サポートセンターホーム


シングルサインオン、モバイルアラートインタラクションなど

02.27.14に公開

次の新機能、拡張機能、および修正は、49月上旬にv.XNUMXでリリースされます。

シングルサインオン

シングルサインオン機能を正式に発表できることをうれしく思います。 このリリースでは、すべてのアカウントがSAML 2.0と互換性があり、SAML 2.0IDプロバイダーと直接統合できます。 これにより、すべてのユーザーとセキュリティ要件を一元的に管理し、ユーザーにLogicMonitorへのアクセスを簡単に提供できます。
シングルサインオンを有効にするには、https://companyname.logicmonitor.com/santaba/uiv2/setting/ssosettings.jspにアクセスします(これは、次のリリースの[設定]メニューで使用できるようになります)。 [SSOを有効にする]をオンにし、[デフォルトの役割]を、役割属性なしで新しいユーザーに割り当てる役割に設定します。 ここからは、IDプロバイダーによって異なります。 Okta、OneLogin、およびPing Identityを使用すると、アプリカタログからLogicMonitorを追加して、それらのインストールを実行するだけで済みます。 ADFSまたは別のIDプロバイダーを使用している場合は、詳細な手順についてサポートにお問い合わせください。

新しいUI–ベータ版で利用可能なアラートページとレポートページ

新しいアラートとレポートページは、ベータ版のすべてのユーザーが利用できるようになりました。 全体的な機能は同じままですが、更新されたルックアンドフィールとともにいくつかの新機能と改善された機能に気付くでしょう。 注意事項:

2014 02-26-11.51.25 AMでのスクリーンショット

  • その場でフィルターを作成すると、表示されるアラートはすぐに更新されます。
  • 設定を選択して列を選択し、並べ替えます| 列を管理します。
  • 列のサイズを変更し、列名で並べ替えます。
  • ホスト名以外の列をクリックして、アラートの詳細を表示します。 テキスト、SDTのコピー、メモの追加など。

2014 02-26-11.55.18 AMでのスクリーンショット

  • カスタムレポートの配信スケジュールを簡単に作成できます。
  • 合理化されたビュー。

新しいビューはデフォルトでは有効になっておらず、ユーザーごとの設定です。 ベータページを表示するには、[設定]、[設定]の順に移動します。 役割とユーザー| ユーザーを編集し、[新しいUIを使用]を選択します。
ビューを切り替えるには、右上の[UIの切り替え]リンクをクリックします。 フィードバックを送信することを忘れないでください!

モバイルアラートの相互作用

新しいアラートページの行をクリックすると、アラートメッセージが表示され、アラートに対してアクションを実行することができます。

2014 02-26-11.43.30 AMでのスクリーンショット

これと同じ詳細画面にモバイルデバイスからアクセスできるため、SMSの一部としてアラート確認応答またはSDTコマンドを入力する必要がありません。 このビューへのリンクをアラートメッセージに含めるには、トークン## AlertDetailURL ##を追加します。

アラートルールごとにアラートクリアを構成する

アラートクリアメッセージが送信されるかどうかは、グローバル設定です。 これをアラートルールごとに構成できるようになり、最も重要な通知を受信しながら、通知を最小限に抑えることができます。
Alert Clear構成を更新するには、[設定] | [設定]に移動します。 アラート設定| ルール。 [アラートクリアの抑制]列の下に各ルールのデフォルトが表示されます(これは以前のグローバル設定に基づいて設定されています)。 ルールを編集すると、これを変更するオプションが表示されます。

2014 02-26-12.01.45 PMでのスクリーンショット

Suppress Alert ClearをNoに設定すると、アラートクリア通知を送信できるようになります。

旧モデルからの改善

  • サービスアラートの電子メール詳細のフォーマットが改善され、トレースルート情報のより明確な内訳が提供されます。
  • ユーザーが無効な会社名、ユーザー名、またはパスワードを入力した場合も、同じエラーが表示されます。
  • 一貫性を保つために、Netflowヘッダー(スループット)と軸ラベル(ビット)を更新しました。
  • Netflowインターフェイス名のインターフェイスの説明を含めます。

バグの修正

  • 利用可能なスペースはありましたが、レポートヘッダーで長いレポートの説明が切り捨てられました。
  • 単純なWebサイトで今すぐチェックを実行すると、詳細な応答設定が実行されませんでした。
  • SDTが作成されたにもかかわらず、電子メールに応答してスケジュールされたダウンタイムを設定する際の不整合がエラーを受け取ることがありました。
  • Windowsコレクターのデフォルトグループにインスタンスを配置するスクリプトアクティブディスカバリーの動的グループ。
  • データポイントが値を変更したが重大度は変更しない場合、エスカレーション間隔が適切に尊重されません。
  • メンバーがいないエスカレーションチェーンとCCに含まれる電子メールに送信されるように構成されている場合、アラートは配信されませんでした。
  • XNUMXつのデータソースが同じ期間中に複数のアラート状態にあった場合、SLAレポートの「%time notinalert」の計算が正しくありませんでした。
  • IEがグラフ作成リクエストをキャッシュしていたため、IE10を使用すると空白のレポートが発生する可能性がありました。
  • XenServer XCPは、正しく検出されなかったため、該当するすべての自動プロパティを受信して​​いませんでした。
  • サービス全体のグラフの最大表示範囲は6日でしたが、最大値は削除されました。
  • WINCPUデータポイントに最小値が適用されていなかったため、最大値の計算で問題が発生していました。

記事上で