サポートセンターホーム


アラートSLAレポート、ベータアナウンス、およびイベントアラートの改善

01.14.14に公開

明けましておめでとうございます! アラートSLAレポート、ベータ版のSSO、ベータ版の新しいユーザーインターフェイスページ、およびv.48のその他の大幅な改善が発表され、新年を迎えることができて嬉しく思います。

アラートSLAレポート

データソースまたはデータポイントがアラートにあった時間の割合を表示します。 レポート時間として[アラートSLAレポート]を選択し、日付範囲、ホストまたはホストグループ、およびデータソースを設定します。 データポイント、アラートルール、最小アラートレベルでフィルタリングすることもできます。
2014 01-08-4.23.09 PMでのスクリーンショット
送信時に、レポートは、データソースが各ホストに対してアラートを発していた時間の割合を返します。
2014 01-08-4.25.05 PMでのスクリーンショット

ベータ版のシングルサインオン(SSO)

シングルサインオンソリューションを実装し、ユーザーがプライマリIDプロバイダー(Okta、ADFSなど)を利用してすべてのLogicMonitorアクセス​​を管理できるようにしました。 詳細や試してみたい場合は、サポートにお問い合わせください。

ユーザーインターフェイス(UI)のベータテスターの募集

あなたの多くは、神秘的な新しいUIについて聞いています。 私たちは共有を開始する準備ができており、ベータテスターに​​なることに興味を持っている人々を積極的に探しています。 新しいアラートページはテストに利用でき、まもなくレポートとサービスが続きます。
更新:このリリースのベータ版は終了しました。 今後の参加をご希望の場合は、サポートまでご連絡ください。

重複するWindowsおよびログファイルのイベントアラートを抑制します

イベントアラートはノイズが多いことがわかっているため、重複アラートを抑制する機能を追加しました。 [重複の抑制:EventSource内で有効にする]を選択すると、有効な間隔内に生成された重複イベントIDを持つイベントはすべて無視されます。

旧モデルからの改善

  • Netflowは、CiscoASAの実行中の9.1コードで使用される拡張NSELをサポートするようになりました。
  • データソースをインポートすると、新しいバージョンで同じ名前とタイプで存在するすべてのデータポイントが保持されます
  • Linuxプロセスが警戒している場合、同じIDで再起動しません。 ここで、プロセスパスとパラメータに基づいてそれらを評価します。
  • システムの時差に対応するためのより大きなバッファや自動デフラグプロセスなど、Netflowのいくつかの改善

バグの修正

  • アラートの重大度が変更されたときに新しいアラートIDを割り当てることでアラートを改善しましたが、アラートの重大度がエスカレートした場合はアラートクリアメッセージを送信しました。 これらは削除されました。
  • イベントアラートは、クリアされた時間を決定するための有効な間隔を一貫して尊重していませんでした。
  • ***クリア***はカスタムアラートのヘッダーから削除されましたが、統合を妨げる可能性があることは意味があります
  • ユーザーがデータソースを追加できるかどうかを判断する方法を改善し、グループに属していないホスト、およびホストグループのアクセス許可が制限されているユーザーの問題に対処しました。
  • サービスのプレーンテキストの一致が、長い文字列で正しく一致していませんでした。