サポートセンターホーム


v.107リリース:さらに強力なアカウントセキュリティ

07.10.18に公開

v.107リリースは、XNUMX月中旬にお客様に公開されます。

最近リリースが小さくなっていることに気づいたかもしれませんが、それは意図的なものです。 私たちはいくつかの素晴らしい主要機能を提供するために一生懸命取り組んでいます。 乞うご期待!

旧モデルからの改善

  • ブルートフォース攻撃に対するLogicMonitorのセキュリティをさらに強化しました。 他の改善点の中でも、CAPTCHAは5回のログイン試行の失敗後に開始され、アカウントは最大20回の試行の失敗後にロックされます。
  • 時間範囲セレクターは、オプションとして「過去の暦月」をサポートするようになりました。
  • カスタムグラフウィジェットを作成すると、「最小グラフ範囲」のデフォルトがゼロではなく自動に設定されます。
  • RESTAPIを使用してデータソースを削除する機能を公開しました。
  • AWSとAzureの設定ダイアログ(アプリケーション、ネットワーク、クラシックロードバランサーなど)に同じファミリーサービスを統合して、セットアップと管理を容易にします。
  • モバイルアプリでJobMonitorのサポートが追加されました。
  • アラートレポートは、列名としてトークンをサポートするようになりました。
  • endEpochでのフィルタリングは、アラートリソースに対して常に適切に機能するとは限りませんでした。 具体的には、特定の時間より前に終了したアラートを返すフィルターは、アクティブなアラートも返します。 これは修正されました。