サポートセンターホーム


2011年XNUMX月リリース

03.15.11に公開

これらは、今週サーバーに適用される2011年XNUMX月のLogicMonitorリリースのリリースノートです。 (アカウント管理者は、該当する更新時間に通知されます)。

新しい特徴

  • Syslogイベントモニタリング
  • グルーヴィーなツールセットの拡張機能で、任意のスクリプトを簡単に作成できます HTTPトランザクション.
  • ダッシュボードに表示されたときに、通常のホストグラフの時間範囲を変更する機能。 (ウィジェットの鉛筆アイコンをクリックし、新しい時間枠を選択して送信します)
  • [適用先]フィールドの作成を支援するウィザード。 データソースまたは動的グループを定義するときに、ウィザードを使用して、グループまたはデータソースに関連付けるホストを制御するLMS式を作成できるようになりました。
  • CCフィールドは、新しいSDTが作成されると常に通知されます。 (以前は、オプションのチェックボックスでした)
  • の大幅な改善 Windowsイベントログの監視 –よりクリーンな表示、イベントソースフィルターのオートコンプリート
  • SLAレポート、メトリックトレンドレポートのホスト名パターンマッチングだけでなく、グループごとにホストを選択できるようになりました
  • SDTも作成するアラートへの返信に含まれるコメントは、アラートの送信先に送信される通知メッセージに含まれるようになりました。 (たとえば、アラートが「SDT 7は朝にチェックインします」と返信された場合、「朝にチェックインします」というコメントは、アラートが送信された他のユーザーに送信されるメッセージに含まれます。)
  • 組み込みのExpectクライアントの機能強化。
  • アカウント全体で「エンジニアとチャット」ボタンを無効にする機能。 (現在、ボタンを無効にするにはサポートに連絡する必要があります。ロールベースコントロールはまもなく登場します。)
  • 利用可能な拡張トークン イベントアラートメッセージ
  • ESXホスト(CPU、ハードウェアモデルなど)に関する詳細情報が自動的に収集されます
  • 既存のエージェントを再インストールする機能が追加されました

その他の変更点

このリリースでは、httpコレクターは別のライブラリーを使用します。 これの重要性は、報告されたHTTPページ時間が接続セットアップ時間を含むようになったことです。以前は、その時間は報告されていませんでした。 これは、長い遅延測定の結果にのみ大きな影響を与えます。たとえば、数千マイル離れたエージェントによって収集されたページ応答時間は、報告されたページ読み込み時間の増加を示します。

UIの変更

  • 抑制ボタン(現時点でアラートのインスタンスのSDTをスケジュールした)は、確認フォームの一部になりました。
  • アラートを確認する際にコメントが必要になりました。
  • 簡略化されたログイン画面–常に事前に入力されていた会社フィールドが完全に非表示になりました
  • 「アラートのテスト」アイコンを「アラートルーティングの表示」に変更し、アラートをトリガーしないことを明確にしましたが、単にルーティングアラートが対象となることを示しています。
  • snmpインターフェイスの説明で、説明の前にインターフェイス名が繰り返されなくなりました
  • エージェントは、エージェントのダウンを報告するとき、またはエージェントの削除を確認するときに、数値IDだけでなく、説明によって参照されるようになりました。
  • ESX、JMX、memcached、Perfmon、およびXen固有のデータソースでは、UI定義が大幅に簡素化されています。 (他のコレクターは、次のリリースで同じ改善が適用されます)
  • スケジュールされたダウンタイムの期間が計算され、開始時間と終了時間が使用されたときに表示されるようになりました。
  • ホストを表示すると、システム情報(OSバージョン、表示名、およびその他の検出されたプロパティ)が[システム]タブに分割され、ユーザー設定のプロパティが[カスタマイズされたプロパティ]タブに表示されるようになりました。

修正されたバグ

  • 他の収集タスクが頻繁に変更された場合、収集の間隔が長いタスクが正しくスケジュールされないことがある問題を修正しました。
  • 相対的な順序(表示優先度)概要グラフのは尊重されませんでした。
  • [レポート]タブで検索結果が壊れていた
  • 特殊文字(「/?!」など)がグラフのタイトルに正しく表示されるようになりました。
  • ユーザーがSMS形式のページング設定を定義していても、smsテンプレートは使用されませんでした。