サポートセンターホーム


v.80リリース:リモートセッション、アラートテーブル、AWS(EC2)Netscanの改善

09.01.16に公開

v.80リリースは2月の第XNUMX週まで展開されます。 このリリースには、リモートセッションのvXNUMXやアラートテーブルの変更など、いくつかの大きな改善と、いくつかの新機能、つまりデバイスグループ用のRestAPIリソースのスイートが含まれています。 

リモートセッションv.2

喜んでご紹介します リモートセッションのv.2。 この新しいバージョンは、LogicMonitorアカウント内のデバイスにリモートアクセスして操作するためのプロセスを合理化します。 最も重要なことは、事前に作成されたコマンドをデバイスに簡単に導入できるようにするコピーアンドペースト機能を実装したことです。 

アラートテーブルの改善Picture1

アラートテーブルに「カスタム列の追加」フィールドが含まれており、システムプロパティ、自動プロパティ、LMトークンを表示する列を追加できます。 これにより、アラートのトラブルシューティング時にすぐに利用できるデバイスまたはインスタンスレベルの情報が大幅に拡張されます。 また、外部チケットIDやURLなどのチケット関連情報を追加する場合にも特に役立ちます。 

AWS(EC2)Netscanの改善

AWS(EC2)Netscanに、デバイスグループの事前設定されたAWS認証情報をNetscanポリシーに適用する「InheritCredentialsfromGroup」オプションが追加されました。 以前は、スキャンごとに資格情報を手動で指定する必要がありました。  

ILPが自動に変更されます。 
Picture1
インスタンスレベルのプロパティの前に 車。 ではなく システム。 これは、ILPを、LogicMonitorに固有であり、カスタマイズできない一般的なシステムプロパティと区別することを目的としています。 

RESTAPIデバイスグループリソース

REST APIを介してデバイスグループを追加、取得、更新、削除する機能を公開しました。 私たちを参照してください 詳細なドキュメント 詳細については。 

その他の改善 

アラート

  • アラートが無効になっているグループにアラート中のデバイスをドラッグすると、アクティブなアラートがクリアされます。 これは、特定のデバイスのアラートを無効にする動作と一致しています。

ダッシュボードとウィジェット

  • Firefoxにロードしたときのダッシュボードのパフォーマンスが向上しました。 
  • 共有ダッシュボードには、最大100個のウィジェットを含めることができます。 これにより、期待されるパフォーマンスが保証されます。

Devices

  • デバイスの追加ウィザードの重複デバイスロジックでは、IPアドレス/ DNS名のみがコレクターに固有である必要があります。 以前は、アカウント全体でDNS名/ IPアドレスを重複させることはできませんでした。
  • コレクターステータスアイコンにコレクターSDTが反映されるようになりました。 
  • XNUMXつの新しいプロパティsystem.createdonとsystem.updatedonがデバイスに追加されました。
  • デバイスツリーに新しいCollectorDeadアイコンを追加しました。 このアイコンを使用すると、デッドデバイスとデッドコレクターを備えた機能デバイスを区別できます。

Picture1モバイル

  • 30分間非アクティブであっても、ユーザーがサインインしたままになることを許可します。

レポート

  • 生成されたレポートは、短くて読みやすいリンクを介して表示されるようになりました。
  • 期限切れのレポートリンクは、レポートページに表示されなくなりました。

サービス

  •  AWS SQS、Lambda、およびECSサービスの名前フィルターが追加されました。 これらはAWSタグをサポートしていないため、名前フィルターを使用すると、LogicMonitorがモニタリングに追加する必要があるリソースを簡単に示すことができます。

設定

  • 次の文字がパスワードで使用できるようになりました:@#&\ | ; :、<>。 ? /
  • APIトークンを削除できるようになりました。 さらに、無効にした後で再度有効にすることができます。 
  • データソースの[アラートチューニング]タブを表示すると、グローバルしきい値が表示されます。
  • すべての統合に、カスタムヘッダーを含めるオプションが追加されました。
  • AWSデバイスが自動的に削除されると、このアクションは監査ログに反映されます。 
  • Netscan非監視デバイスグループの[表示名]列を更新し、DNS列を追加しました。
  • [クレジットカードの追加]ボタンと[ACH支払い方法]ボタンをXNUMXつの[支払いの追加]ボタンに結合しました。
  • Eventsourcesで設定されたeventIDフィルターには、新しい比較演算子「NOTIN」が使用できます。 この機能は、コレクターバージョン22.050以降でのみサポートされます。

修正されたバグ 

アラート

  • イベントソースアラートは、常に適切なアラートルールと一致するとは限りませんでした。 
  • アラートページのインスタンスフィルターは、特殊文字を含むインスタンスではうまく機能しませんでした(例: '\') 名前に。
  • 最近のアラートルールの更新により、すべてのデバイスグループがデフォルトでアラートルールに追加されました。 これは修正されました。 グロブ文字「*」は、デバイスグループが指定されていない場合にのみ自動的に追加されます。

ダッシュボードとウィジェット

  • 1年以上の時間範囲に設定されたダッシュボードのパフォーマンスが向上しました。 
  • サービスウィジェットは、サブグループに基づいて利用可能なサービスを適切にフィルタリングしませんでした。
  • テーブルウィジェットの行を複製するときに、デバイスが変更された場合、インスタンス値は自動的に更新されませんでした。

Devices

  • デバイスウィザードを使用してデバイスを追加すると、常に次のプロンプトが表示されます。
    プロパティがグループレベルですでに存在しているかどうかに関係なく、SNMPコミュニティストリング。
  • 末尾にスペースがあるデバイスプロパティは、[デバイスの管理]画面から編集できませんでした。

サービス

  • サービスのデフォルト設定が元の構成から変更されていない場合、これらのデフォルト設定に設定された新しいサービスが常に適切に採用されるとは限りません。   
  • 内部サービスチェックポイント(つまり、コレクター)が[生データ]タブの[チェックポイントの選択]ドロップダウンに正しく表示されませんでした。

設定

  • 完了時に電子メールをトリガーするように構成されたNetscanポリシーは、それらの電子メールを正常に送信していませんでした。

マイナーなバグ修正

  • !netflowdebugコマンドがうまく機能しない場合がありました。
  • レポートのクローン作成に関するいくつかのマイナーな問題を修正しました。