ログ分析プラットフォームを選択する際に考慮すべき上位3つの事項

ログ分析プラットフォームを選択する際に考慮すべき上位3つの事項

効果的なログ分析は、インシデントの調査とトラブルシューティングに費やす時間を大幅に削減するのに役立ちます。 多くの異なる ログ分析プラットフォーム 利用可能であるため、選択するのが困難で、何を探すべきかを知るのが難しい場合があります。 この短いガイドでは、ビジネスのログ分析プラットフォームを選択する際に考慮すべき上位XNUMXつの事項を共有します。

1.自動分析はより効率的です 

膨大な量のログデータは非常に膨大な量になる可能性があり、ITチームがログを効率的に使用して、環境内で発生する変更を理解、トラブルシューティング、および追跡することを不可能にします。 アプリケーションやWebサーバーからネットワークデバイスまで、現代のすべてのもの ITインフラストラクチャスタック データとログを継続的に生成します。 データを効率的にレビューしてトラブルシューティングを行い、壊滅的な可能性のあるインシデントをプロアクティブに特定することは、IT運用ワークフローの重要な部分です。 ログデータを手動で検索して回答を見つけると、トラブルシューティング時間が不必要に長くなる可能性があります。 ログレビューを自動化し、トラブルシューティングに関連する可能性のあるログデータを表示するログ分析プラットフォームを見つけることで、チームの貴重な時間を節約し、平均修復時間を短縮できます。 

2.コンテキストが重要

ログで有用な情報を見つけることは、戦いの半分にすぎません。 問題を効果的に防止または解決するには、適切な情報を適切なタイミングで適切なコンテキストで必要とします。 通常、何かが間違っていることを示すメトリックアラートから開始し、ログの分析にジャンプして、その問題が発生した理由を理解することができます。 そのジャンプにはコンテキストの切り替えが必要になることが多く、コンテキストを切り替えるたびに貴重な情報が失われるリスクがあります。 コンテキストスイッチの必要性を最小限に抑え、メトリックやログなど、依存するさまざまな情報ソースを可能な限りシームレスに統合するログ分析プラットフォームを探す必要があります。 このようなソリューションは、トラブルシューティングを迅速に行うのに役立つだけでなく、データセット間のインテリジェントな相関を可能にする可能性がありますが、サイロ化されたプラットフォームはそのような相乗効果を妨げる可能性があります。

3.プロアクティブな対応が常に最善です

監視プラットフォームのアラートとしきい値がどのように機能するかを理解することが重要です。 非効率に聞こえるかもしれませんが、多くのプラットフォームでは、実際には、問題を警告する前に、問題を構成する基準を指定する必要があります。 ほとんどの場合、これは、しきい値が設定されてアラート通知が送信される前に、インシデントが最初に発生する必要があることを意味します。 なので ITインフラ より複雑になると、障害の状況はより広くなります。 障害は、ネットワークからクラウド、アプリケーションに至るまで、考えられる障害点をいくつか挙げると、どこでも発生する可能性があります。 値を取得するために静的ログアラート条件を事前に定義するオーバーヘッドを必要とせずに、ログデータの異常を検出して強調表示できるインテリジェンスを備えたプラットフォームを探してください。 このような異常検出機能により、時間を節約し、注意が必要なときに通知を受ける可能性を最大限に高めることができます。 さらに、ログでの異常検出は、問題が実際に発生する前に問題の症状や早期警告をキャッチできることが多く、そのような警告の通知は、問題が最初から発生するのを防ぐために行動する機会を与えることができます。  

ブリッジ ログ分析プラットフォーム 上で説明した領域の少なくともXNUMXつ、つまり自動化、インテリジェンス、およびコンテキストで妥協しているようです。 LogicMonitorによるLMログは異なり、自動化、インテリジェンス、およびコンテキストの最大化を中心としたログ分析への独自のアプローチを提供します。 詳細について知りたい場合は、カスタマーサクセスマネージャーに連絡するか、 ログプラットフォームの14日間の無料トライアルにサインアップしてください!

サラ・テリー

Sarah Terryは、LogicMonitorの従業員です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET