サポートセンターホーム


General DeploymentCollector-22.0

06.20.16に公開

General Deployment Collector 22.0は、20年2016月XNUMX日の週に利用可能になります。このCollectorバージョンは、次の必須バージョンになり、Collectorバージョンのすべてが含まれます。 GD 21.0, EA 21.019 影響により EA 21.020.  

このコレクターバージョンでは、次のことが必要であることに注意してください 監視対象の7モードNetAppデバイスのTLSサポートを有効にします。 コマンド「optionstls.enableon」を使用して、ネットアップデバイスでTLSサポートを有効にできます。

に比べて GD 21.0、GD Collector22.0には次のものが含まれています。

新機能:

  • このコレクターバージョンには、LogicMonitorの新しいNetscanの改善のサポートが含まれています。 私たちを参照してください リリースノート 影響により 詳細なドキュメント これらの改善の詳細については。

改善点:

  • AutoPropertiesサブシステムは、以前は、これらのデバイスプロパティがデバイスに設定される前に、XNUMXつのバージョンのSNMPでシステムOID、システム情報、およびシステムIPプロパティを正常に検出することに依存していました。 これにより、すべてのプロパティが検出されない場合に問題が発生していました。 このような場合、ほとんどのプロパティを提供するSNMPバージョンを使用し、それらのプロパティをデバイスに設定します。
  • 特定の場合にトップフローデータをより正確にするために、NetflowおよびsFlowの入力/出力バイトの計算方法を変更しました。
  • !nsplistおよび!nspdetailデバッグコマンドに、デバイスDNS、システム名、プロパティなどの詳細を追加しました。
  • ローカルコレクター構成ファイルagent.conf.localのサポートを追加しました。 このローカルファイルに追加された構成は、汎用のagent.conf構成ファイルをオーバーライドし、agent.conf.localファイルはLogicMonitorUIを介して編集できなくなります。 これにより、これらのセキュリティ設定がWeb UIから変更されることを心配することなく、debug.disable = falseやremotesession.disable = trueなどの設定を構成できます。

バグ修正:

  • Windows Netscanポリシーは、複数のアクティブなデバイスの検出に失敗することがありました。 これは、マルチping応答の解釈方法が原因でした。 この問題を修正するために、これらの応答の処理方法を変更しました。
  • グループ名がスペースで終わっている場合、ActiveDiscoveryはインスタンスを正しいインスタンスグループに割り当てていませんでした。 スペースで終わるインスタンスグループ名を削除します。
  • SNMPv3トラップを監視するように構成されたイベントソースが正しく機能していませんでした。 これは修正されました。 
  • 無効なping損失を報告する問題を修正するために、pingパケットの送信間隔が250ミリ秒から500ミリ秒に増加しました。