Q3まとめ–ログの新機能それについて記録しましょう!

Q3まとめ–ログの新機能それについて記録しましょう!

ローンチしたとき LMログ 2020年3月、この製品がトラブルシューティング時間の短縮と根本原因の特定に役立ち、監視と計画だけでなく、行動を起こすためのより積極的なアプローチが可能になることがわかりました。 お客様と話し合い、ビジネス変革を加速するために何が必要かを理解した後、第XNUMX四半期にいくつかの重要な機能強化に焦点を当てました。

TL; DR – Lumber Bobは、主な機能を強調しています。

  • 1年間の保持 –データ衛生と内部コンプライアンスイニシアチブを最大化します。
  • ホットストレージ –いつでもログにアクセスできます。
  • ログ収集 –監視されていないリソースのログの可能性が増え、クラウドスペースでのサービスカバレッジが追加されます。
  • 検索とフィルタリング –使いやすさの向上により、必要なときに必要な情報を取得し、適切なユーザーと適切なタイミングで共有できるようになります。 

長いバージョンが欲しいですか? 前四半期に行ったいくつかの機能強化について詳しく見ていきましょう。 

ログ収集の改善

インフラストラクチャ側では、追加のフィルタリング機能、UDPおよびTCP通信のサポート、およびバックアップマッピングリソースを使用して、Syslogコレクションに柔軟性を追加しました。 LMログに慣れていない人には、各ログメッセージがLogicMonitorの監視対象リソースに関連付けられ、統合されたログとメトリックが提供されます。 ログメッセージをリソースに関連付けることができない場合は、取り込み時に関連付けるデフォルトのリソースを選択できるようになりました。 これにより、監視されていないリソースのログの可能性が広がります。

WindowsイベントとKubernetesイベントコレクションが改善されました。 以前は、Kubernetesポッドログのみを収集できました。 これで、Kubernetesイベントログ(およびWindowsも)を収集するようにLMコレクターを構成できます。

最後に、クラウドスペースにサービスカバレッジを追加し続けています。 追加されたサービスには、AWS RDS、VPCフローログ、KinesisデータストリームとFirehose、GCP Cloud Run、CloudSQLログなどがあります。 Azure側では、Azureログの取り込みをすばやく簡単に構成できるようにテンプレートを追加しました。 クリックするテンプレートはXNUMXつあり(真剣に、それは非常に簡単です)、それぞれがAzureで異なるコンポーネントを構成します。 最初のボタンはAzure関数をデプロイしてイベントハブを作成し、XNUMX番目のボタンはマネージIDを作成し、XNUMX番目のボタンはイベントハブへのログ転送を構成します。

検索とフィルタリング

第4四半期の終わりに、検索とフィルタリングに多くの大きな改善が加えられていますが、これらの今後の変更のいくつかを設定するのに役立ついくつかのマイナーな変更を紹介したいと思います。

保存された検索

ユーザーは、LMアラートページでビューを保存するのと同じように、検索を保存できるようになりました。 保存された検索はまもなく他のユーザーと共有できるようになり、結果は時間の経過とともに追跡されます。

アラートレベルのフィルタリング

ログパイプラインアラートは常にLMログで人気のある機能であり、ログと異常の総数とともにロググラフにログアラートレベルのカウントを含めることで、そのエクスペリエンスを強化しました。 パイプラインアラート条件を満たすログメッセージには、ログテーブルにもアラートアイコンがあります。 また、リソースグループをパイプラインアラートに追加することもできることを忘れましたか? リソースグループを使用して動的に適用する機能を備えたアラート条件を作成することは、私たちが最も要求した機能のXNUMXつでした。今すぐ試してみてください!

ログの詳細

ログテーブルと言えば、必要なすべてのデータを簡単に表示できるように変更を加えました。 ログメッセージをインライン展開して、より長いログメッセージを表示できます。 ログ行をクリックすることもでき、ページの下部に詳細パネルがポップアップ表示されます。 詳細パネルには、完全なログメッセージと、ログフィールド、およびリソースグループやログとともに取り込まれたその他のメタデータなどのメタデータ情報が含まれています。

階層型保持

1月に、30日間の保持オプションに合わせて30年間のログ保持オプションをリリースしました。 階層型保持オプション(1d、XNUMXy)は、重要な本番環境およびコンプライアンスに敏感な環境を実行しているお客様が、内部コンプライアンス、リスク軽減、およびデータ衛生に関するデータ保持のニーズを満たすのに役立ちます。 さらに優れているのは、データを別の場所に保存したり、ログの再取り込みを待たずに、必要なときにいつでもすべてのLMログデータを利用できることです(ホットストレージ)。 

クイックリキャップ

要約すると、ログ収集の柔軟性と安定性が向上し、データの表示とフィルタリングの方法が改善され、データ要件を満たすためにログ保持オプションが強化されました。 これはLMログの始まりに過ぎず、第4四半期の終わりから2022年にかけての計画をお見せするのが待ちきれません。

デビッドフェミノ

プロダクトマネージャー

Davidは、ネットワークエンジニア、ソリューションアーキテクト、ビジネスアナリスト、カスタマーサクセスエンジニア、プロダクトマネージャーなど、幅広い役割で15年以上の技術経験があります。 彼は、技術チームがビジネスの成長に役立つ活動を実行できるように、効率を最大化し、トラブルシューティング時間を短縮するのを支援することに重点を置いています。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET