サポートセンターホーム


v.109リリース:デバイスとLMクラウドの改善

08.20.18に公開

私たちの注目に値するもののすぐ後に来る v.108リリース、待望のユーザー固有のタイムゾーン機能をLogicMonitorインターフェイスにもたらした、v.109はライトリリースです。 しかし、それはあなたの人生を少しだけ楽にする何かがないという意味ではありません。 これらの今後の改善点を確認してください。これらはXNUMX月下旬に展開されます。

旧モデルからの改善

Devices

  • NetScanの重複としてデバイスが誤ってマークされなくなりました。 デバイスは、実際には監視に追加されたにもかかわらず、CSVアップロード検出方法を採用しているNetScanの重複ステータスに誤って設定されることがありました。 この誤ったステータスの割り当てにより、追加されたデバイスがNetScanの[履歴]タブから省略されていました。 これは修正されました。
  • デバイスツリーの最近削除されたフォルダの自動非表示。 デバイスが削除されると、デバイスツリーの最近削除されたフォルダーに移動され、XNUMX日間回復できるようになります。 以前は、最近削除されたフォルダは常にデバイスツリーに表示されていましたが、過去XNUMX日以内に削除されたデバイスがない場合は自動的に非表示になります。
  • NetScanの資格情報のラベル付けが改善されました。 ICMP検出方法を使用してNetScanを介して追加されたデバイスにカスタム資格情報を設定できるフィールドのラベルが更新されました カスタム 〜へ このスキャンにカスタム資格情報を使用する。 ラベルが変更され、カスタム資格情報が指定されたNetScanにのみ使用され、デバイスのプロパティとして追加されないことが明確になりました。
  • !hostpropertydebugコマンドにヘルプの詳細が追加されました。 デバイスのシステムプロパティを手動で追加、更新、または削除するために使用できる!hostproperty debugコマンドが、Collector DebugFacilityのコマンドリストおよびヘルプファイルに含まれていませんでした。 このコマンドの使用方法の詳細が追加されました。

LMクラウド

  • AWSタグ値の大文字と小文字を区別する比較。 以前は、新しいAWSタグ値と既存のAWSタグ値の間で大文字と小文字を区別しない比較が実行されていたため、大文字と小文字を区別せずに変更が適切に更新されていませんでした。 AWSは大文字と小文字のタグ値を異なるものとして扱うため(たとえば、VALUEとvalue)、これは修正されました。
  • ローカルのコレクターベースの監視の削除によって影響を受けるインスタンスの警告。 ローカルコレクター監視のコレクター割り当てルールを変更すると、ローカルコレクターベースの監視が削除されるインスタンスを一覧表示する警告が表示されるようになりました。 ローカルコレクターベースのモニタリングが削除されると、コレクターの履歴データ(CloudWatchおよびAzure以外のモニターデータ)が失われるため、この警告は、意図しない履歴データの損失を回避するのに役立つ場合があります。

ウェブサイト

  • Webチェックの認証パスワードのマスキング。 に入力された値 パスワード 認証を必要とするWebチェックのフィールドが常にマスクされるようになりました。

LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • AWSアプリケーションELBターゲットグループ –1データソース
  • AWS VPCサービスの制限(Trusted Advisor) –1データソース
  • EMC VPLEX –15つのデータソース
    • EMCVPLEXモニタリングを構成するための手順が記載されています。 こちら

モニタリングの改善

  • CiscoASAの温度 –1データソース
    • さまざまなスケールの値をサポートするスクリプトを追加しました
  • LinuxNewProcesses –1データソース
    • 参照がないためにエラーメッセージが隠されていた問題が解決されました
  • Microsoft SQL Serverの – 1 つの PropertySource
    • セキュリティモードチェックをより適切にキャプチャして処理するようにスクリプトロジックを更新しました。 トラブルシューティングを容易にするためのデバッグモードが追加されました
  • Microsoft SQLServerのグローバルパフォーマンス –1データソース
    • グラフを伴うデータポイント「ProcessesBlocked」を追加
  • WinOS –1データソース
    • メモリの単位とスワップグラフがバイトに変更されました。 メモリグラフのデフォルトのタイムスケールが24時間に変更されました

記事上で