、ADスクリプトの問題を修正しました
  • NetSNMPメモリ –1データソース
    • 複雑なデータポイント計算の改善
  • 軽快なHDDディスク –1データソース
    • コレクションスクリプトでの例外処理の改善
  • Nutanix仮想マシン –1データソース
    • XNUMX進出力を適切にキャプチャしてASCIIに変換するためのADとコレクションの多数の改善。 スクリプト実行時間の改善とグラフのクリーンアップ
  • ターミナルサービス –1データソース
    • すでにアクティブになっている既存のコンソールおよびサービスセッションを調整するための仮想データポイントを追加しました。 改善されたデータポイントの説明
  • VMwareESXiデータストアのパフォーマンス –1データソース
    • 正しいワイルドバリューに確実にアクセスするためのADスクリプトの問題を修正しました
  • VMwareHorizo​​nのトラブルシューティング –1データソース
    • インスタンス検出とアラートメッセージのトラブルシューティングの改善
  • VMwareLMトラブルシューティング –1データソース
    • トラブルシューティングスクリプトの実行とアラートメッセージの改善
  • VMwareオブジェクト数 –1データソース
    • VMカウントでのnull例外処理を修正しました
  • VMware vCenterVMのパフォーマンス –1データソース
    • CPUReadyperVCPUデータポイントの計算を更新して、vCPUあたりの平均を適切に表示する
  • VMware vCenterVMスナップショット –1データソース
    • わかりやすくするために、グラフのスナップショット年齢ラベルを「Age」から「AgeInHours」に更新しました
  • VMware vSphereVMのステータス –1データソース
    • ハートビートアラートとマッピングステータスの問題を修正しました。 例外処理のさまざまな改善
  • WindowsWMIアクセス –1データソース
    • WMIアクセストラブルシューティングコードの追加サポートを提供

記事上で