サポートセンターホーム


v.100リリース:ダッシュボードグループのインポート/エクスポートおよびログインセッションのタイムアウト

01.29.18に公開

2018月の最終段階にあり、XNUMX年のXNUMX番目のリリースを展開する準備をしています。このリリースでは、ダッシュボードグループのインポート/エクスポートやセッションタイムアウトロジックの改善など、いくつかの大きな改善が見られます。

v.100はXNUMX月の第XNUMX週までリリースされます。

ダッシュボードグループのインポート/エクスポート

ダッシュボードグループをインポートおよびエクスポートする機能をご紹介します。 v.97では、ダッシュボードをJSONファイルとしてエクスポートして、LogicMonitorアカウント間でのダッシュボードの共有を容易にすることができました。 これで、ダッシュボードグループ全体(最大500個のダッシュボード)を単一のJSONファイルとしてエクスポートできます。 [グループの管理]ダイアログで[エクスポート]ボタンを探します。

ログインセッションのタイムアウト

でタイムアウト期間をカスタマイズできるようになりました アカウント情報| ポータル設定 ドロップダウンメニューから次のオプションを選択してページを表示します:30分、1時間、2時間、4時間、8時間、1日、7日、および30日。 デフォルトでは、ログインセッションはユーザーが4時間操作しないとタイムアウトになります。 確認してください サポートドキュメント この機能の詳細と、シングルサインオンおよびウォールTVのユースケースとの関連については。

その他の改善点

コレクタ

  • コレクターバージョン26.001は、26.000の修正としてリリースされています。 26.000のバグにより、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります
  • CollectorバージョンEA26.100では、Windows Collectorインストーラーはダウンロード時に署名され、セキュリティが向上し、ダウンロードおよびインストール時のプロンプトの混乱が少なくなります。

ダッシュボード

  • テーブルウィジェットをスクロールしても、ヘッダー行は表示されたままになります
  • NOCウィジェットのフォーマットが改善され、空きスペースが減り、アイテムごとに表示できるテキストの量が最大になりました。 また、アイテムタイプのアイコン(グループ、デバイス、インスタンスなど)を非表示にして、追加のスペースを解放するオプションを追加しました。 ウィジェット構成ダイアログで「アイテムタイプアイコンを表示する」というラベルの付いたチェックボックスを探します
  • ダッシュボードグループとそのコンテンツを一度に削除できるようになりました。 これにより、複数のダッシュボードを簡単に削除できます。
  • ダッシュボードの「説明」フィールドは、共有時にメールに含まれるようになります
  • これで、「*」を使用すると、必要な各ダッシュボードを個別に追加するのではなく、グループ内のすべてのダッシュボードをダッシュ​​ボードのスライドショーにすばやく追加できます。
  • [ダッシュボードの管理]ダイアログに[エクスポート]ボタンを追加しました
  • 仮想データポイント式を作成するときに、データソース間でデータポイントを結合しようとするとエラーが表示されます。 ウィジェット内の仮想データポイント式には、同じデータソースからのデータポイントのみを含めることができます
  • テーブルウィジェットのUIのマイナーな改善

Devices

  • すべてのインスタンスにsystem.instanceDescriptionプロパティを追加しました。 これは、レポートで使用するか、データソースのinstanceProps.get()Groovyメソッドを介して取得できます。
  • グループ選択フィールドでは、ルートグループは、他のグループと区別しやすくするために、名前に「(root)」が追加されて示されます。 これは、アカウントと同じ名前のグループを作成した場合に特に役立ちます。たとえば、アカウントの名前が「acme」で、「acme」という名前のグループを作成した場合、ルートは「acme(root)」と表示されます。

コネクター

  • AutoTaskIntegrationによる大文字と小文字のアラートプロパティの処理が改善されました
  • 統合エントリのクローンを作成できるようになりました。 外部環境を保護するために、クローン作成では、一部の統合タイプの認証の詳細を再入力する必要があります

LMクラウド

  • LogicMonitorは、EC2APIを介してEBSボリュームプロパティを取得および更新するようにリクエストします。 リクエストの総数を減らすために、これらのリクエストを行うためのロジックを改善しました
  • AWS ElasticBeanstalkのモニタリングサポートが追加されました
  • CloudWatchを介してメトリックス名にスペースが許可されるため、データソースのメトリックスパスにスペースが保持されないバグを修正しました

ロジックモジュール

  • LogicModuleページとサービスページを最小幅に制限するためのマイナーな変更。 ページを狭めすぎると、個人がデータを適切に表示できなくなりました
  • テストスクリプトが2,000文字を超える文字を返す場合、表示が切り捨てられ、切り捨てを示すメッセージが返されます。

レポート

  • 監査ログからのレポートの作成には、[レポートの作成]ボタンをクリックする前に監査ログに適用されたユーザー固有のフィルターが含まれるようになりました。
  • レポートの「説明」フィールドは、共有時にメールに含まれるようになります

REST API

  • このリリースでは、LogicMonitorのAPIへのリクエストにレート制限が課せられます。 レート制限とその回避方法に関する詳細情報を見つけることができます こちら RESTおよび こちら RPCの場合 
  • アラートは、内部IDを介して参照できます。 アラートにメモを追加する

サービスチェック

  • サービスチェックで利用できるいくつかの新しいSSL監視機能があります。 内部サービスチェックでこれらの新機能を使用するには、コレクターバージョン26.200が必要です。 LogicMonitorのデータセンターからの外部チェックは完全にサポートされています
  • SSL Checks forServicesに新しい機能を追加しました。 SSLエラーを警告するオプションと、SSLエラーが見つかった場合にサービスチェックを停止または続行する別のオプションが追加されました。 これにより、サービスチェックに対してSSL関連のアラートを生成できますが、チェックは引き続き、サービスがSSLチェックを超えて機能しているかどうかを判断します。 現在、XNUMXつのステータスデータポイントを使用して、基本サービスエラーまたはSSLエラーのいずれかがあることを示しています。 ロジックを分離するには、別のSSLステータスデータポイントを追加する必要があります。 最初に検出されたSSL証明書のみが評価されることに注意してください

設定

  • ポータル全体の事前定義された時間範囲として「過去8時間」と「過去12時間」を追加しました


修正されたバグ

  • SAMLログインは、アカウントが「変更された」ことを示すエントリを監査ログに追加しなくなりました
  • 以前は、ユーザーに電子メールで送信された自動生成された「パスワードのリセット」リンクをクリックした後にパスワードをリセットしなかった場合、ユーザーは新しいURLを生成する必要がありました。 これで、有効期限が切れるまで、または新しいパスワードが生成されるまで、元のURLにアクセスできます。
  • AWSグループの「TestPermissions」オプションがElasticacheサービスで常に正しく機能するとは限りませんでした
  • 一部の非ストレージタイプのリソース(VMなど)が含まれているストレージアカウントを使用して、Azureストレージリソース(テーブル、キュー、blob、ファイルなど)を自動グループ化するロジックのエラーを修正しました
  • コスト割り当てタグが含まれていないCost&Usageレポートでは、AWSBillingモニタリングの検出が正しく機能していませんでした
  • REST APIデータリソースのnextPageParamsフィールドに含まれる開始タイムスタンプと終了タイムスタンプは、一部のレコードがXNUMX回返されるように設定されました。 これは特に終了タイムスタンプbeiによるものでした
    ngは、返された結果の最後のレコードの時刻に正確に設定され、nextPageParams値の終了値をわずかに調整することで修正されました。
  • Internal Explorer11を使用してパスワードのリセットが機能していなかった
  • グラフウィジェットの凡例アイテムの並べ替え順序に関する問題を修正しました
  • モバイルアプリでグラフを拡大すると、リストされている時間範囲が常に更新されるとは限りませんでした
  • ウィジェットデータフィールドを変更するときにダウンストリームフィールドがクリアされる問題を修正しました
  • アラートパネルのナビゲーション矢印をすばやくクリックすると、アラートのリストが空白になるというエッジケースを修正しました 


LogicModuleリリース

以下は、前回のリリース以降に実装された、改善されたLogicModuleのリストです。

新しい監視範囲

  • HashiCorp Nomad – 11個のデータソースと2個のPropertySource

モニタリングの改善

  • HTTPS  –1データソース
    • データポイントの有効な値の範囲に対するマイナーな修正。
  • AWS Redshiftノード– 1データソース
    • 'AWS_RedShiftNodes'を新しいアクティブディスカバリーメソッドに置き換えます。
  • AWS ElastiCache Memcached – 1データソース
    • 'AWS_ElastiCache_Memcached'を新しいアクティブディスカバリーメソッドに置き換えます。
  • AWS ElastiCache Redis – 1データソース
    • 'AWS_ElastiCache_Redis'を新しいアクティブディスカバリーメソッドに置き換えます。
  • Meraki MR、MX、MS、Z –7つのデータソース
    • 特定の環境でインスタンスの検出を妨げていたActiveDiscoveryタイムアウトのバグを修正しました。
  • Cisco IOS – 1 構成ソース
    • ファイルシステムの容量がなくなるまでログファイルが大きくなる可能性がある問題を修正しました。