サポートセンターホーム


General Deployment Collector(オプション)-21.0

03.14.16に公開

General Deployment Collector 21.0は、オプションのコレクターアップデートであり、14月19日の週に利用可能です。 これは、オプションのGD 20および初期リリースコレクターバージョン20.059、20.074、および20.083のすべてを含む、必要なリリースGD21の後に追加されたすべての機能と修正で構成されています。 GD XNUMXは、今後の必須コレクターバージョンに含まれる予定のほとんどを提供します。  

注意:

  • このコレクターバージョンでは、RC4関連の暗号が無効になっているため、RC4接続を利用するサーバーでデータ収集の問題が発生する可能性があります。  
  • このコレクターバージョンでは、エンジン時間とエンジンブートが正しく同期されていないために、SNMPv3データ収集タスクのタイムアウトが発生する場合があります。
  • このコレクターバージョンに注意してください あなたが必要です 監視対象の7モードNetAppデバイスのTLSサポートを有効にします。 コマンド「optionstls.enableon」を使用して、ネットアップデバイスでTLSサポートを有効にできます。

RC4暗号が再度有効になり、SNMPv3タイムアウトが修正された新しいコレクターバージョンをリリースします。

GD21に含まれるものの概要は次のとおりです。

新しい特徴

  • 新しい BatchScript収集方法 データソースで利用できます。 既存のデータソーススクリプト収集方法は、検出されたインスタンスごとにデータをポーリングします。 新しいBatchScript収集方法を使用すると、コレクターは一度に複数のインスタンスのデータをポーリングできます。これは、多数のインスタンスにわたってデータを収集しているスクリプトデータソースに役立ちます。  
  • SNMP v3データ収集は、同じSNMPエンジン内の複数のSNMPアプリケーションを区別するために使用されるcontextNameフィールドとcontextEngineIdフィールドをサポートするようになりました。 
  • イベントソースの収集は、 スクリプト、IPMI収集方法の必要性を排除します。  
  • コレクターは、モニター対象デバイスにコレクターがインストールされているかどうかを判別します。 その場合、コレクターデータソースが自動的に適用されます。
  • Windowsコレクターがサポートするようになりました 組み込みPowerShellスクリプト データソースで。 組み込みPowerShell機能は、PowerShellをActive Discoveryスクリプトとデータポイント収集スクリプトの両方で使用できるという点で、組み込みGroovyスクリプトと同じように動作します。 コレクターのデバッグウィンドウに、既存の!groovyコマンドに類似したPowerShellスクリプトをテストするための!poshコマンドがあります。 (アップロード機能を使用して)外部PowerShellスクリプトを使用する既存のデータソースは、引き続き通常どおりに動作します。
  • このコレクターバージョンは、XNUMXつの新しいコレクターデータソース、データ収集タスク、イベント収集タスク、およびコレクターステータスのメトリックをサポートします。 これらのデータソースは、コレクターが監視しているインスタンスの数、現在のバージョン、稼働時間、およびタスク数に関するメトリックを提供します。 

その他の改善点

  • Perfmonデータソースのデータ収集を初期化するときのより正確なステータス情報を追加しました。
  • 現在、TLS 1.2を使用して、データをLogicMonitorに報告したり、WebページやCIM収集タスクに使用したりしています。
  • 最大値65536を含む、イベントデータソースのEventIDの検証を追加しました。
  • systemdを使用するUbuntu、RedHat、Centos、およびその他のオペレーティングシステムの新しいバージョンでのコレクターインストールのサポートが追加されました。
  • コレクターウォッチドッグタスクが開始状態でスタックしないように、コレクター初期化操作にタイムアウトを追加しました。
  • ネットアップホストに許可される同時リクエストの数を管理するために、追加のネットアップ構成(netapp.connection.concurrency#およびnetapp.connection.threadPoolSize)を追加しました。
  • 空のフローとデータ更新の遅延を処理するようにNetflowを改善しました。
  • WMIがデータを報告しない方法を改善し、データを返さないデバイスとデータの報告に問題があるコレクターをより適切に区別する
  • 1000台のデバイスをサポートするように最適化されたSNMP、Ping、およびWindowsイベント。
  • 収集タスクが待機状態でスタックするのを回避するために、大規模なNetappクラスター用に最適化された収集。
  • 強化されたElastiCacheアクティブディスカバリー。
  • CloudWatchデータを使用するようにAWSS3課金データコレクションを再構築しました。
  • IDを無視するようにESXアクティブ検出スクリプトを更新し、すべてのVMWareシステムの検出を可能にしました。
  • 現在の時刻を共通の形式で報告しないSonicWallデバイスで一般的に必要とされるNetFlowタイムスタンプを無視するオプションが追加されました。
  • SNMPv3およびSNMPv2にフェイルオーバーするようにSNMPv1を最適化しました。
  • 接続が開いたままにならないようにWebページコレクターを改善しました。

アップグレード

  • コレクターのJREがJDK8にアップグレードされました。これにより、で特定されたセキュリティの問題が解決されます。 CVE-2014-6593 GCM暗号スイートをサポートします。  ご覧ください このページ JRE8で公式にサポートされているオペレーティングシステムと構成用。
  • コレクターが実行されるJavaService Wrapperは、YAJSWに置き換えられました。 この変更により、潜在的なメモリリークの状況に対処し、コレクターのトラブルシューティングを改善できます。 さらに、YAJSWラッパーは、将来のコレクター拡張のためのより多くの柔軟性とサポートを提供します。
  • MySQLJARがバージョン5.1.38にアップグレードされました。
  • Joda TimeJARがバージョン2.9.1にアップグレードされました
  • JschJARがバージョン0.1.53にアップグレードされました 
  • Mongo-Java-DriverJARがバージョン2.13.1に更新されました

バグの修正

  • ESXのデータ収集により、停止したデバイスに対してHostStatusアラートがトリガーされない場合がありました。 これは修正されました。
  • sFlowポートは、以前は誤って報告される場合がありました。
  • タスクのタイムアウトに関連するSNMPv3データ収集の問題を修正しました。
  • 「接続リセット」が発生したときにTCPデータ収集タスクが失敗しなくなりました。
  • 自動検出パラメーターが空の場合、自動検出が失敗していました。
  • 以前は、複雑なデータポイントでNaNを常に正しく処理していませんでした。 NaNを0に変換できるようにすることで、これを修正しました。
  • Globは、LogfileEventSourcesのWindowsファイル名に対して正確にサポートされていませんでした。
  • アクセスが許可されていないエラーを受信して​​いたバッチジョブアラートをサポートするようにイベントコレクターの問題を修正しました。
  • perfmonを介して返される文字列は、すべてのデータポイントをNaNとして報告します。
  • 他のコレクタープロセス中にnetflowコレクションが初期化された場合、スクリプトが終了する可能性がありました。 この潜在的な競合は削除されました。
  • イベントコレクターを手動で無効にする機能が追加されました。 以前は、この変更はコレクターで行うことができましたが、有効になりませんでした。
  • データソースのスクリプトのダウンロード中にネットワークエラーが発生した場合、以前のバージョンが保持されます。
  • 以前のJDKアップグレードにより、AWS EC2 Netscanポリシーで問題が発生しました。競合を考慮して、Netscan処理が調整されました。 
  • 非同期SNMPコレクションのタイムアウトを修正しました。
  • 空白のデバイスまたはグループのプロパティがデータ収集に干渉しないように、検証を追加しました。
  • コレクターは、正しいタイムアウトステータスの代わりに、不明なmongoステータスエラーを報告していました。
 

記事上で