General DeploymentCollector-24.001

注:このバージョンは当初、最低限必要な(MGD)コレクターとして発表されました。 まだ非常に安定していると考えられていますが、わずかに改善されたバージョン24.002が29月24.002日木曜日にリリースされ、これが新しく必要なコレクターになります。 MGDXNUMXの詳細は今後発表されます。

GD Collector 24.001は、16月XNUMX日金曜日に利用可能になります。 からの唯一の変更 GDコレクター24.0 SSLCertコレクションのマイナーなバグ修正です。 最後に必要なバージョンから直接アップグレードする場合は、 GD 22.005、期待できるエキサイティングな新機能と改善点の概要は次のとおりです。

新機能:

  • LogicMonitorのサポート 内部サービスチェック.
  • コレクターキャッシング –これにより、コレクターがLogicMonitorアカウントにデータを配信できない期間に、コレクターがデータを環境に保存できるようになります。 デフォルトでは、コレクターキャッシュが有効になっており、最大30分のデータをキャッシュするように構成されています。 詳細については、ドキュメントを参照してください。
  • へのサポート インスタンスレベルのプロパティ, これにより、データソースインスタンスレベルでプロパティを設定したり、ActiveDiscoveryを介してプロパティを検出したりできます。
  • コレクターサイズ –異なるサイズは異なるJVM最大メモリサイズに対応し、コレクターが意図した監視負荷を処理するように構成されていることを確認しやすくします。
  • 今すぐ投票 – [生データ]タブでこのボタンを選択すると、コレクターはすぐに新しいデータをポーリングします。 トラブルシューティング時には、完全なポーリングサイクルを待ってデータポイントを検証するのではなく、これを使用できます。 「PollNow」はアラート評価に影響を与えず、データはグラフに表示されないことに注意してください。
  • サポート 更新履歴 タブ。スケジュールされたコレクターのアップグレードの結果をより詳細に把握し、アップグレードに関連する問題の修正を大幅に容易にします。
  • へのサポート テストスクリプト、 これにより、スクリプトをデバイスに一時的に適用して、その出力を表示できます。 これにより、効率が向上し、LogicModuleの開発およびトラブルシューティングの時間が節約されます。
  • コレクターのダウングレード –以前のバージョンが最低限必要なバージョンよりも高い限り、コレクターの以前のバージョンに戻すことができます。 これは、将来のアップグレードが元に戻せることを知っているので安心できるので、より多くの初期リリースコレクターバージョンを試すための素晴らしい言い訳です。

改善点:

  • JMX、WMI、HTTP、およびPerfmonのデータ収集が改善され、 コレクター容量 これらのプロトコル用。
  • サポート QoSNetflow 改善。
  • XenAPIを使用するようにXenサーバーの検出を改善しました。
  • 最適なスクリプト収集パフォーマンスのために、デフォルトのスクリプトスレッドプールを増やしました。

アップグレードされた外部ライブラリ:

  • httpclient-4.5.2.jar
  • commons-logging-1.2.jar
  • httpcore-4.4.4.jar
  • コモンズ-コーデック-1.9.jar
  • httpcore-nio-4.4.4.jar
  • httpasyncclient-4.1.1.jar
  • vijavaからyavijava6.0
  • Windows NTPQ.exe
  • AWSSDKからバージョン1.11.93
  • ジャクソンジャーはバージョン2.6.6に
  • MariaJDBCドライバーからバージョン1.4.5

このコレクターはCentOS5をサポートしなくなったことに注意してください。