サポートセンターホーム


2011年XNUMX月リリース

06.07.11に公開
これらは、今週サーバーに適用される2011年XNUMX月のLogicMonitorリリースのリリースノートです。 (アカウント管理者には、該当する更新時間が通知されます)。

新しい特徴

  • グループレベルでデータソースを無効にする機能。 ホストのセット全体で無効にしたいデータソースのセットがある場合、Active Discoveryがそれらを検出した後、またはデータソースを変更することにより、各ホストでそれらを無効にする必要がなくなりました。 に適用されます フィールド。 いまなら可能です グループのデータソース全体を無効にする レベル。
  • 上位N個のダッシュボードグラフ:ダッシュボードのカスタムグラフに、上位10個のオブジェクトのみを表示するように選択できるチェックボックスが追加されました。
  • レポートにはさまざまな機能拡張があります。レポートのレイアウトがすっきりし、レポートで複数のホストを選択しやすくなり、レポートデータポイントを簡単に選択できるようになり、レポートのクローンを作成できるようになりました。
  • 新しいレポートタイプ– ホストインベントリレポート
  • IPアドレスまたは部分IPでホストを検索する機能:ホストがDNS名で追加されている場合でも、検索ボックスでIPアドレスまたは部分IPアドレスでホストが検索されるようになりました。
  • スケジュールされたダウンタイム(SDT)が、イベントソース(トラップ、イベントログ、IPMIイベント、およびsyslog)でサポートされるようになりました。
  • SDTの管理フォームに、各SDTの作成者が表示されるようになりました。
  • ホスト上の特定のWebページまたはUNCパスを監視することがはるかに簡単になりました。[Webページの監視]または[UNCパスの監視]を使用して、ホストで監視するリソースを追加するだけです。
  • ロールベースのアクセス制御で、特定のロールの[Chat with Engineer]ボタンの無効化がサポートされるようになりました。つまり、MSPは、サポートボタンへのアクセスを有効にして、内部使用のためにLogicMonitorサポートスタッフに接続できますが、顧客にはボタンを表示できません。
  • [アラート]タブに、ホストが属しているグループを示す列が含まれるようになりました(現在、複数のグループのメンバーであるホストに対してXNUMXつのグループのみが表示されます)。

UIの変更

  • 「宛先マクロ」は「受信者リスト」に名前が変更されました
  • 各グループのホストの数は、そのグループのツールチップに表示されます
  • アラート確認コメントの最初の部分がアラートパネルに表示されるようになりました
  • すべてのSDTダイアログに「QuickAddSDT」ボタンが含まれるようになりました。このボタンは、現在の時刻からXNUMX時間SDTを追加します。

バグ修正

  • 「パスワードを忘れた」リンクが修正されました
  • 電子メール/ SMSを介してアラートに返信するのとは対照的に、UIでアラートが抑制された場合、sdt通知はすべてのアラート受信者に送信されませんでした。
  • 右側のタイムラインでカスタムグラフの外観がゼロになる問題を修正しました。
  • 以前は修正するためにページのリロードが必要だったドラッグアンドドロップエラーを修正しました。

新しいデータソース

モニタリングは、Asterisk、SIP、pfSense、Force10、Brocade lb、Ciscoスイッチスタック、Redis、PickD3データベースなどをカバーするようになりました。
そしていつものように、LogicMonitorがカバーしていないハードウェアまたはソフトウェアがある場合は、質問してください。