サポートセンターホーム


早期リリースコレクター-22.142

09.24.16に公開

EA Collector 22.142は24月XNUMX日に利用可能になり、WMIデータ収集の改善に重点を置いています。

リマインダー: EAリリースはベータアップデートと見なされます。 これらのコレクターバージョンには新しい機能がありますが、インフラストラクチャ全体にはお勧めしません。 

EA 22.142には、次の改善とバグ修正が含まれています。

改善点:

  • EC2 NetscanのAWS認証情報を継承する場合(つまり、アカウントにaws.accesskeyプロパティとaws.accesskeyidプロパティがすでに設定されている場合)、検出されたEC2インスタンスのAWSタグとリソース情報が検出/更新されます。 通常のデバイスとして追加されたEC2インスタンスに次のプロパティが設定されている場合:ec2.region、ec2.resourceid、aws.accesskey、aws.accesskeyid、system.categories、AWSタグとリソース情報を検出します。
  • SNMPタスクの!tlist結果を改善して、失敗したタスクの理由を明確にしました
  • 以前は、元のコレクターサービスが最初に停止されていなかった場合、既存のコレクターの上に新しいLinuxコレクターをインストールできませんでした。 これは、新しいコレクターが重複として扱われたためです。 これで、既存のコレクターの上に新しいLinuxコレクターをインストールすると、既存のサービスが停止し、新しいコレクターを正常にインストールできるようになります。 
  • このコレクターバージョンは、EA22.110で導入された「唯一の値」のSNMPActiveDiscoveryメソッドをサポートしなくなりました。 エイリアスが同じままのときにインスタンスのワイルド値が変更されてもLogicMonitorはインスタンス履歴を破棄しないため、このADメソッドは不要でした(したがって混乱を招きます)。 代わりに、「値」のSNMPADメソッドを使用する必要があります。 
  • !tdetail debugコマンドが改善され、インスタンスレベルのプロパティ情報が表示されるようになりました。
  • 場合によっては、以前は大きなnetflowディレクトリが原因でCollectorが再起動していました。 Netflowのパフォーマンスが改善され、これが発生しなくなりました。 

バグ:

  • EA22.110でのWMIタイムアウトの問題を修正しました
  • 無効なIP範囲で構成されたICMPNetscanポリシーは、時間がかかり、完了できませんでした。 コレクターは、スキャンを試行する前に、IP範囲が有効であることを確認するようになりました。
  • Perfmon収集タスクは、200を超えるデバイスを監視しているコレクターに対してタイムアウトになることがあり、それらのデバイスの多くは停止していました。
  • スペースを含むパスワードにより、コレクターのインストール後にコレクターサービスを最初に開始できませんでした。 サービスの再起動は解決策として機能しましたが、将来この問題を防ぐために、パスワードのスペースの処理方法を改善しました。
  • 行が長すぎると、Eventsourceアラートに行番号が正しく表示されませんでした。 この問題を解決するために、長い行の処理方法を変更しました。
  • デバイスのDNS名またはWMI名前空間に大文字と小文字が混在している場合、WMIデータ収集が常にうまく機能するとは限りませんでした。 
  • データソースのURLフィールドにhttp / httpsスキーマが指定されている場合、コレクターバージョン22.110のWebページコレクターが失敗していました。 これは、スキーマも自動的に先頭に追加されていたためです。 追加する前にスキーマが指定されているかどうかを確認するようにロジックを修正しました。 
  • IBM DB2 AS400データベースのJDBCデータソースで誤ったパスワードが指定された場合、関連する収集タスクがハングします。 これは、AS400 JDBCドライバーで誤ったパスワードをGUIに要求するオプションが原因であり、修正されました。 
  • 特定のWindowsOSステータスコードが正しく解釈されなかったため、無効な接続を介してデータ収集が試行されました。  これらのステータスの解釈と対応の方法を更新しました。