コンテナ監視 4.1.0

最終更新日: 01 年 2024 月 XNUMX 日

解決された問題

  • リソースタイプに基づいたリソースツリーの作成
解決された問題

名前空間による新しいリソース組織への移行をよりスムーズにするために、リソース タイプに基づいてリソース ツリーを作成する問題を修正しました。ただし、古いリソース編成を有効にすると、ユーザー インターフェイスのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。よりスムーズな操作を確保するために、移行後はこの機能を無効にすることをお勧めします。

この機能を有効にするには、 レガシーリソースツリーを有効にする 構成ファイル内のパラメータは次のようになります。

議論:
EnableLegacyResourceTree: true

Noteレガシーリソースツリーを有効にする パフォーマンスを向上させるために、パラメーターはデフォルトで無効 (False) になっています。

ロジックモジュールのリリース

更新されたLogicModules

LogicModule名 詳細
(1つのデータソース)
Kubernetes_KSM_コンテナ
コンテナーのリクエストと制限に関連する KSM_Container の更新。
(1データソース)
Kubernetes_Schedulers
OpenShift k8s クラスターのメトリクス収集をサポートするために、Kubernetes Schedulers DS が更新されました。
(1つのデータソース)
Kubernetes_CoreDNS
NullPointerException を修正するために Kubernetes CoreDNS DS を更新しました。

次のステップ

段階的なアップグレード手順の詳細については、「 LM コンテナ チャートのアップグレード