サポートセンターホーム


EAコレクター-22.227

11.25.16に公開

EA Collector 22.2227は来週初めに利用可能になり、次のものが含まれます。

改善点:

  • In EA 22.180 JDK 8とOpenSSLセキュリティパッチ間の競合を考慮して、Collector forESXデータ収集で特定の暗号スイートを無効にするオプションを追加しました。 このオプションはデフォルトでfalseに設定されています– EA22.227ではデフォルトでtrueに設定されています。
  • コレクターのWindowsNTPQ.exeを更新しました。 以前のバージョンにはバグがあり、場合によっては、データを報告しないデバイスの値が不正確になりました。
  • コレクターの自動プロパティシステムがSNMPバージョンを検出する方法を改善しました。 以前にSNMPバージョンをシリアルでチェックしたため、通常の自動プロパティの実行よりも長くなる可能性がありました。 EA 22.2227は、SNMPバージョンを並行してチェックし、SNMPバージョンを最も応答性の高いバージョンに設定するようになりました。
  • EA Collector 22.084では、スクリプト出力をファイルに記録する機能が導入されました。 これらのファイルの名前をより一貫性のあるものにしました。具体的には、スクリプトデータ収集の場合は「datacollecting-HostName-DSI.stdout」、スクリプトActiveDiscoveryの場合は「discover-HostName-DATASOURCENAME.stdout」です。
  • JMXデータ収集の改善
  • メモリ不足の例外が原因でコレクタがクラッシュしたときに以前に発生したmdmpファイルの作成を無効にしました。
  • JSON後処理メソッドは、以前はJSONオブジェクトに対してのみ機能し、JSON配列に対しては機能しませんでした。 この後処理方法をJSON配列で機能するように改善しました。
  • AWSタグがリソースから削除されると、関連するプロパティがLogicMonitorで削除されるようになります。
  • コレクターのAWSSDKをバージョン1.11.56に更新しました
  • コレクターのジャクソンジャーをバージョン2.6.6に更新しました
  • 以前は、Expect.openにはデフォルトのタイムアウトが設定されていませんでした。 これにより、いくつかのエッジケースでスクリプトタスクが失敗しました。 EA 22.227では、問題を回避するためにデフォルトのタイムアウトを10秒に設定しています。
  • ADフィルターのスクリプトアクティブディスカバリーを介して生成されたILPを使用できるようになりました。 auto.instanceSerialNoなどの名前でILPを参照するだけです。 SNMPおよびWMIで生成されたILPは、同じ構文のADフィルターでも使用できることに注意してください。

バグ修正:

  • agent.confファイルに「snmp.timeout」および「snmp.threadpool.size」オプションがない古いコレクターは、EA22.142に正しくアップグレードされませんでした。 この問題はEA22.227で修正されています。
  • フィルタで指定されたOIDがタイムアウトしたときに、SNMP ActiveDiscoveryフィルタリングが正しく機能していませんでした。 その結果、インスタンスは、本来あるべきではない場所でフィルターを通過しました。
  • md5RSA署名アルゴリズムは、内部サービスチェックに対してデフォルトで有効になっておらず、特定の場合にSSLエラーが発生していました。 このアルゴリズムは、Collectorバージョン22.2227ではデフォルトで有効になっています。
  • コレクターのsbshutdownプロセスは、「java.exe」、「sbwinproxy.exe」、および「wrapper.exe」という名前のすべてのプロセスをシャットダウンするように以前に構成されていました。 サーバーで別のjava.exeプロセスが実行されていた場合、sbshutdownによってシャットダウンされました。 EA 22.227では、停止しているプロセスがコレクターのプロセスであることを確認するロジックを追加しました。
  • 以前は、Webページコレクターの応答プロパティは大文字の構文でのみ参照できました。 これは、これらのプロパティを小文字の構文で参照するグルーヴィーな複雑なデータポイント(たとえば、「BODY」ではなく「body」という応答)の場合にのみ問題であり、Webページコレクターにのみ適用されます。 EA 22.227では、これらのプロパティで大文字と小文字が区別されません。
  • 複数の証明書があるサイトについては、以前に証明書の有効期限が最も早いことを報告しました。 場合によっては、これにより不要なSSLエラーが発生しました。 コレクターは、複数の証明書を持つXNUMXつのサイトの最新の証明書の有効期限を報告するようになりました。
  • JDBCクエリが一致するレコードを返さなかった場合、コレクターは応答時間とステータスを報告しませんでした。 このロジックを変更して、レコードが返されない場合でもステータスと応答時間が報告されるようにしました。
  • 埋め込まれたGroovyを使用するスクリプトEventSourceは、##間で渡されたプロパティを正しく解釈していませんでした。
  • Groovy Expect APIを使用し、65536バイトを超える出力を処理するスクリプトでは、まれにデータが表示されませんでした。 EA 22.227では、このような出力の処理方法を最適化して、今後の問題を回避しています。
  • コレクターがMXBeanオブジェクトからデータを正しく取得しない場合がありました。