サポートセンターホーム


早期リリースコレクター-21.020

05.25.16に公開

早期リリースコレクター21.020は、25年2016月XNUMX日に利用可能になり、次のものが含まれます。

改善点:

  • !nsplistおよび!nspdetailデバッグコマンドに、デバイスDNS、システム名、プロパティなどの詳細を追加しました。
  • ローカルコレクター構成ファイルagent.conf.localのサポートを追加しました。 このローカルファイルに追加された構成は、汎用のagent.conf構成ファイルをオーバーライドし、agent.conf.localファイルはLogicMonitorUIを介して編集できなくなります。 これにより、これらのセキュリティ設定がWeb UIから変更されることを心配することなく、debug.disable = falseやremotesession.disable = trueなどの設定を構成できます。

バグ修正:

  • RC4関連の暗号はGD21で無効にされていたため、RC4接続を利用するサーバーでデータ収集の問題が発生していました。 このコレクターバージョンでは、RC4暗号スイートが再度有効になっています。 
  • 場合によってはSNMPv3データ収集タスクのタイムアウトを引き起こしていたSNMPv3エンジン時間とエンジンブート同期の問題を修正しました。
  • C:ドライブ以外のドライブにコレクターをインストールできませんでした。 この問題は、YAJSWがEAコレクター20.059で追加されたときに発生し、このコレクターバージョンで修正されました。 
  • ## SYSTEMNAME ## NetscanトークンがWindowsデバイスで正しく機能していませんでした。 WMIに応答するデバイスの場合、Win32_ComputerSystemクラスのNameを使用してこのトークンにデータを入力します。
  • コレクターのJDBCドライバーをMariaDBJDBCJavaクライアントバージョン1.4.2にアップグレードしました