サポートセンターホーム


コレクターの監視、その他のUIベータ機能

05.15.14に公開

コレクターの監視

多くの人は、インフラストラクチャに関する経験と知識に基づいて、コレクタのスループットについて良い考えを持っています。 コレクター固有のデータソースは、それ以上の質問を取り除くのに役立ちます。 これらの新しいデータソースは、次のメトリックを提供します。

  • コレクター自動検出タスク
  • コレクターデータ収集タスク
  • コレクターイベント収集タスク
  • コレクターハートビート
  • コレクターJVMガベージコレクション
  • コレクターJVMメモリープール
  • コレクターJVMステータス
  • コレクターレポータータスク

現在、データソースと関連するしきい値を手動で適用する必要があります。 十分な意味のあるデータを収集すると、いくつかのエキサイティングな新しいコレクター機能とともに、自動化が追加されます。 詳細については、「コレクター監視の有効化に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

追加のユーザーインターフェイスベータ機能

新しいユーザーインターフェースページを積極的に使用し、フィードバックを送信してくださった皆様、ありがとうございました。 続けてください!
最新のリリースでは、既存のページにさらに小さな調整が加えられ、いくつかの新機能が追加されることが期待できます。 次の変更を探します。

  • いくつかの小さな拡張機能を含む、すべてのダッシュボードウィジェットを提供します。 たとえば、NOCウィジェットはグループまたは特定のホストをサポートし、アラートの概要が含まれています。
  • より洞察に満ちたエラーメッセージを提供します。
  • ドラッグアンドドロップを使用して、ウィジェットのサイズと順序を変更します。
  • ウィジェットを拡大して、グラフとデータを表示します。 グラフの線にカーソルを合わせると、そのポイントの生データ値が表示されます。

2014 05-05-2.39.46 PMでのスクリーンショット

ベータ版でのIPv6サポート

このリリースは、ベータIPv6デバイスのサポートを提供します。 この機能のベータステータスのため、コレクター構成に手動で変更を実装する必要があります。

  1. 案内する [設定]、 [OK]をクリックします コレクター.
  2. IPv6デバイスのコレクターをクリックします。
  3. レンチアイコンをクリックしてから、 コレクターを再起動します.
  4. CollectorConfigセクションの一番下までスクロールして見つけます
         #pingpool実装、pingpool.usejava = true
    

    2014 05-07-1.27.25 PMでのスクリーンショット

  5. 反映するように行を編集します
         pingpool.usejava = false
  6.  ナビゲーションヘッダーの 送信.

再起動時に、[ホスト]タブからIPv6ホストを追加します。

自動ロールバック

まれですが、新機能がパフォーマンスに影響を与える場合があります。 影響を最小限に抑えるために、問題が発生した場合に個々の機能をロールバックする機能を追加しました。

旧モデルからの改善

  • カスタムグラフウィジェットにデータのないホストを含​​めると、グラフはグラフを生成する前にデータを待機しなくなりました。
  • アラートルールの[ホストグループ]フィールドの文字数制限が増加し、多くのサブグループを持つフォルダーパスのサポートが有効になりました。
  • ホワイトリストの範囲にダッシュ(-)を使用できます。
  • CSVエクスポートされたレポートの[日付]列が更新され、簡単に並べ替えることができるようになりました。
  • イベントIDフィルターのRegExMatchxx [yy]のサポートが追加されました。

問題

  • アラートレポート(CSV)のCSVビューを修正して、グループ情報を別の行に表示することによって発生する並べ替えの問題を排除します。
  • デバッグタスクとコレクタータスクのJDBCコレクターフィールドの不整合を修正します。 getColumnNameの下位互換性をサポートするgetColumnLabelを常に使用するように標準化されています。
  • シングルサインオンで作成されたユーザーが新しいダッシュボードビューを表示できなかった問題を解決します。
  • コレクターは、Oracle 11gJDBCドライバーを使用するように更新されました。 Java例外が表示される場合:java.lang.UnsatisfiedLinkError:java.library.pathにocijdbc11がない場合は、11g JDBCドライバーを使用するようにOracleデータベースを更新してください(https://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/jdbc-112010-090769.html)

既知の問題点

デフォルトのユーザーインターフェイスからアクセスしたときにAdvancedSiteMonitorから欠落している高度なクエリ

高度なクエリの表示

デフォルトのユーザーインターフェイスを使用している場合、高度なクエリ設定は削除されていませんが、表示されません。 現時点では、デフォルトのユーザーインターフェイスでこれらの設定を表示する際に問題が発生します。
高度なクエリを表示するには:

  1. ナビゲーションヘッダーの UIを切り替えます ポータルの右上にある[サービス]タブに移動します。
  2. クエリを実行するサービスを選択し、をクリックします 管理 .
  3. [管理]ウィンドウの一番下までスクロールし、[手順]セクションを確認します。
高度なクエリの編集と保存

上記の表示の問題に加えて、デフォルトのユーザーインターフェイスでは、高度なクエリを正常に編集または保存できません。 高度なクエリを編集して、新しいユーザーインターフェイスに保存します。
高度なクエリを編集するには:

  1. ナビゲーションヘッダーの UIを切り替えます ポータルの右上にある[サービス]タブに移動します。
  2. クエリを実行するサービスを選択し、をクリックします 管理 .
  3. [管理]ウィンドウの一番下までスクロールし、[ステップ]セクションでステップを編集または追加します。
新しいユーザーインターフェイスの有効化

ポータルの右上に[ToggleUI]リンクが表示されない場合は、新しいユーザーインターフェイスの使用を有効にする必要があります。
新しいユーザーインターフェイスを有効にするには:

  1. [設定]タブを選択します。
  2. 右ペインで、をクリックします 役割とユーザー.
  3. [ユーザー]セクションで、名前の横にある鉛筆アイコンをクリックします。
  4. 編集ウィンドウで、チェックします 新しいUIを使用しますか? [OK]をクリックします 送信.

注意: 正しいユーザーインターフェイスを表示していることを確認するには、ブラウザーのURLにuiv3が表示されていることを確認してください。 たとえば、次のように表示されます。 https://portalName.logicmonitor.com/santaba/uiv3/service/index.jsp