サポートセンターホーム


v.113リリース:今年の最終リリース!

11.26.18に公開

LogicMonitorのv.113リリースは、16年の2018番目で最後のリリースです。これは、ユーザー固有のタイムゾーン、新しいREST APIバージョン、大幅に拡張されたクラウドモニタリング、新しいユーザーレポート、そして、はるかに。

旧モデルからの改善

LMクラウド

  • GCPの請求データの監視。 Google Cloud Platform(GCP)の請求データの監視が追加されました。 これは、GCPの支出を追跡し、それをGCPリソースのパフォーマンスと使用率と関連付けるのに役立ちます。 もっと詳しく こちら.
  • GCP AppEngineサービスバージョンのモニタリング。 GCP App Engineサービスのバージョンをインスタンスとして検出し、各バージョンに固有のパフォーマンス指標を監視する新しいデータソースが追加されました。 これは、同じサービスの異なるバージョン間でパフォーマンスを比較する場合に役立ちます。
  • GCPのローカルコレクターモニタリング。 世界 ローカルコレクターによる監視を有効にする Google Cloud Platform(GCP)でオプションが利用できるようになりました。 これにより、GCP環境内でLogicMonitor Collectorを使用して、Compute Engineインスタンスのより包括的な指標(アプリケーション指標、OSレベルの指標など)を取得できます。 これらのメトリックは、Stackdriverからの監視データと一緒にLogicMonitor内に表示されます。 詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 ローカルコレクターによる監視の有効化.

REST API

  • PythonおよびGoSDK(ベータ版)。 LogicMonitorは、PythonおよびGo用のベータソフトウェア開発キット(SDK)をリリースします。これにより、REST APIのv2を使用して、APIベースの統合とワークフロープロセスをより効率的かつ便利に構築できます。 これらのSDKは、付属のドキュメントとともに、v.113が完全に公開されると利用できるようになります。

アラート

  • クラスターアラートのアラートルーティングテスト。 クラスタアラートのアラートルーティングをテストする機能が追加されました(この機能は、以前は個々のデータポイントアラートでのみ使用可能でした)。 さらに、アラートルーティングテストアイコンが更新され、ベルが表示されるようになりました( )、以前に使用されていた歯車を交換します。 これは、アラートルーティングテスト機能を、インターフェイス全体で使用可能な管理機能と区別するのに役立ちます。

ダッシュボード

  • NOCウィジェットの新しい並べ替えのデフォルト。 新しく作成されたNOCウィジェットは、名前によって決定される以前のアルファベット順の並べ替え順序ではなく、アラートの重大度によって決定される並べ替え順序にデフォルト設定されるようになりました。 オーバーフローが発生する大規模なNOCウィジェットの場合、これにより、アラートが送信されたリソースが常に最初に表示され、潜在的に重要なアラート状態をより明確に把握できるようになります。

ユーザーインターフェース

  • 受信者グループの検索機能。 [受信者グループ]ページに検索ボックスが追加されました(設定| アラート設定| 受信者グループ)。 この新しい検索機能は、一致する検索テキストを含むすべての受信者グループを返します お名前 影響により 商品の説明 フィールド。

LogicModuleリリース

次に、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleをリストしました。

新しい監視範囲

  • DataCore SANSymphony – 9個のデータソース、1個のPropertySource
  • Google Cloud Platform(GCP)ComputeEngineのサービス制限 –1データソース
  • MicrosoftAzure統合認証 –1データソース
    • LMアカウントからAzureInsightへの認証の問題に関するアラートを提供します

モニタリングの改善

  • Cisco_IOS – 1 構成ソース
    • 散発的な不完全な構成の取得を引き起こしていた最後の更新で導入されたリグレッションを修正しました
  • NetAppクラスターボリューム –1データソース
    • 一部のインスタンスが大部分のデータポイントのデータなしを取得する問題を解決しました
  • VMAXRDFポートとディレクター –4つのデータソース
    • スクリプトが正しく実行されない原因となっていたスクリプトエラーを修正しました

記事上で