サポートセンターホーム


EAコレクター-24.085

06.02.17に公開

EA Collector 24.085は2年2017月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

改善点:

  • ネットワークトラフィック監視のためのIPFIXのサポート。 注:デフォルトでは、コレクターはUDPポート2055でnetflowデータをリッスンします。追加のポートでリッスンするには、コレクターのagent.confファイルのnetflow.ports設定を更新するだけです。 たとえば、デバイスがエクスポートする場合 IPFIXをポート4739に設定し、「netflow.ports = 2055,4379」を設定します。
  • snmpwalkの場合、デバイスのSNMPポートを指定できるようになりました。 これは、デフォルトの161とは異なるポートを使用するデバイスのトラブルシューティングを行うときに役立ちます。
  • script.collector.timeoutとbatchscript.collector.timeoutの値を120秒に増やしました。 この値がポーリング間隔よりも大きい場合、コレクターは代わりにポーリング間隔をタイムアウトとして使用することに注意してください。
  • In EA23.076では、新しくインストールされたコレクターについて、コレクターの定期的な再起動の頻度を8時間ごとから24時間ごとに減らしました。 EA24.085にアップグレードすると、既存のコレクターにもこの変更が適用されます。
  • コレクターが構成ファイルでエラー(重複キーなど)を検出した場合、コレクターは問題を説明するイベントをコレクターイベントログに書き込むようになりました。 例えば: 「ファイルwrapper.confに重複したアイテムまたはギャップがいくつかあります。 次の構成を確認してください[sse.jvm.additional、wrapper.java.additional、wrapper.java.classpath]。」
  • コレクターイベントログにいくつかの役立つイベントを追加しました。
    • 「[currentVersion]から[newVersion]へのアップグレードをスケジュールしました。」
    • 「コレクターはアップグレードの一環として再起動します。」
    • 「エージェントは正常に再起動しました。」 (これは、再起動の理由に関係なく、コレクターが正常にバックアップを開始したことを示します)
  • SNMPのgetbulkを無効にする構成をagent.confに追加しました。 デバイスでSNMPgetbulk PDUの実装に問題がある場合は、パラメーターを「true」に設定して、代わりにgetnextを使用できます(snmp.nogetbulk = true)。

バグ修正:

  • デバイスがコレクターデバイスであるかどうかの検出の背後にあるロジックを改善しました(system.collector = true)。 コレクターデバイスに優先コレクターを選択するときは、そのデバイスにインストールされているコレクターを選択していることを確認してください。 コレクターデバイスが別のコレクターによって監視されている場合、コレクターデバイスとして認識されません。
  • ## POLLINTERVAL ##トークンを含むGroovyスクリプトでテストスクリプトが失敗するバグを修正しました。
  • サービスチェックのデフォルトのタイムアウトにより、CPUが高くなる場合がありました。 このタイムアウトを10秒から30秒に増やしました。