LogicMonitorは、SaaSプラットフォームのSOC2タイプ1監査が正常に完了したことを発表しました

カリフォルニア州サンタバーバラ、10年2015月XNUMX日–LogicMonitor、主要な自動化されたエンドツーエンドのITインフラストラクチャ監視プラットフォームは本日、サービス組織管理の正常な完了を発表しました (SOC)2タイプ1監査。 監査は、LogicMonitorの全社的な手順、ポリシー、および運用が、独立監査人であるErnst&Youngが述べたように、セキュリティ、可用性、プロセスの整合性、および機密性に関するコンプライアンス基準を満たしていることを証明します。

SOCは、米国公認会計士協会(AICPA)によって作成された国際的に認められた監査基準です。 ザ・ SOC2タイプ1 レポートは、サービス組織のシステムの説明と、組織の制御の設計および運用効率の適合性を提供します。 厳格な調査期間中に、Ernst&YoungはLogicMonitorのコントロールを評価し、これらのコントロールがセキュリティと可用性に関連するAICPAのトラストサービス基準を満たしていると判断しました。

LogicMonitorのCEOであるKevinMcGibbenは、次のように述べています。「コアビジネスオペレーションの実行を支援するためにSaaS製品に依存する組織が増えるにつれ、顧客がこれらの組織の背後にあるポリシーと手順を透明にすることがこれまで以上に重要になっています。 「LogicMonitorの場合、SOC 2 Type 1監査が正常に完了すると、プラットフォームのセキュリティと可用性に対する継続的な取り組みが強化されます。 お客様は、業界で最高水準のコンプライアンスで機能している監視プラットフォームを使用していることを確信できます。」

SOC 2 Type 1レポートの詳細については、お問い合わせください。 [メール保護].

LogicMonitorについて

LogicMonitorの自動化されたSaaSパフォーマンス監視プラットフォームは、IT運用チームに、今日の洗練されたオンプレミス、ハイブリッド、およびクラウドインフラストラクチャを管理するためのエンドツーエンドの可視性と実用的なメトリックを提供します。 デバイスのAutoDiscovery™を使用して、監視をより迅速かつ自動的に展開および管理します。 組み込みのカスタマイズ可能なダッシュボード、パフォーマンス予測、および完全なレポートを使用して、インフラストラクチャのパフォーマンスデータに基づいて行動します。 アラートルーティングやエスカレーション管理などの組み込みのワークフロー機能を使用して、ITチームの問題への対応と解決時間を改善します。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET