サポートエンジニアのお気に入りの機能:カスタムの柔軟なグラフ

LogicMonitor意見投稿

最近、LogicMonitorで内部チャレンジを実行して、100週間に取得できるブログ投稿の数を確認しました。 ケビン(CEO)につながるXNUMX%の参加には至らず、通りの正面の窓にあるチュチュでバレエのレッスンを受けましたが、良い反応がありました。 これは、私たちの優れたサポートエンジニアのXNUMX人であるPhilip Schorrによる、順不同のシリーズの最初のものです。

LogicMonitorは優れたツールであり、私がさまざまなクライアントとチャットするとき、毎日さまざまなユースケースがあります。 特定のクライアントは、月次レポートを使用して傾向を追跡し、他のクライアントはデータベースステータスを把握したり、アプリケーションのパフォーマンスを微調整できるビューを作成したりできます。

パフォーマンスデータを相互に関連付けて解釈するためのあらゆる方法で便利なLogicMonitorのXNUMXつの機能をすべての人に示したいと思います。 その機能が「カスタムグラフウィジェット」です。 これら 柔軟なカスタムグラフ 強力な正規表現を利用して、LogicMonitorが収集している任意のメトリック(任意のデバイスの任意のコンポーネント)からのデータを組み合わせることができます。

この例では、ホスト上のすべての「クロム」プロセスのパフォーマンスのみを取得するデータソースがあります。これは柔軟なグラフなので、プロセスの出入りに応じて、ワイルドカード(*)を使用してすべてのプロセスをグラフ化できます。 (ホストまたはグループフィールドでワイルドカードまたは正規表現を使用して、インフラストラクチャのすべてまたは一部のデータを表示することもできます。)特に指摘したい機能は「集計」オプションです。 これをオンにすると、グラフ上のすべての線が結合されて、合計を表すXNUMX本の線になります。 このオプションをオフにすると、各インスタンスが独自の行として表示されます。 これがキッカーです。集計なしと「スタック」タイプの線を組み合わせると、各構成要素を示すグラフが表示されますが、積み重ねると、全体として視覚的に表示されます。

FlexibleGraphConfiguration
FlexibleGraph

これを試して、本当に興味深いグラフを作成することをお勧めします。 考える ストレージの監視 ビジネスユニットごとに分類された、すべてのストレージアレイでの使用量。 または、複数のデータセンターにまたがって集約されたISPによる帯域幅。 十分なカスタムビューがあれば、ダッシュボードは、システムの総合的なパフォーマンスを一目ですぐに確認できる中心的な場所になります。

スティーブ·フランシス

創業者

スティーブはLogicMonitorの創設者です。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET