サポートセンターホーム


EAコレクター-29.100

06.24.20に公開

拡張機能:

  • コレクタースクリプトキャッシュが導入され、ファイルシステムにダンプすることなく、コレクション間隔の間にセッショントークンなどをキャッシュできるようになりました。
  • PropertySourcesおよびTopologySourcesのGroovyスクリプトがSSEで実行されるようになりました。
  • Linuxコレクターのxxd依存関係は、Linuxコレクターに付属しています。 これは、デフォルトでは多くのLinuxディストリビューションでは利用できませんでした。
  • Systemdユニットファイルがに保存されるようになりました /etc/systemd/user ルート以外のインストールの場合。
  • 16GBおよび32GBのRAM用のエクストララージ(XL)およびダブルエクストララージ(XXL)サイズのコレクターが導入されました。 見る コレクター容量.
  • デッドでタイムアウトしたJDBCタスクがスタックするのを防ぐために行われた改善。
  • SSEエラーメッセージが改善されました。
  • UDPを介して受信したNetFlowエクスポートは、コレクターでマルチスレッド方式で処理できるようになりました。 以前は、処理は単一のスレッドに制限されていました。
  • 世界 !http debug コマンドは、トラブルシューティングを容易にするために、タイムアウト、HTTPバージョン、ヘッダー、および本文の引数をサポートするようになりました。
  • Active Discoveryスクリプトで提供されるインスタンスレベルのプロパティ(ILP)値は、URLエンコードを必要としなくなりました。 以前は、「%」などの文字を報告すると、解析が失敗していました。
  • TinyRADIUSJavaライブラリが含まれるようになりました。 これらを利用してRADIUSログインをテストするLogicModuleは、将来のリリースで利用可能になる予定です。
  • AugurSystemsのTACACSJavaライブラリが含まれるようになりました。 これらを利用してTACACS +ログインをテストするLogicModuleは、将来のリリースで利用可能になる予定です。
  • アップロードスクリプトがに送信されるようになりました agent/local/bin agent/lib.
  • カスタムJARをに配置する必要があります agent/local/lib agent/lib.
  • rootまたはAdministratorとして実行されているCollectorをroot以外またはAdministrator以外のユーザーに移行できるようにするスクリプトを追加しました。
    • Windowsの場合: agent/bin/windows/updateToNonAdmin.ps1
    • Linux: agent/bin/linux/updateToNonRoot.sh
  • Linuxでroot以外のユーザーとして実行するためにコレクターをインストールするには編集が必要であるという警告を追加しました /etc/sudoers。 この依存関係は、将来のバージョンで削除される予定です。

修正:

  • 不在を示すログ agent/conf/agent.conf.local ERRORではなくWARNレベルになりました。
  • x86以外の64ビットOSへのインストールに失敗した場合のエラーメッセージが改善されました。 以前、障害はOSが64ビットではなかったことが原因であると示しましたが、実際には、たとえばARM64をサポートしていないことが原因でした。
  • 28.005のメモに記載されている問題を修正しました。コレクションスクリプトの最後に改行を出力しないと、アップロードスクリプトが失敗していました。
  • 長いデバッグコマンドが有効なコマンドとして認識されなかった問題を修正しました
  • 修正された問題 TaskCountInQueue で見つかったデータポイント LogicMonitor_Collector_ConfigCollectingTask DataSourceは負の値を返します。
  • デバッグコマンドが特殊文字を処理できなかった問題を修正しました