サポートセンターホーム


早期リリースコレクター-22.110

08.15.16に公開

EA Collector 22.110は16年2016月XNUMX日に利用可能になり、次の改善とバグ修正が含まれます。

注:特定のWMI収集タスクは、このEAコレクターバージョンでタイムアウトになります。 この問題を修正した新しいEAコレクターを間もなくリリースします。

改善点:

  • SNMP Active DiscoveryのILPサポートが追加されました(この機能には v79).
  • すべての収集メソッドについて、ComplexGroovyベースのデータポイントからインスタンスレベルのプロパティを参照できるようになりました。

バグ修正:

  • Webページコレクターは、プロキシを介して通信するように構成されたコレクターに対して常に適切に機能するとは限りませんでした。 これは、最初の22 EAコレクターの変更によるものであり、このコレクターバージョンで修正されています。
  • WMI Active DiscoveryのILPでは大文字と小文字が区別されていましたが、大文字と小文字は区別されなくなりました。
  • インスタンスが頻繁に検出および/または削除されていたESXデータソースにより、デバイスのすべてのESXデータ収集タスクが再スケジュールされていました。 現在、既存のインスタンスのESXデータ収集タスクは、新しいインスタンスが検出されたときに再スケジュールされません。 
  • WMIタスクがEACollector 22.084でタイムアウトしていたケースの大部分は、Collectorバージョン22.110で修正されています。