サポートセンターホーム


早期リリースコレクター-20.074

01.20.16に公開

早期リリースコレクター20.074は、18年2016月XNUMX日の週に利用可能になります。このコレクターバージョンには、次の新機能と修正が含まれています。

新しい特徴

  • 新しい BatchScript収集方法 データソースで利用できます。 既存のデータソーススクリプト収集方法は、検出されたインスタンスごとにデータをポーリングします。 新しいBatchScript収集方法を使用すると、コレクターは一度に複数のインスタンスのデータをポーリングできます。これは、多数のインスタンスにわたってデータを収集しているスクリプトデータソースに役立ちます。   
  • SNMP v3データ収集は、同じSNMPエンジン内の複数のSNMPアプリケーションを区別するために使用されるcontextNameフィールドとcontextEngineIdフィールドをサポートするようになりました。 
  • イベントソースの収集は、 スクリプト、IPMI収集方法の必要性を排除します。 これは、このコレクターでのテストに使用できます。IPMIは将来のバージョンで非推奨になります。

アップグレード

  • コレクターのJREがJDK8にアップグレードされました。これにより、で特定されたセキュリティの問題が解決されます。  CVE-2014-6593 GCM暗号スイートをサポートします。  ご覧ください このページ JRE8で公式にサポートされているオペレーティングシステムと構成用。
  • MySQLJARがバージョン5.1.38にアップグレードされました。
  • Joda TimeJARがバージョン2.9.1にアップグレードされました

バグの修正

  • sFlowポートは、以前は誤って報告される場合がありました。
  • タスクのタイムアウトに関連するSNMPv3データ収集の問題を修正しました。
  • 以前のEAコレクターは、デバイスIPに基づいてコレクターデータソースを自動適用していました。 これにより、IPが複数のデバイスに関連付けられている状況で、コレクターデータソースが誤って適用されていました。 コレクターデータソースは、すべてのIPアドレスが一致する場合にのみ適用されるようになりました。
  • 「接続リセット」が発生したときにTCPデータ収集タスクが失敗しなくなりました。

記事上で