サポートセンターホーム


2013年XNUMX月リリース

05.15.13に公開

私たちは舞台裏の機能強化を引き続き進めていますが、待望の機能と改善を提供する時間を見つけました。 42月のリリース(vXNUMX)は、月の後半に顧客に提供されます。

新しい特徴

  • NetAppSnapMirrors NetAppAPIを使用して監視できます。 NetAppコレクターのデータソースを追加する場合、収集メソッドとしてAPI呼び出し、APIフィールドとしてsnapmirror-get-status、およびIndexプロパティとしてsnapmirror-statusを選択すると、監視が有効になります。 パラメータとデータポイントを追加する必要があります。
  • A 新しいレポートタイプ、インターフェイス帯域幅は、平均および最大のインバウンドおよびアウトバウンドトラフィックの可視性を提供します。
  • サービスアラート 複数のテスト場所に基づいて構成できるため、すべて、半分、またはXNUMXつのテスト場所に基づいてアラートを調整できます。 ステータスグラフは、組み合わせたすべてのテスト場所と個々の場所で利用できます。

旧モデルからの改善

レポート:

  •  アラートレポートの日付/時刻データは、国際日付フォーマットを有効にするためにyyyy-mm-dd hh:mm:ssの形式になっています。
  •  Webサービスの概要レポートには、ステータスの変化が表示され、ステータスの変化はパフォーマンスデータではなくイベントとして扱われます。
  •  アラートレポートを作成するときに、[既存のアラートを含めるか]オプションを選択します。 最後のアクティビティの日付に関係なく、レポートパラメータを満たすすべてのアラートが含まれます。 たとえば、過去24日のアクティブなアラートレポートには、過去XNUMX時間に作成されアクティブになったアラートのみが含まれます。 「既存のアラートを含める?」を選択します。 が表示されます どれか 過去24時間にアクティブのステータスがあったアラート。

データソース/イベントソース:

  • Windowsサービス、Windowsプロセス、およびLinuxプロセスを監視対象リソースとして追加するための簡素化されたプロセス。選択するプロセスのリアルタイムリストを提供します。 追加するには、ホスト名を右クリックし、[その他]、[ホスト名]の順に選択します。 監視対象リソースを追加します。
  • ESX HostInterfaceデータソースでサポートされる新しいアクティブ検出フィルターpacketsRX
  • ログファイルEventSourceを作成または編集するときに、ユーザーはアラートの重大度の入力を求められました。 重大度はログファイルコレクター属性内で処理されるため、アラート重大度の構成は削除されています。

ユーザビリティ:

  • Alert Historyテーブルには、「AckedOn」の新しい列があります。
  • グラフ画像はサーバー側でpngとして生成されるため、処理時間が短縮されます。

バグ修正

  • 大きな値に対応するためのY軸のマージンの増加、凡例でのテキストの折り返し、データポイントの説明を一貫して表示するツールチップなど、さまざまなグラフの更新
  • [アラート]タブにフィルターを追加するときに使用可能なグループのドロップダウンリストが再度アクティブになりました。
  • 値を持たないAPI、またはホスト名のないホストによってフィルターが作成された場合、コレクターはフィードを拒否していました。 このリリースでは、値が欠落していても例外は発生しません。
  • イベントソースとデータソースのスケジュールされたダウンタイムは、ホストに反映されます| 管理されたスケジュールされたダウンタイム| このオブジェクトウィンドウに影響を与えるSDT。
  • 無効な日付形式は、syslogメッセージを処理するときにコレクターに問題を引き起こしなくなりました
  • ホストグループインベントリグループレポートには、サブグループを含める設定に関係なく、サブグループが含まれます
  • ## ALERTTYPE ##、## COLLECTORDESC ##、および## COLLECTORID ##トークンが正しくレンダリングされなかった状況を修正しました。
  • グループレベルでデータソースを無効にしても、子グループは更新されませんでした。
  • 時間ベースのサブチェーンが使用されているときにアラートのエスカレーションレベルが通過していたため、新しくトリガーされたチェーンがエスカレーションポイントで始まりました。 時間ベースのサブチェーンは、常に最初の段階から開始されます。
  • アプリケーションは、スケジュールされたダウンタイムに関してイベントソースステータスを正しく表示していませんでした。
  • サイト全体のドキュメントに役立つさまざまなリンクを修正しました
  • EventSourceログファイルコレクター属性がトリガーパラメーターと一致し、トリガーパラメーターではない場合、アラートが送信されました。 アラートは、トリガーが一致した場合にのみ送信されます 影響により トリガーしないは一致しません。
  • ホストクラスターアラートは、ホストクラスターアラートしきい値の代わりに特定のホストのしきい値を適用しており、ホストカスターアラートの電子メールは送信されていませんでした。
  •  読み取り専用/確認専用ロールがホストグループを追加する機能は削除されました。
  • 新しいユーザーが作成され、「パスワードの変更を強制する」が選択された場合、ユーザーは次回のログイン時にパスワードを変更するように求められませんでした。
  • アプリケーションは、確認済みのコレクターダウンアラートを正しく表示していませんでした
  • グループ名を右クリックして[スケジュールされたダウンタイムでホストを表示する]を選択してSDTレビューウィンドウを開いた場合、ホストとインスタンスグループのスケジュールされたダウンタイムは編集できませんでした。
  • エスカレーションチェーンのステージに任意のメールを追加するには、複数のアドレスを区切るためにコンマが必要でした
  • MsSql JDBC ActiveDiscoveryが期待どおりに機能していませんでした

 

記事上で