サポートセンターホーム


マイナーリリース、2013年XNUMX月

02.27.13に公開

28年2013月XNUMX日のマイナーリリース。これは、標準のメンテナンス期間中に適用されます。

新機能

  • ユーザーを設定する機能が追加されました 表示許可。 これは、UIでユーザーに表示されるタブを制御します。 この設定は、役割の設定を上書きします。 (たとえば、ホストを表示する権限を持つロールに関連付けられているユーザーは、この権限をクリアすることで削除されたホストを表示することができます。)現在、この機能はユーザーにのみ適用されます。後日ロールに追加されます。

旧モデルからの改善

  • 利用可能な新しいデータソース 輸入された – VMwareリソースプール モニタリング。
  • APIの拡張 getGraphData、カスタムグラフデータをダウンロードできるようにします
  • 新しいトークン ## STARTEPOCH ## アラートテンプレートで使用できます。これは、このアラートが開始された時刻(UNIXエポック時間)に置き換えられます。 一意のアラート識別子を作成するのに便利です。
  • バックエンドの課金システムを更新している間、クレジットカードを追加/更新するためのアカウント支払い管理ボタンは一時的に削除されます。 暫定的にお願いします クレジットカードによる支払いの設定または変更については、請求部門にお問い合わせください: [メール保護] 888 415 6442、オプション3を選択

修正されたバグ

  • LogicMonitorプロキシのリリースに問題がありました。コレクターが顧客の場所にある透過プロキシによってLogicMonitorアプリケーションプロキシへの接続をブロックされ、誤ったSSL証明書を(正しく)受信すると、コレクターがデータを報告するのをブロックしました。 。 これは、アプリケーションプロキシへの切り替えにおけるいくつかのログメッセージの不一致とともに修正されました。 注:このマイナーリリースでは、コレクターのアップグレードをプッシュしていません。 これにより影響を受けるすべての顧客を特定して対処したと考えていますが、コレクターがLogicMonitorプロキシをブロックする透過プロキシを通過する必要があるようにネットワークを再構成すると、影響を受ける可能性があるため、コレクターを再インストールする必要があります。
  • NetScanが空のホスト名を持つホストを追加する可能性があり、コレクターの障害につながる可能性があるエラーを修正しました
  • イベントアラートの電子メールを介してSDTHOSTに機能を追加します(SDT応答はイベントソースに対して機能しましたが、ホスト全体のSDTをサポートしていませんでした)。
  • 隔週でスケジュールされたレポートが何度も送信される原因となっていたバグを修正しました
  • アラートしきい値レポートで「グローバルしきい値なし」オプションを無効にできない問題を修正しました
  • アラートレポートでアラートが重複する原因となった問題を修正しました([アラート]タブから)
  • 64ビットのWindowsコレクターがSQLServerとの統合認証を使用できなくなる問題を修正しました。
  • アラートテンプレートのトークンが大文字と小文字を区別して誤って処理される問題を修正しました。
  • バイト値が1Gを超える場合、NetFlowデータが正しく表示されない問題を修正しました。
  • More ..ボタンの「ManageScheduledDowntime」が機能しなかった
  • 前回のリリースでバグが導入され、コレクターダウンアラートのアラートクリアメッセージが妨げられました。 これは修正されました。

記事上で