サポートセンターホーム


MGDコレクター22.005

10.18.16に公開

今月初めに発表しました 22.004 新しい最小コレクターバージョンとして。 それ以来、22.004が不足しているというやや珍しいシナリオを特定し、新しいMGD22.005をリリースしています。 MGD 22.004で、 動的マルチインスタンスデータ収集のためにGroovyスクリプトが## WILDVALUE ##を参照する、3000以上のGroovyスクリプトタスクを処理しているコレクターは、頻繁に再起動する可能性があります。 再起動は、## WILDVALUE ##構文の処理に必要なメモリが原因で発生するJDK8 Metaspace OOM(メモリ不足)例外が原因です。 Groovyスクリプトで。 MGD 22.005では、メタスペースのメモリ制限が削除され、Groovyスクリプトでの## WILDVALUE ##構文の処理方法が改善され、必要なメモリ量が削減されました。 私たちはこれを広範囲にテストし、目前の問題を解決すると信じています。 

すでに22.004にアップグレードしていて、問題に気付いていない場合は、コレクターが現在の問題の影響を受けていない可能性があります。 バージョン22.004を続行することを歓迎しますが、この時点で 22.005にアップグレードする必要はありません。 そうは言っても、バージョン22.005はバージョン22.004よりも優れていると私たちは信じています。

MGD 22.005は19年2016月22.004日にリリースされ、18月XNUMX日以降、バージョンXNUMXより前のすべてのコレクターの自動アップグレードのスケジュールを開始します。

注意: に依存する証明書を持つWebサイト 署名アルゴリズムとしてのSHA256withDSAは、コレクターバージョン20.074以降のSSLエラーを表示する場合があります。 これは 既知のJDK8の問題。 アップグレードされたJREを備えた新しいEAコレクターをできるだけ早くリリースする予定です。