サポートセンターホーム


必要なコレクターMGD22.004

09.26.16に公開

発表します GDコレクター22.004 新しい最小コレクターバージョンとして。 Collector 22.004には、最後に必要なバージョンであるGD19.000以降に行われた多くの新機能と改善点が含まれています。 バージョン22.004は安定していると確信しており、22.004月31日までにすべてのコレクターをバージョン22.050以降にアップグレードするようお願いしています(EA 22.084、22.110、22.142、31も使用できます)。 XNUMX月XNUMX日より前にアップグレードに失敗した場合は、コレクターをアップグレードします。  

GD 19から直接アップグレードする場合、予想される変更の概要は次のとおりです。

新しい収集方法

  • 新しい BatchScript収集方法 データソースで利用できます。 既存のデータソーススクリプト収集方法は、検出されたインスタンスごとにデータをポーリングします。 新しいBatchScript収集方法を使用すると、コレクターは一度に複数のインスタンスのデータをポーリングできます。これは、多数のインスタンスにわたってデータを収集しているスクリプトデータソースに役立ちます。  
  • イベントソースの収集は、 スクリプト、IPMI収集方法の必要性を排除します。  
  • Windowsコレクターがサポートするようになりました 組み込みPowerShellスクリプト データソースで。 組み込みPowerShell機能は、PowerShellをActive Discoveryスクリプトとデータポイント収集スクリプトの両方で使用できるという点で、組み込みGroovyスクリプトと同じように動作します。 コレクターのデバッグウィンドウに、既存の!groovyコマンドに類似したPowerShellスクリプトをテストするための!poshコマンドがあります。 (アップロード機能を使用して)外部PowerShellスクリプトを使用する既存のデータソースは、引き続き通常どおりに動作します。

既存の収集方法の改善 

SNMP:

  • SNMP v3データ収集は、同じSNMPエンジン内の複数のSNMPアプリケーションを区別するために使用されるcontextNameフィールドとcontextEngineIdフィールドをサポートするようになりました。 
  • デバイス間で共有されたSNMPセッションに依存するSNMPv3データ収集タスクでは、データに時折ギャップが見られました。 Collectorは、すべてのSNMPv3デバイスに対して新しいSNMPセッションを作成するようになりました。
  • SNMPv3トラップを監視するように構成されたイベントソースが正しく機能していませんでした。 これは修正されました。 
  • 1000台のデバイスをサポートするように最適化されたSNMP。
  • 非同期SNMPコレクションのタイムアウトを修正しました。
  • AutoPropertiesサブシステムは、以前は、これらのデバイスプロパティがデバイスに設定される前に、XNUMXつのバージョンのSNMPでシステムOID、システム情報、およびシステムIPプロパティを正常に検出することに依存していました。 これにより、すべてのプロパティが検出されない場合に問題が発生していました。 このような場合、ほとんどのプロパティを提供するSNMPバージョンを使用し、それらのプロパティをデバイスに設定します。

WMIとPerfmon:

  • WMIがデータを報告しない方法を改善し、データを返さないデバイスとデータの報告に問題があるコレクターをより適切に区別する
  • Perfmonを介して返される文字列は、すべてのデータポイントをNaNとして報告します。 これを修正しました。 

ESX:

  • IDを無視するようにESX検出方法を更新し、すべてのVMWareシステムの検出を可能にしました。
  • ESXのデータ収集により、停止したデバイスに対してHostStatusアラートがトリガーされない場合がありました。 これは修正されました。

HTTP:

  • 接続が開いたままにならないようにWebページコレクターを改善しました。

AWS:

  • CloudWatchデータを使用するようにAWSS3課金データコレクションを再構築しました。

TCP:

  • 「接続リセット」が発生したときにTCPデータ収集タスクが失敗しなくなりました。

PING:

  • 1000台のデバイスをサポートするように最適化されたPing。
  • 無効なping損失を報告する問題を修正するために、pingパケットの送信間隔が250ミリ秒から500ミリ秒に増加しました。

イベントコレクション:

  • イベントコレクターを手動で無効にする機能が追加されました。 以前は、この変更はコレクターで行うことができましたが、有効になりませんでした。
  • Globは、LogfileEventSourcesのWindowsファイル名に対して正確にサポートされていませんでした。

ネットアップ

  • ネットアップホストに許可される同時リクエストの数を管理するために、追加のネットアップ構成(netapp.connection.concurrency#およびnetapp.connection.threadPoolSize)を追加しました。
  • 収集タスクが待機状態でスタックするのを回避するために、大規模なNetappクラスター用に最適化された収集。

コレクターのインストールと監視

  • コレクターは、モニター対象デバイスにコレクターがインストールされているかどうかを判別します。 その場合、コレクターデータソースが自動的に適用されます。
  • XNUMXつの新しいコレクターデータソース:データ収集タスク、イベント収集タスク、およびコレクターステータス。 これらのデータソースは、コレクターが監視しているインスタンスの数、現在のバージョン、稼働時間、およびタスク数に関するメトリックを提供します。 
  • systemdを使用するUbuntu、RedHat、Centos、およびその他のオペレーティングシステムの新しいバージョンでのコレクターインストールのサポートが追加されました。

ネットスキャン

  • の新しく改善されたバージョンのサポート ネットスキャン.  
  • Windows Netscanポリシーは、複数のアクティブなデバイスの検出に失敗することがありました。 これは、マルチping応答の解釈方法が原因でした。 この問題を修正するために、これらの応答の処理方法を変更しました。
  • !nsplistおよび!nspdetailデバッグコマンドに、デバイスDNS、システム名、プロパティなどの詳細を追加しました。

ネットフロー

  • 空のフローとデータ更新の遅延を処理するようにNetflowを改善しました。
  • sFlowポートは、以前は誤って報告される場合がありました。
  • 特定の場合にトップフローデータをより正確にするために、NetflowおよびsFlowの入力/出力バイトの計算方法を変更しました。
  • 現在の時刻を共通の形式で報告しないSonicWallデバイスで一般的に必要とされるNetFlowタイムスタンプを無視するオプションが追加されました。

セキュリティの向上

  • 現在、TLS 1.2を使用して、データをLogicMonitorに報告したり、WebページやCIM収集タスクに使用したりしています。
  • コレクターのJREがJDK8にアップグレードされました。これにより、で特定されたセキュリティの問題が解決されます。 CVE-2014-6593 GCM暗号スイートをサポートします。  ご覧ください このページ JRE8で公式にサポートされているオペレーティングシステムと構成用。
  • ローカルコレクター構成ファイルagent.conf.localのサポートを追加しました。 このローカルファイルに追加された構成は、汎用のagent.conf構成ファイルをオーバーライドし、agent.conf.localファイルはLogicMonitorUIを介して編集できなくなります。 これにより、これらのセキュリティ設定がWeb UIから変更されることを心配することなく、debug.disable = falseやremotesession.disable = trueなどの設定を構成できます。

JSWと外部JARのアップグレード

  • Joda TimeJARがバージョン2.9.1にアップグレードされました
  • JschJARには蜂がいます
    nバージョン0.1.53にアップグレード 
  • Mongo-Java-DriverJARがバージョン2.13.1に更新されました
  • コレクターが実行されるJavaService Wrapperは、YAJSWに置き換えられました。 この変更により、潜在的なメモリリークの状況に対処し、コレクターのトラブルシューティングを改善できます。 さらに、YAJSWラッパーは、将来のコレクター拡張のためのより多くの柔軟性とサポートを提供します。