サポートセンターホーム


5年2012月XNUMX日機能発表

07.05.12に公開

前回のリリースには含まれていましたが、ドキュメントには含まれていなかった機能–これまで。
イベントソースフィルター内でプロパティを使用できるようになりました。 これは思ったよりもずっとクールです。つまり、イベントソースフィルターにXNUMX行追加し、プロパティを使用して、イベントソースに一致するイベントをカスタマイズできるようになりました。 したがって、プロパティをグローバルに設定して、すべてのホストからXNUMXつまたは複数のイベントを除外できます。 グループごとにプロパティを設定して、これをオーバーライドします。 または、ホストレベルでそれをオーバーライドします。
ほとんどのホストからイベントID123を除外し、ホストのグループをイベントID 123でトリガーし、234または456ではトリガーせず、単一のホストでこれらのイベントのいずれでもトリガーしないようにしたいですか? これで、同じイベントソースでこれらすべてを実行できます。 トップ、ホスト、グループレベルでFILTEREDEVENTSプロパティを設定するだけです。
詳細については、の「ホストおよびグループレベルのフィルタリング」セクションを参照してください。 Windowsイベントモニタリング のドキュメントで詳しく説明されています)。
注:プロパティベースのフィルターは、現在のLogicMonitorアカウントのイベントソースには存在しません。 (実行後に監視を変更することは避けます。)次の行をイベントソースに自分で追加するか、サポートに連絡して実行してもらうことができます。