LogicMonitorは、今日のITデータサプライチェーンとデジタルビジネスに対応するための統一された可観測性を提供します。 LMエンビジョンプラットフォームを発表

LogicMonitorは、今日のITデータサプライチェーンとデジタルビジネスに対応するための統一された可観測性を提供します。 LMエンビジョンプラットフォームを発表

– LM Envisionを使用すると、企業はITデータサプライチェーンを最適化してビジネス目標をより適切に達成し、デジタルビジネスに必要なITレジリエンスを推進できます– 

– APM、ログ、クラウドなどの新しいイノベーションにより、CIOは、今日のデジタル世界で成功するために必要な行動、革新、運用を行う自信を得ることができます–

ニューヨーク市とサンタバーバラ、カリフォルニア州、2年2022月XNUMX日LogicMonitor、企業およびマネージドサービスプロバイダー(MSP)の可観測性のリーダーは、本日、 LMエンビジョン – SaaSベースの統合された可観測性プラットフォーム。これにより、今日のデジタル企業は、ビジネス目標を効果的に達成し、包括的な可視性を実装し、ITデータサプライチェーンの最適化を支援できます。 本日の発表は LM昇格、LogicMonitorのIT専門家および技術者向けの年次対面会議は、 温室、ニューヨーク市。

LM Envisionは、あらゆる規模と業界の顧客で実証されたスケーラブルな可観測性ソリューションにおけるLogicMonitorのリーダーシップに基づいて、ITデータサプライチェーンを構成する数百万の運用ITデータポイントを生成する数千のIT資産とアプリケーションの状態を評価するように独自に設計されています。 IT環境がますます複雑になる中、LogicMonitorは、大量のデータを取り込み、処理、分析するための拡張性の高い可観測性プラットフォームを提供し、企業のITおよびアプリケーションインフラストラクチャ全体の健全性の迅速な評価と管理を促進し、効率を確保します。 ITデータサプライチェーン。 さらに、多様なITチームと異種システムを統合することで、CIOとITチームは、オンプレミスのデータセンター、コンテナ、ネットワーク、アプリケーションに至るまで、あらゆる範囲にわたる完全かつ包括的なサポートにより、最新の環境をより適切に監視、トラブルシューティング、および管理できます。ハイブリッドおよびマルチクラウド環境に至るまで。

お客様は、LogicMonitorソリューションがインフラストラクチャレベルからアプリケーションレベルまでのトラブルシューティングに対応できることを検証します。拡張性には、2,000を超える統合、すぐに使用できるしきい値処理、およびトレンドや異常を即座に特定するロジックがあり、統合プラットフォームでの通常の動作。 LM Envisionが提供するこの単一プラットフォームのアプローチにより、CIOは企業間の可視性を獲得し、企業全体のデータ主導の意思決定を行い、今日のデジタルビジネスに必要なサポートとイノベーションを提供すると同時に、ITイノベーションの次の波の基盤を築くことができます。およびデジタルビジネスモデル。    

「今日のITは、デジタル世界で成功するために必要な行動、革新、運用に自信を持たせることを目的としています。そのため、ITランドスケープ全体での可観測性のニーズに対応する単一のプラットフォームを持つことで、CIOは全社的な意思決定を行うことができると確信しています。回復力のある企業を提供します」とLogicMonitorのCEOであるChristinaKosmowskiは述べています。 「LMEnvisionにより、さまざまな運用チームがデータと重要な洞察をまとめることができるようになり、CIOがまとめるのに苦労している壊れたITに対処できるようになりました。 クラウド向けにこのプラットフォームを専用に構築しましたが、LogicMonitorは、オンプレミスからハイブリッドおよびマルチクラウドプラットフォームに至るまで、お客様のIT環境にまたがる可観測性の完全かつ包括的なサポートを主張できるこの分野で唯一のベンダーです。 AIOpsに焦点を当てることで、LM Envisionと単一プラットフォームのビジョンは、自己回復型の企業が間近に迫った、よりエキサイティングなイノベーションへの道を開きます。」

LM Envisionは、実証済みの可観測性に加えて新しいイノベーションを提供します。 目の自己回復企業

LM Envisionは、長年にわたる計画とレーザーに焦点を当てた製品の革新、戦略、開発の集大成です。 本日発表されたイノベーションは、さらに高度なAI対応IT運用(AIOps)の有望な開発と、ITデータサプライチェーンを管理および最適化する必要性の高まりに対処するための基礎を築いています。 これにより、ITチームは、問題の解決から新しい開発へと、修復から革新へと移行することもできます。 LM Elevateでの基調講演で、コスモウスキーは次のように述べています。必要に応じて。」 彼女は、LogicMonitorの統合された可観測性プラットフォームを支えるイノベーションが自己回復型企業の最初の痕跡の舞台を設定することを述べた次世代ITソリューションのビジョンを強調しました。

LM Envisionの一部として本日発表された新しいイノベーションには、次のものがあります。  

  • アプリケーションパフォーマンスモニタリング(APM) –顧客がアプリケーションのボトルネックを特定し、パフォーマンスを最適化できるようにし、総合的な監視を通じてWebサイトとサービスのパフォーマンスの外部ビューを提供します。
  • クラウドモニタリングの機能強化 – AWS、GCP、Microsoft Azure、Kubernetes環境のクラウドとコンテナの可視性と洞察の対象範囲を拡大。
  • ログ詳細検索 –顧客がLogicMonitorをログの集約および管理として使用し、トラブルシューティング中にログをより迅速に表示できるようにする新しいクエリ言語。
  • Terraform統合 –新しくプロビジョニングされたインフラストラクチャをLogicMonitorに自動的に追加し、お客様が既存のITエコシステムをスピードと一貫性を高めて改善できるようにします。
  • StackStorm統合 – LogicMonitorアラートに応答して修復およびその他のアクションを自動化し、インシデント対応を合理化します。
  • AIOpsアラートのトラブルシューティングコンテキスト –アラートの集約とコンテキストログ、トポロジ、およびグラフにより、顧客はMTTRを削減できます。

LM Envisionの統合された可観測性プラットフォームは、ITデータサプライチェーン内に必要なデータコンテキストを追加することにより、ITメトリックをビジネスメトリックと相関させることにより、ITとビジネスの整合性を備えたCIOを支援します。 LM Envisionプラットフォームをさらに強化する追加のイノベーションには、次のものがあります。

  • プッシュメトリクスAPI –ほぼすべてのシステムからLogicMonitorにデータを取り込みます。これを使用して、ダッシュボードやレポートなどにビジネスコンテキストを追加できます。
  • モジュールとデータソースをログに記録します –キーロギングデータソースのデータオンボーディング、検索、分析をすぐに利用できるようにします。
  • OpenTelemetry –ビジネスコンテキストをマイクロサービスに直接組み込んで、トレースをビジネスサービスの状態に関連付けます。

「さらに競争力を高めるために、クラウドを使用して、より高速で俊敏なサービスを構築および実行しています」と、プラットフォームエンジニアリングのシニアディレクターであるRayLassiterは述べています。 ウェストロック、紙と包装の世界的リーダー。 「私たちがクラウドへの旅を続けるにつれて、LogicMonitorはITチームにとって不可欠になりました。 新しいサービスがオンラインになると、LogicMonitorはそれらを簡単かつ容易に監視できます。 クラウド環境とオンプレミス環境全体で統一された可観測性を実現し、チームは運用のより効率的で一貫性のあるビューを取得できるため、迅速に革新し、優れたサービスを提供し、顧客とユーザーのパフォーマンスを向上させることができます。」

LMエンビジョンの可用性

LogicMonitorのLMEnvision統合可観測性プラットフォームは、現在、新規および既存の顧客が一般的に利用できます。 既存のお客様は、MSPとともに、これらの新しいイノベーションを現在のパッケージにシームレスに追加することで、ITソリューションを強化できます。  

###

LogicMonitorについて

LogicMonitorのSaaSベースの統合された可観測性プラットフォームであるLMEnvisionは、ITOps、CloudOps、DevOps、CIO、およびビジネスリーダーが、現代の組織が並外れた従業員と顧客のエクスペリエンスを提供するために依存しているテクノロジーの運用上の可視性と予測可能性を獲得するのに役立ちます。 LogicMonitorは、インフラストラクチャ、ネットワーク、クラウド、コンテナ、およびアプリケーション全体で統合された可観測性をシームレスに実現し、企業がトラブルシューティングよりもイノベーションに集中できるようにします。 詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.logicmonitor.com.

プレスの連絡先
キム・ペティ
LogicMonitor
電話:(805)254-2487
Email: [メール保護]

LogicMonitorのHotwire、Eメール: [メール保護]