サポートセンターホーム


v.108リリース:ユーザー固有のタイムゾーン

07.30.18に公開

あなたが尋ねた、私たちは答えました! 108月上旬に展開されるv.XNUMXリリースでは、ユーザー固有のタイムゾーンがお近くの場所にもたらされます。 この主要な新機能、およびこのリリースで見られるその他の改善点について詳しくは、以下をお読みください。

ユーザー固有のタイムゾーン

頭の中でタイムゾーンの計算を実行する必要はもうありません! 組織のLogicMonitorアカウントに指定されているタイムゾーン以外のタイムゾーンにいる場合は、ローカルリージョンに合わせてカスタマイズされた時間ベースのデータと設定を表示および構成できるようになりました。

A 時間帯 フィールドがユーザーアカウントに追加されました。 この新しいユーザーアカウントフィールドは、デフォルトでグローバルアカウントレベルで以前に設定されたタイムゾーンになりますが、後でローカルタイムゾーンを反映するように構成するユーザーには、使いやすさが大幅に向上します。

  • UIの項目(アラート、レポート出力、XNUMX回限りのイベント、生データなど)は、ユーザーの特定のタイムゾーンに従って表示されます。
  • イベント(SDT、コレクターアップグレード、レポート配信、SLA期間など)は、デフォルトでユーザーの特定のタイムゾーンで構成されますが、すべての時間関連フィールドに付随する新しいタイムゾーンドロップダウンを介して別のタイムゾーンで構成できます。
  • 時間ベースの構成がユーザーの指定したタイムゾーンとは異なるタイムゾーンで設定された場合のタイムゾーンの目立つ表示。
  • UIヘッダーから、ユーザー固有のタイムゾーンとアカウントレベルのタイムゾーンを簡単に切り替えることができます。

その他の改善点

  • ウィジェットタイトルの更新。 世界 更新頻度 ダッシュボードウィジェットに設定された間隔は、ウィジェットコンテンツを更新していましたが、ウィジェットタイトルは更新していませんでした。 これは修正されました。
  • コレクターの検索結果が改善されました。 を使用してコレクターを検索する場合 検索コレクター フィールドでは、詳細が一致するコレクターを含まないコレクターグループは、検索結果の乱雑さを減らすために非表示になっています。
  • ページフッターが重なっています。 場合によっては、ドロップダウンメニューのコンテンツがポータルのページフッターによって隠されていました。 これは修正されました。
  • 外部APIリクエストを介して追加されたアラートコメント/確認応答の更新の遅延。 REST APIを介して追加されたアラートの確認応答とコメントは、アラートの詳細にすぐに反映されるとは限りませんでした。 これは修正されました。
  • AWSロードバランサーのターゲットグループメトリックが改善されました。 以前は、ALB DataSourceは、AWSネットワークロードバランサー(NLB)とアプリケーションロードバランサー(ALB)のXNUMXつのターゲットグループのターゲットグループ固有のメトリックのみを報告していました。 すべてのターゲットグループを識別する新しいプロパティがNLBおよびALBリソースに追加され、ターゲットグループをインスタンスとして検出し、それぞれのターゲットグループ固有のメトリックをレポートする新しいマルチインスタンスデータソースが追加されました。

LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • Ciscoフィールド交換ユニット(FRU) –1データソース
  • Cisco IOS 構成ソース – 1 構成ソース
    • CiscoASRおよびXRデバイスと互換性があります
  • Lync2013スイート – 31個のデータソース、1個のPropertySource

モニタリングの改善

  • AWSダイレクトコネクト
    • さまざまなデータポイントで不適切に構成された有効な値の範囲を修正しました
  • BGP、ArubaAPステータス
    • マイナーグラフの更新
  • Cisco UCS ComponentHealth
    • RackUnitステータスOIDを更新
  • EMCVNX2ストレージプール
    • 誤ったデータポイント名を修正しました
  • EqualLogicディスク
    • ステータスデータポイントに不足しているステータスコードを追加しました
  • IPMI – 1 つの PropertySource
  • Kemp仮想サーバーと名前のない仮想サーバー
    • 固定ADOID
    • 固定ステータスデータポイントOID