<すべての統合を表示

LogicMonitor – ServiceNowCMDBとITSMの統合

ServiceNow CMDBにデータを入力、監視、保守します

構成管理データベース(CMDB)には、組織のIT環境全体で使用されるハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントに関するすべての関連情報が含まれています。 さらに重要なのは、CMDBがこれらの資産間の関係と相互依存性を定義することです。 これにより、提供されているサービスの理解、管理、およびレポートが簡単になります。

LogicMonitorのServiceNowCMDB統合を使用して、ユーザーは、ITインフラストラクチャに関する最新かつ正確な情報をすばやく簡単にCMDBに提供します。 これにより、システム間での一般的な時間のかかるデータの選別が不要になるため、インフラストラクチャからアプリケーションまで、エコシステム全体がどのように機能しているかを理解し、変更があったときにすぐに通知されます。

* ServiceNowの最新バージョンであるケベックは2021年XNUMX月にリリースされました。LogicMonitorは、このバージョンですでに認定されています。

メリット

  1. アラートはServiceNow内から確認できるため、トラブルシューティング時にコンテキストを切り替える必要がありません。
  2. 自動化されたインシデントの開閉を通じて、ServiceNowとLogicMonitorの間のカスタムのやり取りをより合理的かつ効率的な方法で管理し、ServiceNowインシデントフォームから直接アラートを確認します。
  3. 統合は、ServiceNowからのデータ統合のベストプラクティスに従います。
  4. ServiceNowアプリケーションツールの柔軟性を活用して、ワークフローとフォームを使用して実装をカスタマイズし、環境に最適にします。

特徴

  1. LogicMonitorでトリガーされた新しいアラートに基づくServiceNowでの自動インシデント作成。
  2. アラート確認応答は、ServiceNowポータルのインシデントを自動的に更新します。
  3. アラートの確認は、ServiceNowインシデントフォームから開始できます。
  4. LogicMonitorのアラート重大度レベルが変更されたインシデントの自動更新。
  5. LogicMonitorでアラートがクリアされると、ServiceNowインシデントは自動的に閉じます。

Requirements

ロンドン、マドリッド、ニューヨーク、オーランドのServiceNowインスタンス。

試してみたいですか?

ServiceNow CMDB統合をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

ServiceNowインシデント管理統合をダウンロードするには、ここをクリックしてください。