LogicMonitor REST API を使用して LM Envision を制御する

LogicMonitor REST API を使用して LM Envision を制御する

私たちは、すべてがデータに依存する時代に生きており、使用中または作成中のアプリケーションはすべて、データを消費または作成します。 LogicMonitor REST API を使用すると、UI を介して手動でアクティビティを実行することなく、API を使用して機能にアクセスすることを好む顧客が簡単になります。 LM API を使用すると、エンド ユーザーはセキュリティを強化し、労力を軽減していくつかのアクティビティを実行できます。 

現在、v1 と v2 を提供しており、API と SDK のベース バージョンとして v3 を提供しています。 平均して、LogicMonitor には 2.5 日あたり最大 0.4 万の外部 API ヒットがあり、これは API のすべてのバージョンと XNUMX 日あたり最大 XNUMX 万の SDK ヒット (Python および GO) を統合した数です。

LogicMonitor REST API とは何ですか?

LogicMonitor REST API は、LogicMonitor の AI を活用したハイブリッド観測プラットフォームである LM Envision にアクセスするために使用される製品です。 

LogicMonitor REST API は、REST リソースと HTTP メソッドを介して、次のようなあらゆる種類の LogicMonitor 機能を公開します。

  • デバイスの追加、デバイス グループの作成、Web サイトの追加、アラートの作成などの顧客オンボーディング タスク
  • 監査ログ、データ ソースの抽出、データポイントの詳細、エスカレーション チェーン、アラート ルールなどのインフラ監視タスク
  • オペレーション ノート、レポート、受信者グループの更新などのインフラストラクチャ更新タスク

LogicMonitor REST API フレームワークにより、開発者はラッパー コードの構築に労力を費やす必要がなくなります。 当社の SDK、スクリプト、および API ドキュメントは、ガイドライン、認証、バージョン管理、フォーマット、使用法、およびレート制限のすべてのビジネス面に基づいています。 これにより、お客様は REST API を迅速に統合し、IT インフラストラクチャからビジネスの成果に至るまで、力を発揮できるようになります。 

LogicMonitor は、REST API を介してサードパーティ サービス プロバイダーとの統合を提供し、お客様がデータをリンクして、ServiceNow、PagerDuty、AutoDesk、Slack、および Connectwise から洞察を収集できるようにします。 これを制限するだけでなく、カスタマイズされた統合のための Webhook を提供して、API エクスペリエンスをさらに向上させます。

REST API を使用して、LogicMonitor を介して収集されたデータからコンテキストおよび相関関係のある洞察を顧客に提供するいくつかのユース ケースがあります。 Resource/Configuration Management API と Reporting API の使用例を見てみましょう。

リソース/構成管理 API :

LogicMonitor は、API を介してより多くの管理操作を提供することに熱心です。 揮発性のITOps環境では、顧客は迅速にタップする必要があります の監視 不確実性を管理するためのデバイス、ウェブサイト、およびアプリケーションの。 

CRUD 操作 PUT、PATCH は、更新、デバイス/Web サイト グループの置換、そのプロパティ、および有効化/無効化などの操作を活用します。 次に、API を介して時系列メトリック データを取得することもできます。これにより、相関関係、攻撃性、分析、およびデバッグが可能になります。 データをさらに細分化してローカル データベースに保存し、ビジネス ニーズに基づいて呼び出すことができます。 

テナントのオンボーディング操作、新しいグループ (静的/動的) の追加、デバイスの追加、プロパティの追加、SDT のスケジューリング、および Web サイト グループの追加は、LM API を介して実行できます。 

LogicMonitor は、顧客が付加価値のある洞察データを取得し、いつでも最大限にデータを取得できるようにします。 

たとえば、GET 呼び出しを使用して、デバイス、グループ数、データ ポイント、データ ソース、インスタンス、レポート、アラート、ユーザー、および管理者の詳細を拡張セキュリティ トークンでさらに取得して、通信が信頼できるものであることをさらに検証できます。

すべてのデバイスの詳細を取得するには、次のように呼び出します。

  1. GET: /device/devices – すべてのデバイス リストを取得します。 以下は、予想される応答のスニペットです。 

新しいデバイス グループを作成するには、次を使用できます。

  1. POST: /device/groups – デバイス グループを追加するには、以下のパラメーターで本文を明示的に更新できます。

さらに、次のようなクエリパラメーターを使用できます 

  • applyTo – デバイス グループ タイプを指定します (例: isLinux() はタイプ Linux & の動的グループを作成し、空の文字列は静的グループを作成します)
  • name – デバイス グループの名前を割り当てます
  • defaultCollectorId – コレクタをデバイス グループに割り当てます

レポーティング API:

レポートは、ビジネスのさまざまな側面についてマネージャーや同僚に情報を提供し、情報に基づいた意思決定を支援することを目的としています。 LogicMonitor レポートは、さまざまな重要業績評価指標 (KPI) からデータを収集し、LM Envision 内のテーマを提示します。 Reporting API を介したデータは、会社の状況を把握するのに役立ち、意思決定者が業務効率の正しい道筋を見つけ、競争力を維持できるようにします。 

これらのレポートは、ストレージ、CPU の消費に関する洞察を提供し、計画外のダウンタイム、リソース インベントリ、監視対象データのさまざまな側面を追跡し、コストとリスクの最適化に役立ちます。

さらに、これらのレポートは、監視対象のインフラストラクチャの概要を提供し、実用的な感覚を提供するのに役立ちます。 したがって、ビジネス ニーズに基づいてデータを表示するレポートをカスタマイズして取得できます。 ITOps チーム これらのレポートの詳細を使用して、必要なアクションを実行できます。

たとえば、過去 2 時間のすべてのアラートとその他の詳細を表示できるレポートを作成できます。 必要に応じて、グループ、リソース/Web サイト、インスタンス、アラート ルール、重大度、SDT、およびニッチ パラメータに基づいてレポートをさらにフィルタリングし、ビジネス ニーズに応じてレポートをさらに微調整できます。 

ドキュメントで利用可能な Reporting API を呼び出すだけです。 

  1. POST: /report/reports – 新しいレポートを追加するには、以下のパラメーターを使用して本文を明示的に更新できます。

さらに、次のようなクエリパラメーターを使用できます 

  • 'type' – レポートのタイプを指定します (例: アラート SLA レポート、ダッシュボード レポート、監査ログ レポート)
  • 「形式」- レポートの形式を指定します (例: HTML、CSV、PDF )
  • 'name' – レポートの名前を割り当てます 
  1. GET : /report/reports/ – 既存のすべてのレポートのリストを取得する 

以下は、予想される応答のスニペットです。 

LogicMonitor API REST は、LM Envision の UI ではなく API を使用してデータにアクセスすることを好む顧客をサポートします。 詳細については、REST API サポート ガイドを参照してください。  サポートセンター。