サポートセンターホーム


コレクタースケジューラ、デバイスの機能強化、およびアラートステータス通知(v.60)

03.24.15に公開

リリースノートの最後のセットを読み終えたような気がしますか? とともに コレクター更新スケジューラ より頻繁で混乱の少ないリリースを提供することができます。 あなたはそれを見つけるでしょう デバイスページの機能強化 デバイスダッシュボードの概念を導入しながら、ナビゲーションをよりユーザーフレンドリーにします。 また、次の機能を追加しました アラートステータス通知をオフにします (確認応答とSDT)、さらに必要なときにのみLogicMonitorからの連絡を確実にします。  

コレクター更新スケジューラ

前回のリリースには、コレクターを手動で更新する機能が含まれていました。 このリリースでは、将来の更新のスケジュールを設定して、指定した時間に最新のコレクター機能の受信を自動化することもできます。

コレクターを更新するには、[設定]、[コレクター]の順に移動します。 コレクター。 更新するコレクターを選択します。  

[コレクターの更新]をクリックして、XNUMX回限りの更新または自動更新のいずれかを選択します。

XNUMX回限りの更新では、コレクターの更新バージョンと更新プロセスの希望の開始時刻を選択できます。 自動更新を使用すると、選択した将来の更新が利用可能になったときに自動的にインストールする時間を設定できます。

自動アップデート

リリースタイプ:

自動的に適用する更新を選択します。  

  • 必要な一般リリースは、年に30回まで行われます。 必要なリリースが利用可能になってからXNUMX日以内にスケジュールされていない場合、それらはコレクターに自動的に適用されます。
  • オプションの一般リリースは、年に4〜6回発生します。 これらは安定したコレクターの更新であり、新しい機能がある場合がありますが、必須ではありません。
  • 初期リリースはベータアップデートと見なされ、新しい機能が追加されますが、インフラストラクチャ全体にはお勧めしません。

注意:  コレクターの更新が分離されると、コレクターのバージョンごとに個別のリリースノートが提供されます。 

更新スケジュール:

多くの場合、メンテナンスウィンドウに基づいて、更新を適用するタイミングを選択します。

説明:

スケジュールされた更新に関連付けられる説明。  

更新パネル:

時間、含まれているコレクター、更新の種類など、スケジュールされているすべての更新を表示します。

更新行を展開すると、説明と更新スケジュールを削除する機能も表示されます。

ヒント:  更新スケジュールに含めるすべてのコレクターを選択すると、将来のコレクターを含めるオプションが提供されます。 将来のコレクターが含まれる場合、コレクターはすべてとして表示され、そうでない場合は特定のコレクターが表示されます 番号が表示されます。

ベータUI–デバイスページ

このリリースのデバイスページに主に焦点を当てて、フィードバックをベータUIに組み込み続けます。 ハイライトのいくつかは次のとおりです。

その場で展開:

特定のデバイスに移動すると、関連するデータソースが所定の位置に展開されるため、インスタンス間を簡単に移動できます。

比較:

お気に入りパネルは、その機能をより正確に説明するために、比較するように更新されました。

[比較]パネルで項目を選択しても[デバイス]ペインは更新されないため、[比較]セクションのインスタンスと、デバイス検索で移動したインスタンスを簡単にクリックできます。  
ヒント:  アクティブなデバイス上のインスタンスがペインを埋めると、比較パネルは自動的に折りたたまれます。 上矢印をクリックして、比較パネルに項目を表示します。

ブレッドクラム:

詳細画面にブレッドクラムが追加され、表示しているデータのコンテキストが一目でわかります。

グラフタブ–テンプレート:

デバイス詳細ビュー画面で、[データ]タブが[グラフ]タブになりました。 前回のリリースで導入されたデバイスダッシュボードに加えて、複数のデバイスに適用できるデバイスダッシュボードテンプレートを追加できるようになりました。 デバイスタイプ全体で意味のあるグラフを特定し、ダッシュボードビューを一度構成して、インフラストラクチャ全体で一貫したメトリックを簡単に表示します。

新しいデバイスダッシュボードを作成すると、LogicMonitorデータソースに存在するのと同じ適用先ロジックを利用して、ダッシュボードを使用できるデバイスを指定できます。

ダッシュボードに含めるデータソース、インスタンス、グラフを選択します。 ダッシュボードが表示されると、各データソースがグループ化され、デバイス間で変動する数のグラフが考慮されます。

アラートステータス通知をオフにする

昨年、アラートルールごとにアラートクリア通知をオフにする機能を導入しました。 その構成を拡張して、スケジュールされたダウンタイムと確認応答のステータス通知をオフにできるようにしました。 通知設定を編集するには、[設定] | [設定]に移動します。 アラートルールを選択し、特定のアラートルールの管理を選択します。 次のチェックボックスが[ルールの編集]画面に表示されます。

通知の送信はデフォルトで有効になっています。  

注意:  ベータUIは送信を指し、現在のUIは通知の抑制を指します。 ベータUIの表現はより明確ですが、XNUMXつのビューを同時に実行すると、少し混乱する可能性があります。 

その他の改善:

  • アカウントにログインするためにLogicMonitorサポートが必要な場合、アクセスログにはlmsupportとLogicMonitor従業員の名前が含まれます。
  • アラートしきい値を設定するために使用できる式として「Delta =」が追加されました(たとえば、データポイント値が指定されたポーリングサイクル数にわたって変化しない場合にアラートを出すようにdelta = 0を設定します)。
  • AlertSLAレポートのデバイス名の最大長を拡張しました。

修正されたバグ:

  • デバイスが以前に検出されて別のグループに移動された場合に、Netscanがデバイスを@uncoveredに再追加するシナリオに対処しました。
  • ベータUIからグラフをダウンロードするときに、グラフの凡例とタイトルを使用できるようになりました。