ダッシュボード内でのLogicMonitorレポートの表示

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

セールスエンジニアとして、私は日常的に興味深い製品の要求を聞いており、LogicMonitorレポートをLogicMonitorダッシュボードと統合することが頻繁に出てきます。 LogicMonitorのレポートエンジンには、容量計画からSLA計算まで、多くの便利な機能があり、ダッシュボードは、ユーザーがレポートの生データを視覚的に消化するのに役立ちます。

ユーザーが直面する一般的な問題のXNUMXつは、VM間のCPU競合を判断することです。 組み込みの統計分析を使用して、CPU使用率の傾向を確認できます。 リソースメトリックトレンドレポート。 このデータは、ダッシュボードグラフに視点を与えるのに役立ちます。

リソースインベントリレポート LogicMonitorリソースのデバイスとインスタンスのプロパティを監査するための優れた方法です。 たとえば、マネージドサービスプロバイダー(MSP)の顧客は、これらのレポートを使用して、クライアントがサポートされているインフラストラクチャを理解できるようにすることがよくあります。 インベントリレポートは、VMとクラウドリソースのステータスを監査するのに役立つことがよくあります。

最近、クライアントと協力して、どのVMがオン/オフになっていて、どのホストで各VMが実行されているかを追跡できるようにしました。 以下の例には、VMの電源状態に基づいてセルに色を付けるための条件付き書式が含まれています。

LogicMonitorは、HTML、CSV、およびPDF形式でレポートを配信できます。 データソースを使用して、CSVレポートを実行、解析し、テキストウィジェットにアップロードします。 このデータソースを構成するには、まずレポートを作成し、レポートをPOSTするテキストウィジェットを作成します。 テキストウィジェットは、このアプリケーションにとって自然な選択となるHTMLをレンダリングします。 使用するデータソースには、次のAppliesTo()クエリがあります。

lmaccess.id && lmaccess.key && lmaccount && report_id && widget_id

Lmaccess.idとlmaccess.keyはAPI認証情報に対応しています。 Lmaccountは、ポータルのサブドメイン(XXX.logicmonitor.comのXXX)です。 Widget_idは、ダッシュボードウィジェットを管理し、ウィジェットに埋め込まれたURLを生成し、URLの末尾に移動することで見つけることができます。

Report_idを見つけるのは少し難しいです。 ブラウザの開発者ツールを開き、問題のレポートを管理して、そのレポートのIDを見つけます。

それらがデバイスに適用されると、データソースは自動的にその魔法を働かせるはずです!  

と呼ばれるライブラリを使用するTO_HTML()と呼ばれる関数があります jsoup これにより、HTMLの解析と構築がすばやく簡単になります。 この関数は、CSVレポートを入力として受け取り、HTMLテーブルを出力します。 これは、条件付き書式を含めたい場合に変更する関数です。

例として、TO_HTML()関数からの次のコードスニペットについて考えてみます。

セルの値(この場合は「item」)に応じて、HTMLテーブル要素の属性(この場合は「bgcolor」)を変更できることがわかります。 箱から出して、LogicMonitorのスタイルシートはTO_HTML()関数に含まれていますが、テーブルに別のテーマを設定したい場合は、含まれているCSSを自由に変更してください。

もっと見たいです? 試してみてください モジュール 上記またはカスタマーサクセスマネージャーに連絡してください。 LogicMonitorを検討している場合は、次のいずれかに参加してください。 毎週のライブデモ または要求する 無料試用.

イアンブルーム

IanはLogicMonitorのアソシエイトセールスエンジニアであり、AWSからAbletonまであらゆる種類のテクノロジーに興味を持っています。 Ianは、LogicMonitorを使用するための面白くて創造的な方法を見つけることを楽しんでおり、顧客が可能な限り最良の方法で製品を使用できるように支援することを愛しています。 イアンが働いていないときは、ロッククライミングやサーフィンをしている可能性が高いため、メールの返信が少し遅れる場合があります。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET