サポートセンターホーム


v.104リリース:AzureBillingとカスタムグラフウィジェットの改善

05.08.18に公開

v.104リリースは、XNUMX月中旬までお客様に公開されます。 表示される変更の中には、改善されたカスタムグラフウィジェット、Azure Billingモニタリング、およびConfigSourceに関する重要なお知らせがあります。 

カスタムグラフウィジェットの下部Xビュー 

v.102では、テーブルウィジェットの特定のデータポイントの最下位インスタンス値の動的ビューを作成する機能を追加しました。 この機能を拡張して、カスタムグラフウィジェットでデータポイントの下部の5/10/25/100インスタンス値を視覚化しました。 これは、環境全体でリソースが不足している、または過剰にプロビジョニングされているリソースをリアルタイムで表示したい場合に非常に役立ちます。 

Azureの請求


AzureBillingデータの監視のサポートが追加されました。 Azureの支出を監視、視覚化、アラートできるようになりました。 コアデータソーススイートは、デフォルトでAzureサービス、リージョン、サブスクリプション、および操作ごとに監視し、必要に応じてタグごとに監視するオプションもあります。 Azureを使用している場合、この新機能は、請求額が月ごとにどのように推移しているかを追跡し、クラウドでの支出を最適化する方法を特定するのに役立ちます。 あなたはより多くの情報を見つけることができます こちら.

ConfigSourceの更新

最近、ConfigSourceに変更を加え、ユーザーがマルチインスタンスデータソースの場合と同じようにインスタンスのライフサイクルを制御できるようにしました。 この変更に伴い、マルチインスタンスConfigSourceのデフォルトの動作も変更され、インスタンスが非アクティブであっても自動削除されないようになりました。 これは、デバイスが長期間ダウンした場合に構成ファイルが失われるのを防ぐために行われます。 これらの更新を取得するには、ConfigSourceを最新バージョン(新しいデフォルト)に更新することを強くお勧めします。

独自のConfigSourceを作成した場合は、将来のデータ損失を防ぐために、ActiveDiscovery設定を再確認することもお勧めします。

ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートチームまでお問い合わせください。


その他の改善点 

コレクタ

  • デバッグコンソールを使用するには、ユーザーに「管理」権限が必要です。

ダッシュボード

  • ダッシュボードのURLに「&fullscreen」を追加して、ダッシュボードを「フルスクリーン」モードで強制的に開きます。 これは、埋め込みアプリでダッシュボードを表示するときに役立ちます
  • テキストウィジェット内でソースHTMLを直接編集する機能が追加されました

Devices 

  • カスタム時間範囲の値が[デバイスとWebサイト]ページに表示されるようになりました

 LMクラウド

  • Azure FranceCentralリージョンのリソースの検出と監視のサポートが追加されました
  • API Gatewayインスタンスの命名規則により、以前は同じ名前のXNUMXつのAPIを監視できないようになっています。 そのため、LogicMonitorのリソース名にAPI GatewayグループIDを含めるように調整して、これを修正しました。 すべての新規および既存のAPIゲートウェイリソース
  • AzureAutomationアカウントの監視のサポートが追加されました
  • Azure仮想ネットワークゲートウェイの検出と監視のサポートが追加されました
  • AzureExpressルート回線の検出と監視のサポートが追加されました
  • クラウドリソースのデータソースおよびインスタンスレベルで「デバイスの管理」オプションを追加しました。これは、通常のデバイスのデータソースおよびインスタンスレベルで使用できるオプションと一致しています。

REST API 

  • RESTAPIを介してインスタンスグループの概要グラフを取得する機能を公開しました


修正されたバグ

  • AzureMySQLおよびPostgreSQLデータベースインスタンスタグが検出されないバグを修正しました
  • EC2インスタンスの「RenameDiscoveredDevices」フィールドの「Name」タグオプションでは、大文字と小文字が常に区別されるとは限りませんでした。 'name'タグを定義した場合、従来の 'Name'タグの代わりに表示名を設定するために使用されました


LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、新しく改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • Microsoft Azure AppServicePlan – 1データソース
  • Microsoft Azure CosmosDB – 1データソース
  • AWS EC2 EBS – 2データソース
  • AzureExpressルートサーキット –1データソース 
  • Azure仮想ネットワークゲートウェイ –1データソース  

モニタリングの改善

  • AWS EC2 – 1データソース 
    • AppliesToを更新して、CloudWatchエンドポイントの違いによりAWS_EC2_EBSデータソースによって監視されるようになったEBS互換インスタンスを除外しました
    • データポイント定義、アラートメッセージのさまざまな改善 
  • マルチインスタンスConfigSources
    • インスタンスを自動的に削除しないようにAD設定が変更されました
  • メールの通過時間– 1データソース 
    • 時間測定の精度の向上
    • カスタムポートのサポートが追加されました
    • 受信トレイとの同期の問題のより堅牢な処理
    • 孤立したテストメッセージの削除の改善
  • Cisco_IOS 構成ソース
    • 初期化プロセスに関するエラー処理が改善されました。 デバイスへの接続が失敗した場合、スクリプトはテキスト文字列「false」ではなく、失敗コードをLMプラットフォームに返します。
  • Fortinet_FortiOS – 1 構成ソース  
    • 「ssh.port」ホストプロパティが設定されている場合にSSHに非標準ポートを使用する機能が追加されました
    • config。*またはssh。*のいずれかである可能性がある場合にログに記録される特定のプロパティ名を抽出するための正規表現パターンマッチングが追加されました。