サポートセンターホーム


v.101リリース:アラートしきい値レポートの改善とクラウドモニタリングの拡張

03.06.18に公開

v.101リリースは、XNUMX月中旬まで公開されます。 表示される変更の中には、改善されたアラートしきい値レポートと、クラウド環境のさらに多くの監視範囲があります。 

アラートしきい値レポート 

アラートしきい値レポートは、LogicMonitorが環境全体でアラートをトリガーするタイミングと場所に関する重要な洞察を提供します。 これらのしきい値のコンテキストを増やすために、次のテーブル列のサポートを追加しました。 

  • グループ 
  • データソース 
  • CollectorMethod 
  • EnableActiveDiscovery 
  • DiscoveryMethod 
  • DiscoverySchedule(分) 
  • CollectEvery(分) 
  • AlertTriggerInterval 
  • GlobalThreshold 
  • InstanceThreshold 
  • InstanceAlertingDisabled 
  • EscalationChain-警告 
  • EscalationChain-エラー 
  • EscalationChain-クリティカル

新しいクラウドモニタリング 

次のクラウドリソースの新しいデータソースを追加しました。 

  • 非プレミアムAzureSKUを使用したServiceBusリソース
  • AWS ClassicELBサービスの制限


その他の改善点

コレクタ 

  • [コレクターの追加]ダイアログのサイズと一致するように、[コレクターのサイズ]ドロップダウンの言語を更新しました
  • [コレクターの管理]ダイアログへのマイナーな変更。 他のダイアログとの一貫性を保つために、[削除]ボタンをウィンドウの左下隅に移動しました

ダッシュボード

  • 一度に最大400個のアイテムをマップウィジェットに表示できるようになりました。 アイテムが100を超えると、ノードアニメーションが無効になることに注意してください。 
  • 円グラフウィジェットで仮想データポイントの色を指定する機能が追加されました
  • SLAウィジェットは、ユーザー定義のしきい値に従って色を変更できるようになりました
  • NOCウィジェットのSDTアイコンとアラートアイコンを組み合わせてスペースを節約
  • 以前は、NOCウィジェットを構成するときに、GroupByフィールドによって、結果のフィルタリングに使用されるフィールドが決定されていました。 たとえば、GroupBy = deviceの場合、XNUMXつのデバイスにのみ適用されるデータソースが選択されていても、表示するデバイスを決定するときにデバイスフィールドのみが評価されます。 これを改善して、GroupBy値に関係なく、NOCウィジェットをフィルタリングするときにすべてのフィールドが考慮されるようにしました。
  • サービスSLAウィジェットとレポートは、アラートステータスを使用するのではなく、生データを使用してSLAをより正確に計算します

Devices

  • 特定のデバイスダッシュボードに対して、最大1000個のグラフが表示されます。 これにより、データソースに数千のインスタンスがあり、それぞれに複数のグラフがある場合でも、UIのパフォーマンスが低下することはありません。

LMクラウド

  • 「AWSEC2リザーブドインスタンス」ADメソッドに、インスタンス名を設定可能にする新しいパラメーターを追加しました。 以前は、このメソッド( 'AWS_EC2_Reserved_Instance DataSourceで使用)は、RIオファーIDに基づいて検出されたすべてのインスタンスに名前を付けていました。 このIDは、RIオファーのインスタンスタイプ、リージョンなどほど意味のある情報を常に提供するとは限らないため、新しいパラメーターを使用すると、名前の構成で次のプロパティなどを利用できます。auto.instancetype、auto .location、auto.offerid
  • LogicMonitorによってクラウドデバイスに自動的に追加され、日付/時刻の値を持つプロパティがエポック形式で表示されるようになりました。 これは、通常のデバイスに自動的に追加される日付/時刻プロパティとの整合性が高く、[適用先]式でこれらのプロパティを使用できるようにします。
  • クラウドアカウントに無効なロールが指定された場合に表示される権限テストエラーを改善しました
  • 「AWSEC2スケジュール済みイベント」ADメソッドにADフィルタリング機能を追加しました。 このフィルタリングは、検出されたイベントごとに追加されたインスタンスレベルのプロパティに基づくことができます。 これは、「auto.aws.status」に基づくフィルターを介して、完了したイベントをフィルターで除外するのに役立つ場合があります。

ロジックモジュール

  • EventSourceログの自動検出オプションがChromeに表示されなかった問題を修正しました
  • 場合によっては、ログファイルのエンコードがそれらを監視するためのデフォルト設定とは異なります。 EventSources内のログファイルのエンコードタイプ(デフォルト、自動検出、UTF-8、またはUTF-16)を手動で指定する機能を追加しました
  • PowerShellスクリプトがPropertySourcesでサポートされるようになりました

REST API

  • RPCメソッド「getGraphImage」に相当するRESTAPIが公開されています。 より詳しい情報 詳細を見る
  • プログラムでデータソース履歴情報を取得する機能を公開しました

修正されたバグ

  • 場合によっては、AzureVMのタグが正しく入力されていませんでした。 これは修正されました
  • 画像の形式が正しくないカスタムポータルロゴのアップロードに関する問題を解決しました


LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • AWS_EC2_TrustedAdvisorServiceLimits – 1データソース
  • Ciena WaveServer – 13のデータソース、1つのSNMPSysOIDマップ
  • Tegile Intelliflash – 8つのデータソース、1つのSysOIDマップ、1つのPropertySource
  • AWS Classic Elastic LoadBalancerのサービス制限 –1データソース 

モニタリングの改善

  •  Microsoft Azure SQLデータベース–1つのデータソース
    • デッドロック監視を追加
  • AWS ElastiCache Redis、AWS ElastiCache Memcached、AWS_Kinesis_Firehose、AWS_Kinesis 
    • CloudWatchのコストを削減するためにポーリング間隔を2分に増やしました
  • AWSラムダ –1データソース
    • データがない場合に0を返すようにCDPを修正しました
  • Cisco_IOS 構成ソース – 1 構成ソース
    • 接続プロセスに関するエラー処理の改善
    • 特権の昇格が失敗し、スクリプトが完全に失敗する問題が解決されました
  • Cisco_NXOS ConfigSource – 1 構成ソース
    • 接続プロセスに関するエラー処理の改善
    • プロンプトを一致させようとしたときのロジックの問題を修正しました
  • Fortinet_FortiOS ConfigSource – 1 構成ソース
    • 改善されたロギング
    • 改善されたスクリプトロジック
  • AzureVMの –1データソース
    • データ収集の問題を引き起こしていた有効な値の範囲を修正しました
  • APC統合環境モニタープローブ –1データソース
    • 説明とグラフを最新の標準に更新
    • しきい値が設定されていないプローブにデルタベースの警告を追加しました
  • Microsoft AzureWebアプリケーション –1データソース
    • さまざまな障害のあるデータポイントを修正しました
  • ジュニパーJUNOSConfigSource – 1 構成ソース
    • デバッグのためのより良いロギング
    • ConfigSourceが操作前モード環境に応答する方法を知らず、失敗する問題を修正しました