サポートセンターホーム


ベータ版からのNetflow、サービスの改善など

11.21.13に公開

47月初旬まで、マイナーリリース(v.XNUMX)を展開します。 あなたが最近見たかもしれないように 押す、このリリースでもNetflowはベータ版ではありません。 少なくとも年末までは無料です。 ヘルプドキュメント 詳細については!

改善されたサービス構成

テスト場所を追加する準備をしているので、気になる場所を選択できるようにすることをお勧めします。 この次のリリースでは、使用するテスト場所を選択できるようになります。
2013 11-20-9.31.43 AMでのスクリーンショット
 
全体的なアラートは、アクティブな場所の総数に基づいて行われます。 これがリリースされたら、世界中のテスト場所に目を光らせてください。

強化されたWindowsイベント監視

データポイント「wineventlog」を## EVENTCODE ##に置き換えました。 ## EVENTCODE ##トークンには、データポイントとしてWindowsイベントIDが含まれ、イベントタイプでフィルタリングおよびレポートできるようになります。

その他の改善点

  • 通常の電子メールサーバーが対応できるよりも大きなレポートを生成しようとすると、レポートを受信しなかった理由を通知する電子メールが送信されます。
  • アラートの管理には、親ホストまたはグループでアラートが無効になっているかどうかを明確にするために、「データポイントのアラートが無効になっています」という列が含まれています。
  • レポートには、Managedbyではなく「PoweredbyLogicMonitor」と表示されるようになりました。
  • パスワードを忘れた場合のロジックに関する追加のセキュリティ。
  • カスタムアラート配信方法でクリアされた電子メールの件名に*** Cleared ***を追加しました。

修正されたバグ

  • グループを完全に制御できるユーザーは、監視対象のWindowsサービスを追加できます。
  • サブグループを完全に制御できるユーザーは、親グループの他のホスト名を表示できません。
  • ネットスキャンスクリプトを使用すると、カスタムプロパティがホストに正しく追加されるようになりました。
  • アラートの正確性を確保するために、ログファイルメッセージで「新規」フラグを再確認するようになりました。
  • サービスアラート評価に関する修正
  • 複数の一致があるイベントアラートは、電話で確認できませんでした
  • プロキシを切り替えたコレクターはタイムリーにフェイルバックしなかったため、コレクターの再起動で問題が発生しました。
  • 多数のインスタンスを含むNetAppタスクが待機状態でスタックしたため、データ収集を最適化しました。

 

記事上で