サポートセンターホーム


2013年XNUMX月リリース

01.07.13に公開

このリリースでは、多くの舞台裏での作業が行われ、独自のインフラストラクチャで監視するためのシステムとメトリックが増えましたが、お客様の観点からLogicMonitorを改善するために多くのことを追加する時間がありました。 このリリースは、今後数週間でお客様に公開されます。 ハイライトについてはビデオをチェックしてください。

新しい特徴

  • 統合
    • LogicMonitorアラートを他のシステムに統合する簡単な方法をお探しですか? と同様 ウェブフック、サポートするようになりました 「カスタム配信方法」としてのメール、アラートメッセージを一貫した形式で送信できるようにして、固定形式の電子メールを必要とするシステムと簡単に通信できるようにします。
    • はるかに簡単 Connectwise統合
  • インターネットトランジットの信頼性:コレクターとLogicMonitor間のインターネット接続の問題が効果的に解消されるはずです。 LogicMonitorがプロキシを実行するようになりました インターネットのさまざまな地域で、インターネットの問題に直面してもサーバーとコレクターの通信が改善されます。
  • コレクターには、さらに幅広いデバイス監視の基盤が築かれました。このコレクターのアップグレードには、DB2およびSMI-S機能が含まれるようになりました。 これらをすぐに利用するデータソースを探してください。

旧モデルからの改善

  • スケジュールされたダウンタイム:
    • ホストアラートテーブルに新しい列「InSDT」が含まれるようになり、アラートがスケジュールされたダウンタイムにあるかどうかが明確に示されます。
    • オブジェクトに適用されるすべての継承されたSDTと、オブジェクトに直接影響を与えるSDTを簡単に確認できるようになりました。 スケジュールされたダウンタイムを表示する改善された方法.
  • Hアラートがクリアされました? アラートクリアテンプレートで使用できる新しいトークンがあり、レポートされたデータの現在の値を報告します。## CLEARVALUE ##アラートクリアテンプレートに次の行を追加することをお勧めします([設定]…[アラート..その他]の下)アラート設定..デフォルトテンプレート):
    クリアの理由:## DATAPOINT ##は## THRESHOLD ##ではありません:現在の値は## CLEARVALUE ##です
  • ユーザビリティの向上
    • ドラッグアンドドロップして、グループを別の親グループに移動します。
    • ウィザード 複雑で時間固有のアラートしきい値の構築を支援する
    • 絶対時間範囲が選択されている場合、ダッシュボードが不要な更新を実行しなくなりました
    • Googleポリシー マップウィジェット 読み込みパフォーマンスが大幅に改善され(一度読み込まれた後)、ホバー表示が改善されました。
    • アラートウィジェットから[アラートレベル]列を削除しました(重大度は色で示されるため、アラートテキスト用のスペースが増えます)
    • NOCウィジェットは、アラートがない前に確認済みアラートをソートするようになりました。
    • サービスステータスグラフのよりスマートな凡例ラッピング
    • ホスト上のすべての無効なアラートを表示する簡単な方法:[無効なアラートを表示]メニュー項目
  • セキュリティの強化
    • 特権のないユーザーがブラウザー内でサーバーへのJSON呼び出しを検査した場合に、パスワードのプロパティを表示できる問題を修正しました
    • すべてのパスワードは5文字以上である必要があります
    • 世界 監査ログ 保持期間が60日に延長されます(30日から)
    • ホストアクセスが制限されているユーザーが、ワイルドカードを使用して明示的にアクセスできないホストに関するメトリックを表示するプライベートダッシュボードを作成できるセキュリティの問題を修正しました。 これで、ダッシュボードに情報を表示するには、ユーザーは少なくとも[ホスト]タブでホストへの読み取りアクセス権を持っている必要があります。
  • コレクターの変更
    • LogicMonitor内で削除されたコレクターは、シャットダウンしてアンインストールするようになりました。
    • コレクターインストールウィザードは、インストールがキャンセルされた場合に、未登録のコレクターを自動的に削除しなくなりました。 これは、プロキシ設定が構成されるまでコレクターがLogicMonitorに通信できない場合に役立ちます。
    • コレクターダウン通知でのネイティブSMSアラートのサポート
  • 公開されたGroovyHTTPメソッドにメソッドHTTP.bodyおよびHTTP.headersを追加します
  • Webサイトサービスレポートは、他のレポートと同じグラフエンジンを使用するようになりました
  • 新しい機能はで利用可能です データポイント式 値が値のセットのメンバーであるかどうかをテストするには:in(expr1、expr2、expr3、…、testval)
  • New API呼び出し:IDによるGetHostGroup、verifyProperties、 アラートの確認、アラートのSDTステータスを含むように拡張されたgetAlerts

修正されたバグ

  • アラートが無効になっているイベントソースは、UIにそのことを示していませんでした。 現在、データソースと一致して、横にアスタリスクが表示されています。
  • ホストグループを削除すると、Googleマップウィジェットからも削除されます
  • ダッシュボードの自動回転機能がユーザーごとの設定に修正されました
  • [アラート]タブのフィルターの条件が更新後に反転して表示される問題を修正しました(正しく機能していましたが)
  • コレクターが複雑な構成を持つ非常に大規模なホストのセットを監視しているときにコレクターが再起動する可能性があり、構成ファイルの生成に長い時間がかかる問題を修正しました。
  • 多くの形式での入力検証とレイアウトの改善
  • 個々のアラートを無効にするように設定されたクラスターアラートが、サブグループではなく、グループの直接メンバーでのみ有効になる問題を修正しました
  • サービスモニターがDNS名を誤って解決することがある問題を修正しました
  • 列エイリアスを無視するjdbcデータインタープリターの問題を修正しました(fooをblahとして選択してください…)
  • アラートウィジェットのデータポイントフィルターを尊重しないイベントアラートの問題を修正しました
  • 誤ったタイムゾーンを示す修正されたレポートフッター
  • プロパティ「Category」でホストグループインベントリレポートを実行する際のエラーを修正しました
  • 予約名TimeのデータポイントをResponseTimeという名前に更新しました
  • [設定]タブに対するRBAC権限を持たない制限付きユーザーは、[会社]リンクをクリックして、設定にアクセスできます(ただし、表示または設定はできません)。
  • 概要グラフウィジェットの名前の編集を妨げるエラーを修正しました
  • 低解像度の画面でIEの[アラートとしきい値の管理]フォームの[送信]ボタンにスクロールできないエラーを修正しました。
  • 「関連付けられたホストの表示」フォームを更新して、Netflowデータをコレクターに報告するホストを表示するようにしました
  • 複雑な正規表現フィルターが失敗する可能性があるいくつかのアクティブな検出パラメーターの誤ったエンコードに関する問題を修正しました
  • パワーダウンしたVMの最後の既知の統計を報告するXenserverの問題を回避するために、ディスカバリーはVMのパワー状態をチェックするようになりました
  • 長いURLでSiteMonitorが正しく機能しない問題を修正しました
  • PNGグラフのダウンロードの名前が間違っていた–最初のスペースで切り捨てられた
  • バグにより、サービスフォルダのスケジュールされたダウンタイムを表示できませんでした。
  • クラスターアラートSMSテンプレートが正しく適用されませんでした。
  • MongoDBコレクターがスレッドを適切に解放しない問題を修正しました。
  • WMI認証に関するいくつかのエッジケースの問題を修正しました。
  • サブグループのホストは、柔軟なグラフにXNUMX回表示されていました
  • 認証が指定されているがプライバシープロトコルがないSNMPv3を使用しているホストは、正しく処理されませんでした
  • アラートに誤ったグループが表示されるクラスターアラートの問題を修正しました
  • アラートしきい値レポートには、アラートが無効になっているホストと、インスタンスレベルですべてのアラートが無効になっているインスタンスが表示されるようになりました。 これらは以前は省略されていました。

記事上で