<すべての統合を表示

Java

ネイティブのJMXサポートが組み込まれ、JavaおよびさまざまなJavaアプリケーションの事前定義された監視により、LogicMonitorはJavaアプリケーションの監視に前例のない使いやすさとパワーをもたらします。

JavaアプリケーションでJMXを有効にするだけで、LogicMonitorがそれを検出し、Java VMの監視を自動的に追加します。使用中のガベージコレクションアルゴリズム、構成されたメモリプール、スレッドとヒープの使用状況などを検出し、それらをグラフ化して警告します。すべて自動的に。

パフォーマンスの調整に不可欠なすべてのデータは、履歴トレンドラインとして表示でき、データを簡単にフィルタリングしたり、さまざまな時間枠にズームインまたはズームアウトしたり、個人用ダッシュボードまたは共有ダッシュボードでデータのカスタマイズされたビューを作成したりできます。 ベストプラクティスのアラートしきい値はすでに定義されているため、アプリの構築に取り掛かることができます。

私たちが監視しているJavaメトリックのほんの一部:

Javaガベージコレクション

LogicMonitorは、アプリケーションパフォーマンスの調整と追跡に不可欠であり、使用中のさまざまなガベージコレクションアルゴリズムを自動的に検出し、それぞれに費やされた時間を追跡します。

Javaガベージコレクション

Javaのヒープとスレッドの使用法

Javaヒープ、スレッド使用量、およびファイル記述子を動的に監視し、これらの重要なリソースのいずれかが不足している場合はアラートを受け取ります。

Javaガベージコレクション

Javaメモリプールの使用

すべてのJavaメモリプールを動的に検出し、時間の経過とともに傾向を調べ、ガベージコレクションと相関させ、プールが常に低い場合はアラートを出します。

Javaメモリプールの監視
Javaメモリプールの例