<すべての統合を表示

ConnectWise

LogicMonitorは、主要なSaaSベースの監視ソリューションであり、前提ベースのオープンソースソリューションに代わる人気が高まっています。 RMMツールを補完するものとして、VMware、NetAPP、Citrix、Cisco、Juniper、SonicWALLなどの複雑なテクノロジーを含むデータセンター内のすべてを監視するためにLogicMonitorに依存するMSPが増えています。 迅速で痛みのない実装、月々の請求、小さなフットプリント、および物理的および仮想的に異なるITインフラストラクチャを統合する機能は、かけがえのない価値を提供します。

LogicMonitorとConnectWiseの直接統合により、マネージドサービスプロバイダーはより合理化されたワークフローを実現し、チケットのステータスをグラフィカルに表示できるため、マネージャーはビジネスに関する貴重な洞察を得ることができます。

サービスボードの監視

LogicMonitorアラートに応答してConnectWiseチケットを開いたり、更新したり、閉じたりすることに加えて、LogicMonitorは ConnectWiseサービスボードの深さ すぐに使用できるデータソース。サービスボードを自動的に検出し、それぞれのオープンサービスリクエストの数をグラフ化するため、時間の経過に伴うキューの深さの傾向を確認できます。 開いているチケットの数に基づいてアラートを設定し、次のようなConnectWiseメトリックを監視するための追加のデータソースを簡単に作成します。

  • サポート担当者ごとのオープンチケットの数
  • x日以上経過したチケット
  • さらに多くの
MongoDBクエリアクティビティ

機能と利点

  • LogicMonitorアラートは、適切な会社、分類、および発行タイプを使用して、適切なサービスボードでチケットを自動的に開き、更新し、閉じます。
  • リアルタイムのグラフには、各キューで開いている、閉じている、または保留中のチケットの総数が表示されます。
  • カスタムデータソースを作成して、ConnectWiseAPIを介してアクセスできるConnectWiseの他の側面を監視します。
  • アクセス可能なConnectWiseメトリックに基づいてグラフとアラートを設定します。

利用可能なLogicModules

サービスボードごとのConnectWiseチケット数を監視します

  • オープンチケット