早期リリースコレクター-22.050

早期リリースコレクター22.050は、29年2016月XNUMX日から利用可能になります。

注意 このコレクターバージョンには、プライベートIPv4アドレススペースの内部サービスチェックに関する既知の問題があります(つまり、10.0.0.0 / 8、172.16.0.0 / 12、および192.168.0.0/16)。 回避策として、コレクターのagent.conf構成ファイルに次の行を追加できます。

enable.ip.blacklist =false

この問題を修正した新しいEACollectorバージョンをリリースする予定です。

アーリーリリースコレクター22.050 次の機能と修正が含まれています。

新機能:

  • このコレクターバージョンには、LogicMonitorの新しいバージョンのサポートが含まれています 内部サービスチェック。 私たちを参照してください リリースノート 及び 詳細なドキュメント この新機能の詳細については。
  • このコレクターバージョンには コレクターデータをディスクにキャッシュする機能.  コレクターは常に少量のデータをメモリにキャッシュできますが、ネットワークで作業している場合はデータのギャップを回避するのに必ずしも十分ではありません。 これで、コレクターは次の期間中にデータを環境に保存できます。 コレクターがLogicMonitorアカウントにデータを配信できない期間(ネットワークの問題などの結果)。 コレクターが再びアカウントにアクセスできるようになると、バッファリングされたデータがサーバーに伝達され、他の方法で見られたデータのギャップがなくなります。 現在、最大30分のデータをキャッシュできます。 平均的な監視負荷の場合、これはディスク容量とメモリの両方で数百MBを消費すると見積もっています。 この機能はデフォルトで有効になっていますが、コレクターのagent.conf構成ファイルでreporter.persistent.enable = falseを設定することで無効にできます。

改善点:

  • vijavaをyavijava6.0にアップグレードしました。これには、vSphere6のサポートが含まれています。
  • 以前は、Script Eventsourceコレクションメソッドは、複数レベルのネストされたオブジェクトを含むJSON形式のイベントを受け入れませんでした。 ネストされたJSONオブジェクトを受け入れ、出力を文字列形式に変換するようになりました。
  • 以前は、Eventsourceを介して監視されているログファイルを移動したり、名前を変更したりすることはできませんでした。 これはもはや当てはまらず、監視対象のログファイルの名前を変更したり移動したりできるようになりました。
  • コレクターは以前、ネットスキャン中に各デバイスに100つのpingパケットを送信しました。そこでは、そのパケットのXNUMX%が返された場合にデバイスが検出されました。 そのXNUMXつのパケットが失われた場合、これにより、検出する必要のあるデバイスがNetscanで失われることがありました。 Netscan中に各デバイスにXNUMXつのpingパケットを送信し、これらXNUMXつのパケットのいずれかが返された場合にデバイスを検出します。
  • WMI検出タスク履歴の保存方法を変更しました。 以前の実装では、場合によっては大量のメモリを使用していたため、コレクターが定期的に再起動していました。
  • 次の外部jarをアップグレードしました:httpclient-4.5.2.jar、commons-logging-1.2.jar、httpcore-4.4.4.jar、commons-codec-1.9.jar、httpcore-nio-4.4.4.jar、およびhttpasyncclient- 4.1.1.jar

バグ修正:

  • !dirdebugコマンドがうまく機能していませんでした–このコマンドを改善しました。
  • !tlist debugコマンドは、すべてのEventsourceデータ収集タスクを返さない場合がありました。
  • LogicMonitorコレクターがIPv6Windowsデバイスにインストールされた時期を常に正しく識別しているとは限りませんでした。
  • パスにスペースがあると、LogicMonitorエージェントサービスの開始に失敗することがありました。 これを修正するために、サービスがスペースを処理する方法を改善しました。 
  • !snmpgetおよび!snmpwalkデバッグコマンドは、デバイスプロパティとして設定された資格情報よりもコマンドに含まれる資格情報を使用していませんでした。 これらのコマンドに含まれる資格情報は、デバイスに設定されている資格情報とは異なる場合でも使用されるようになりました。 これにより、デバイスのプロパティを変更せずにSNMP資格情報をテストできます。
  • 32ビットを超えるデータ値はデータなしとして報告されました。 これは修正されました。
  • [ポート番号リスト]フィールドに何も指定されていない場合、SSLを使用するように構成されたHTTP ActiveDiscoveryが正しく機能しませんでした。 [SSLを使用]が選択されていて、ポートが指定されていない場合、デフォルトでポート443になります。
  • Linux Collectorサービスが正しい一時ディレクトリを使用していなかったため、起動時に問題が発生する場合がありました。 これは修正されました。
  • 以前にスペースを含むコレクターログのアップロードが失敗しました。
  • BatchScript収集方法を使用するデータソースの場合、関連するコレクターを再起動すると、最初のデータ収集タスクのNaNデータが生成されました。
  • !account Collector debugコマンドは、Windowsコレクターでのみサポートされています。 Linuxコレクターで実行した場合、以前は無意味な結果が返されていました。 Linuxコレクターで!accountを実行すると、結果が表示されなくなりました。