サポートセンターホーム


53月のリリース-V.XNUMX-SiteMonitorsなど

09.03.14に公開

SiteMonitorはベータ版ではなくなり、完全にサポートされています。 LogicMonitorに組み込まれている外部Webサイト監視機能の利用を開始していない場合は、ヘルプ記事の次のセクションを確認して開始することを検討してください。 外部ウェブサイトの監視。 SiteMonitorを使用すると、シンガポール、ダブリン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、およびワシントンDCの場所からチェックを実行できます。
SiteMonitorを利用するためにIPをホワイトリストに登録している場合、このバージョン(v.53)はサービスのIPを更新します。 LogicMonitorは、顧客またはアフィリエイトによるWebサービスへの外部アクセスをエミュレートすることを目的としているため、この機能の使用に関連するIPホワイトリストを推奨していません。
接続を制限またはフィルタリングする必要がある場合は、LogicMonitorユーザーエージェントであるLogicMonitor SiteMonitor / 1.0に基づいてアクションを実行するか、SiteMonitorで使用するための独自のカスタムヘッダーとカスタムヘッダーチェックを作成することを検討してください。 SiteMonitor構成でカスタムヘッダーを要求する方法の詳細については、「Webサービスモニターの追加ヘルプシステムの」。

問題

  • 特定のイベントソースに対してアラートが無効になっている期間がレポートに含まれている場合に、アラート履歴とアラートレポートにアラートが表示される問題を修正します。
  • その時点でオブジェクトのアラートが無効になっていたにもかかわらず、[ホスト]タブにアラート段階(赤色で表示)で一部のホストまたはホストコンポーネントが誤って表示される問題を解決します。
  • httpコレクターがPOSTメソッドをサポートしていなかった問題を修正します。
  • デフォルトのユーザーロールを持たない既存のユーザーが、製品内ですでに他のロールを持っている場合でも、SAMLベースのシングルサインオン中にデフォルトのユーザーロールが割り当てられる問題を修正します。
  • UIのアラートにコメントを追加すると、アラートのACKを確認する誤った電子メールが発生する問題を解決します。 LogicMonitor内でアラートがACKされたと見なされることはありませんでした。
  • データは存在しますが、スマートグラフをズームすると結果が空白になる可能性がある問題を修正します。
  • より深いプロパティが正しく継承されず、親の子に設定されていたが、ツリーの上位で定義されたプロパティに設定されていた状況を修正します。
  • アラートの宛先である外部Webサイトがタイムアウトしたときにアラートの配信がブロックされた少数の顧客に影響する問題を修正しました。

旧モデルからの改善

  • セキュリティを強化するために、コレクタを実行しているJavaJREがアップグレードされました。 これの768つの副作用は、弱い証明書(XNUMXビットキーなど)または暗号を使用している場合、一部のHTTPSホストを拒否する可能性があることです。
  • 新しいLogicMonitorアカウントのNetAppデバイスのデフォルトの通信プロトコルをSSLに更新しました。
  • アラートセッションごとに、重大度の高いアラートを確認すると、重大度の高い以前の優先度の低いアラートに確認応答が適用されます。 たとえば、クリティカルアラートをACKすると、警告レベルとエラーレベルのアラートがカスケードされ、それらも確認されます。
  • 全ページの読み込み時間が適用されるようになりました。 また、Webページを完全にロードするのにかかる時間に設定されたアラートがトリガーされるようになりました。 SiteMonitorがベータ版であった間、これらの設定は強制されませんでした。 両方をチェックする すべてのページ要素が読み込まれるのを待ちます でロード時間を設定します ページの読み込み時間は_____秒未満である必要があります が尊重されるようになり、この組み合わせにより、ページ全体の読み込み時間に基づいてアラートがトリガーされます。
    v53RNsコピー

記事上で