サポートセンターホーム


EAコレクター-22.180

11.02.16に公開

EA Collector 22.180は3年2016月XNUMX日にリリースされ、以下が含まれます。

新機能:

  • このコレクターバージョンには、スクリプト内部サービスチェックのサポートが含まれています。 この機能にはv82が必要です–v82で詳細を読む リリースノート.
  • コレクターのインストールプロセスに、コレクターのサイズを構成できるオプションを追加しました。 異なるサイズは異なるJVM最大メモリサイズに対応し、コレクターが意図された監視負荷を処理するように構成されていることを確認しやすくします。 この機能にはv82が必要です–v82で詳細を読む リリースノート.

改善点:

  • 署名アルゴリズムとしてSHA256withDSAを使用している証明書を持つサイトでは、Webページのデータ収集が機能していませんでした。 これは、JDK8の既知の問題が原因でした。コレクターをにアップグレードしました。 JDK 8u102、問題の修正が含まれています。
  • 検出のためにコレクターのSNMP操作タイムアウトを増やしました。 この変更は、ウォークリクエストへの応答に時間がかかるデバイス(オブジェクトが多く、管理プロセッサが遅いデバイスなど)に対応するために行われました。
  • OpenSSLが1.0.1tにアップグレードされたサーバー(このESXセキュリティパッチに含まれている:https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language = en_US&cmd = displayKC&externalId)では、ESXデータ収集が機能していませんでした。 = 2146720)。 これは、JDK 8で使用され、OpenSSL1.0.1tで無効にされた暗号スイートが原因でした。 ESX収集メカニズムに対してのみ、コレクターで関連する暗号スイートを無効にするオプションを追加することで、問題を修正しました。 このオプションを有効にするには、の値を設定します。
  • メタスペースのメモリ制限を削除し、Groovyスクリプトでの## WILDVALUE ##構文の処理方法を改善して、必要なメモリ量を減らしました。
  • 場合によっては、以前のEAコレクターはHTTP応答時間の増加とさまざまなステータスコードを表示していました。 これは、HttpClientとCookieが非同期HTTP収集タスク間で共有されていたためです。 CookieはHTTPタスクごとに保存されるようになり、問題が解決します。
  • SNMPベースの検出がタイムアウトした場合(たとえば、コミュニティストリングが正しくない、snmpポートが間違っている、またはsnmpエージェントが遅いなどの理由で)、検出を再試行します。

修正されたバグ:

  • 一部のSQLServerカウンターでは、WMIとPerfmonのデータ収集が正しく機能していませんでした。
  • 自動プロパティサブシステムは、SNMPv1のみをサポートするデバイスのSNMPバージョンを正しく検出していませんでした。
  • 外部アラートは、外部Powershellスクリプトでは正しく機能していませんでした。
  • Collectorに含まれているGroovyExpect APIは、以前はユーザー入力を必要とするXNUMXつの認証方法(gssapi-with-micとkeyboard-interactive)をサポートしていました。 まれですが、これらの認証方法では、サポートされている一方または両方の方法に対してデバイスが収集されている場合、特定のデータソースがタイムアウトしました。 この問題を修正するために、コレクターでこれらの認証の問題をデフォルトで無効にしています。
  • Syslogメッセージに関連付けられたホストヘッダーがデバイスのsystem.hostnameと一致しなかった場合、Syslogイベントアラートは表示されませんでした。 この問題を回避するために、ホスト名とIPに基づいてSyslogメッセージを照合/フィルタリングするようになりました。