PagerDuty

PagerDuty のアラート プラットフォームを使用すると、ユーザーはアラート、オンコール スケジューリング、エスカレーション ポリシー、およびシステムの信頼性とパフォーマンスを向上させることを目的としたインシデント追跡を使用してインシデントを集中管理できます。

LogicMonitor アカウントは、PagerDuty アカウントと統合するように事前構成されています。 この統合により、LogicMonitor は LogicMonitor アラートに基づいて PagerDuty インシデントを開き、更新し、閉じることができます。 LogicMonitor から PagerDuty にアラートを送信することで、PagerDuty のアラート プラットフォーム機能を利用して、アプリ、サーバー、ウェブサイト、およびデータベースのアップタイムを増やすことができます。

SRE に必要なのはツールではなく可視性の向上

MTTRの高速化

LogicMonitor と PagerDuty を統合すると、ユーザーは、LogicMonitor で問題が検出されたときに PagerDuty アラートを自動的にトリガーすることで、より迅速なインシデントの検出と解決を実現できます。

作業場所に合わせた柔軟性: LogicMonitor とのカスタム HTTP アラート統合の作成

ROIを向上させる

インシデント対応ワークフローを合理化し、問題解決に必要な時間と労力を削減することで、チームは監視ツールとインシデント対応ツールの ROI を向上させることができます。

サービスプロバイダービジネスを変革するための7つのステップ

簡単にスケーリング

LogicMonitor と PagerDuty はどちらも拡張性が高く、チームは複雑な環境全体でインシデントとアラートを流動的に管理できます。

SaaSとPaaSとIaaS:違いは何ですか?

コラボレーションを改善する

PagerDuty アラートは適切なチーム メンバーに簡単にルーティングできるため、全員がより効果的に連携できます。

カスタマイズ可能なアラート

チームは、次のような特定の基準に基づいてアラートを構成できます。

  • 重大度レベル
  • 位置情報
  • サービスの種類

アラートをカスタマイズすることで、チームは直ちに注意を払う必要のある重大な問題のみが通知されるようにすると同時に、アラート疲労につながる可能性のある誤検知の数を減らすことができます。 適切な人に適切なタイミングでアラートを送信することで、ダウンタイムやサービス中断のリスクが軽減されます。

LogicMonitorでのPagerdutyDelivery統合の管理。

根本原因分析の改善

すべてのアラートとインシデントを統合することで、チームはパターンと傾向をすばやく特定し、問題の根本原因についてより深い洞察を得ることができます。 根本原因分析により、技術スタックの奥深くまで可視性が向上し、チームは潜在的な問題が重大なインシデントに発展する前にプロアクティブに対処できるようになります。