サポートセンターホーム


v.114リリース:LAチェックポイントが廃止されました。 新しいアラート管理機能。 および新しい統合ログ

01.08.19に公開

明けましておめでとうございます! 2019年は、堅牢なリリースで始まります。 114月中旬に公開されるv.XNUMXには、多くの影響力のある新機能と改善点があります。

XNUMXつの新しいきめ細かいアラート管理機能

アラートとその通知をより適切に管理するのに役立つ114つのエキサイティングな新機能がv.XNUMXでリリースされています!

重大度/開始時間によるアラートリストの二次ソート

アラートの重大度ステータスと開始時刻のタイムスタンプを使用したXNUMX次ソートは、アラートテーブルを備えたLogicMonitorインターフェイスの任意の領域から利用できるようになりました(アラートページ、デバイス、クラウドリソース、またはWebサイトのアラートタブ、アラートリストダッシュボードウィジェットなど)。 この改善により、ユーザーはアラートの重大度レベル(プライマリソート)とアラートの開始時刻(セカンダリソート)の両方で同時にソートできるようになり、アラートリストを表示する際により論理的なコンテキストを提供するように実装されました。

アラートテーブルの二次ソートをオンにするには、アイコン( )これは、左端のアラート重大度列のヘッダーとして機能します。 これにより、アラートの重大度と「開始」列の両方で選択された昇順/降順を使用して自動的に並べ替えられます。 二次ソートをオフにするには、「開始」列以外の列をクリックする(または アイコンをさらにXNUMX回)、テーブルを単一の並べ替え順序にリセットします。 この新しい並べ替え機能(およびアラートに使用できるその他のフィルター/並べ替えオプション)の詳細については、を参照してください。 アラートページの概要.

プロパティによるアラート通知ルーティング

リソース(デバイス、クラウドリソースなど)またはWebサイトに割り当てられているプロパティに基づいてアラート通知をルーティングできるようになりました。 この新しいプロパティフィルターは、アラートルールの構成設定から利用できます。 この新しいアラートルール構成(およびアラート通知のルーティングに使用できるその他の構成)の詳細については、を参照してください。 アラートルール.

引退:ロサンゼルスチェックポイント

ホストされているロサンゼルスのチェックポイントの場所をv.114で廃止します。 ロサンゼルスのチェックポイントを参照するすべてのWebチェック、Pingチェック、およびWebサイトのステータスウィジェットは、まだ使用されていない場合、サンフランシスコのチェックポイントに自動的に移行されます。

重要な! ロサンゼルスのチェックポイントを参照する一部のLogicMonitor構成は、アラート状態が引き続き適切に通知されるように、サンフランシスコの場所に手動で更新する必要があります。 これらの構成には次のものが含まれます。

  • ロサンゼルスのチェックポイントを含むまたは除外する既存のアラートルール
  • ロサンゼルスのチェックポイントでフィルタリングするカスタムアラートテーブルフィルター
  • ロサンゼルスのチェックポイントについてレポートする、事前定義されたグラフ(Webサイトの詳細ビューの[グラフ]タブから表示)を含むダッシュボード

統合ログ!

LogicMonitorは、組織がLogicMonitorの外部のコラボレーションツールを介してLogicMonitorアラートを表示および応答できるようにするために、すぐに使用できるカスタム統合を長い間サポートしてきました。 現在、統合ログの導入により(に移動すると利用可能になります) 設定| 統合| ログ)、管理者は、トラブルシューティングを改善するために行われたすべての統合呼び出しの発信ペイロードと応答ペイロードを可視化できます。 統合ログは、配信ステータス(つまり、成功/失敗)ステータス、統合インスタンス、日付/時刻などのさまざまな基準を使用してフィルタリングし、問題をより迅速に特定できます。 この新機能の詳細については、を参照してください。 統合ログ.

注意: この機能は、v.114が完全にロールアウトされた後に有効になります。

MGDコレクター27.005

最近発表しました 新しい最低限必要なコレクター。 コレクターをできるだけ早くバージョン27.005以降にアップグレードしてください。そうしないと、コレクターは25月6日月曜日の午後9時からXNUMX時PSTの間に自動アップグレードされます。 この時間より前にアップグレードすることを強くお勧めします。

その他の改善点

ダッシュボード

  • NOCウィジェットの改善。 NOCウィジェットがステータスに従ってリソースをソートする順序が改善されました。 SDTのリソースには、SDTにないアラート条件のリソースよりも低い優先度が割り当てられるようになりました。 新しい並べ替え順序は次のとおりで、優先度の高いものから低いものの順にリストされています。
    1. 未確認:重大、エラー、警告
    2. 確認済み:重大、エラー、警告
    3. SDT:重大、エラー、警告
    4. SDT-確認済み:重大、エラー、警告
    5. SDT-クリア(アラートなし)
    6. クリア

    リソースのSDTが終了しても、そのリソースがアラート状態のままである場合、そのリソースはより高い優先度のステータスを取得し、NOCウィジェットの上部に移動して、インフラストラクチャの可視性を高めます。

  • SLAウィジェットの改善。 監視対象のリソースが追跡された期間中SDTにある場合、SLAウィジェットは「空のデータ」ではなく「SDTのリソース」を表示するようになりました。

イベントソース

  • ログファイルEventSourcesのエンコードタイプの検出が向上しました。 新しいログファイルEventSourceを構成する場合、 エンコーディング Collectorが使用するファイルエンコーディングタイプを決定するフィールドは、デフォルトで「自動検出」になります。 以前は、コレクターがWindowsであるかLinuxであるかに応じて、エンコードオプションはデフォルトでWindows-1252またはUTF-8のいずれかになりましたが、これは常に正確であるとは限りませんでした。 デフォルトのエンコードオプションを「自動検出」に変更すると、コレクターは受信したログファイルに基づいてエンコード方法を自動選択します。

LMクラウド

  • Azureモニタリングの改善
    1. 請求データ収集の改善。 Azureの課金データ収集が改善され、時折発生するギャップが解決されました。
    2. 今すぐポーリング機能が改善されました。 トラブルシューティングを支援するために、 今すぐ投票 Azure Resource Health DataSourceで使用できる機能に、顧客が特定のリソースヘルスデータを表示する理由に関する要約が含まれるようになりました。
    3. ドラッグアンドドロップの問題が解決されました。 リソースツリーのルートグループにあるAzureクラウドアカウントは、他のグループにドラッグアンドドロップできませんでした。 親グループは、リソースの構成から手動で更新する必要がありました。 これは修正されました。
  • Google Cloud Platform(GCP)モニタリングの改善
    1. パーミッションテストの改善。 サービスアカウントの権限の検証に加えて、必要なAPIが有効になっているかどうかを確認するGCP権限テストが改善されました。
    2. GCPサービスヘルスモニタリングでは、ローカルコレクターは不要になりました。 GCPサービスの状態(およびサービスの中断)を監視するためのデータ収集は、LogicMonitorが管理するコレクターによって処理されるようになり、ローカルのコレクターは不要になりました。
    3. MySQLおよびCloudSQL forPostgreSQLインスタンスの新しい最大接続クォータ。 MySQLおよびCloudSQL forPostgreSQLインスタンスの最大接続クォータがプロパティとして追加されました。 これにより、監視対象の接続を最大接続クォータのパーセンテージとして表すことができ、クォータの枯渇を防ぐことができます。

REST API

  • APIキーには、一般的にエスケープされる文字が含まれなくなりました。 APIキーは!で生成されなくなりました。 および$文字は、これらの文字をエスケープする必要があるプログラミング言語およびスクリプト言語でAPIを簡単に使用できるようにします。
  • Webサイトの過去のSDTサポート。 Webサイトの履歴SDTを取得する機能は、LogicMonitor REST APIv2に公開されています。 私たちを参照してください APIドキュメント 詳細情報を見るにはこちらをクリックしてください。
  • 履歴SDTを取得するための新しいフィルターパラメーター。 REST APIのv2を使用して、startEpochパラメーターとendEpochパラメーターに基づいて履歴SDTを取得するようにリクエストをフィルター処理できるようになりました。

ユーザーインターフェース

  • ダッシュボードの誤解を招くデフォルトの時間範囲の説明が削除されました。 世界 デフォルトの時間範囲 ダッシュボード(および一部のレポート)で使用可能なオプションには、以前は「通常24時間前」というメモが付いていました。 ただし、個々のダッシュボードウィジェットには幅広い標準時間範囲があるか、まったくないため、このメモは誤解を招く可能性があります。 混乱を避けるために、 デフォルトの時間範囲 オプションに「ウィジェットごとに異なります」と表示されるようになりました。
  • データソースの[Exchangeに公開]ボタンが移動しました。 世界 Exchangeに公開 データソースで使用できるボタンは、以前は セールで節約 ボタンをクリックすると、ユーザーが保存するつもりだったデータソースを誤って公開してしまいます。 この問題を解消するために、 Exchangeに公開 ボタンはからさらに離れて移動されました セールで節約 ボタンと「このモジュールをLMExchangeに公開してもよろしいですか?」 はい/いいえプロンプトが追加されました。

LogicModuleリリース

次に、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleをリストしました。

新しい監視範囲

  • GCPサービスヘルス –1データソース
  • GCPの請求 –3つのデータソース
  • Google Cloud Platform(GCP)AppEngineのバージョン –1データソース
  • HPシャーシ/システム – 11個のデータソース、1個のPropertySource
  • VMwarevCenterおよびESXi – 33個のデータソース、1個のPropertySource

モニタリングの改善

  • AWS_Application_ELB
    • HTTPCode_TargetデータポイントのAPIエンドポイントを修正しました
  • Azure ResourceHealth –1データソース
    • 適用を更新して、Azure関数を除外しました
  • Azure SQL Server –1データソース
    • AzureとAzureSQLデータベースでのSQLServerの構成の詳細を含む技術ノートを更新しました
  • Dell_Drac_DriveStatus
    • 正当にRAIDを形成できないディスクでアラートを送信しなくなりました
  • HP 3PAR CPG –1データソース
    • Groovyスクリプトでの正規表現の一致を修正しました
    • 追加のデータポイントとグラフを作成しました
  • LogicMonitorコレクターNetScan –1データソース
    • さまざまなデータポイントの説明とグラフを修正しました
  • メラキ –7つのデータソース
    • インスタンスに名前がない場合のフェールバックの改善
  • VMwarevCenterデータストアのステータス –1データソース
    • null値をより適切に処理するためのマイナーなスクリプト修正

記事上で