ダッシュボードトークンを使用してワークフローを合理化する

LogicMonitorのベストプラクティスブログ

LogicMonitorダッシュボードは、さまざまな方法で監視データを表示、トラブルシューティング、および洞察を引き出すための強力なツールです。 LogicMonitorを使用すると、他のほとんどの機能よりもダッシュボードとインターフェイスする可能性が高いため、ワークフローを可能な限り最適化することが重要です。 ダッシュボードトークンを使用すると、ダッシュボードの作成と編集を合理化できるだけでなく、特に大規模な人的エラーを制限できます。

LogicMonitorのWindowsダッシュボードの例。
効率的なダッシュボード管理は、リソースグループの編成と密接に関連しています。 リソースを内部で編成する場合でも、LogicMonitor内でその編成に一致するようにリソースグループを構築し、ダッシュボード内でそれらのグループを使用できます。 たとえば、Windowsリソースを中心に構築されたリソースグループがある場合、特に新しいWindowsダッシュボードでそのグループからリソースとメトリックを取得できます。 

ダッシュボードを構造化する最も一般的な方法のXNUMXつは、リソースグループの概要として機能することです。これは、リソースグループが、リソースがビジネスにとって最も意味のある方法を中心にすでに構造化されているためです。 そのWindowsダッシュボードを構築するとき、ダッシュボード用にウィジェットを作成するときに、すべてのウィジェットでWindowsリソースグループを手動で呼び出すことができますが、それはお勧めしません。 リソースグループを手動で割り当てるには時間がかかり、構成で手動エラーが発生するリスクが高くなります。最も重要なことは、ダッシュボードの再割り当てやクローン作成が簡単にできないことです。 

後日、そのダッシュボードで別のリソースグループのデータを表示する場合、またはその最初のダッシュボードのクローンを作成してそのクローンを別の目的に使用する場合は、すべてのウィジェットを個別に再割り当てする必要があります。別のリソースグループ。 ダッシュボードトークンは、ダッシュボード内のすべてのウィジェットで使用できる値をダッシュ​​ボードレベルで設定できるようにすることで、これらすべての問題を解決します。 

ダッシュボードの[管理]オプションを選択する、ダッシュボードトークンを設定する機能が表示されます。 デフォルトでは、すべてのダッシュボードはdefaultResourceGroupとdefaultWebsiteGroupのXNUMXつのトークンを提案しますが、任意の名前でトークンを作成できます。 これは、内部の価値の全体的なアイデアを取り込むことを目的とした再利用可能なラベルであるため、組織内のLogicMonitorユーザーが認識できるものであることを確認してください。 オブジェクト指向プログラミングの基本クラスのようなトークンを考えてください。 このトークンに加えた変更は、そのダッシュボード内のウィジェットレベルの値によって継承されます。

LogicMonitorダッシュボードトークンは、簡単にスケーリングできる推奨結果を表示します。

ダッシュボードトークンを定義した後、ウィジェットを構成すると、特定のフィールドに「トークンの挿入」というラベルが付いていることに気付くでしょう。 このオプションを選択すると、このダッシュボードに定義したすべてのトークンが取り込まれます。 

LogicMonitorダッシュボードでトークンを挿入します。

構成オプションはウィジェットごとに異なるため、トークンを使用するためのオプションが特定のウィジェットでわずかに異なることに気付くでしょう。 たとえば、アラートリストウィジェットには、「トークンの挿入」オプションはありません。 代わりに、[グループ]フィールドと[リソース/ウェブサイト]フィールドで、フィルターフィールドに「##」と入力すると、トークンオプションが表示されます。

LogicMonitor内のダッシュボードを使用してアラート設定をグループ化します。
ダッシュボードレベルでトークンを定義し、ウィジェット構成でそれらのトークンを使用すると、ダッシュボードを更新するタスクがはるかに簡単になります。 たとえば、以前に「東」グループを指す便利なダッシュボードを作成していて、今は「西」を中心に構築したい場合はどうでしょうか。 最初のダッシュボードのクローンを作成してダッシュボードトークンを更新すると、その新しいダッシュボード上のすべてのウィジェットが自動的に「西」グループを指します。 それは魔法です。 このアプローチは、MSPのサブカスタマー、個々のチームと部門、テクノロジー、およびリソースを整理するために選択したその他の方法のダッシュボードを作成するために使用できます。

ダッシュボードごとにトークンを作成するのに時間がかかりすぎるとお考えの場合は、幸運です。 ダッシュボードグループレベルでダッシュボードトークンを適用することもでき、各トークンは内部のダッシュボードに継承されます。 これは、共通のテーマを中心に多数のダッシュボードがグループ化されている場合に特に役立ちます。

LogicMonitorダッシュボード内のトークンシステム。
ダッシュボードグループレベルでトークンを作成すると、抽象化レイヤーを追加できるため、ダッシュボードごとにトークンを再作成する必要がありません。 この方法を使用すると、ダッシュボードグループレベルでグローバルトークンを定義し、ダッシュボードレベルで各ダッシュボードに固有の追加のトークンを定義できます。

ダッシュボードは、短期的または長期的な目的で構築することができますが、どのような場合でも、ダッシュボードトークンを使用すると、ダッシュボードの構築、整理、編集をはるかに簡単に行うことができます。 すでに構築したダッシュボードを再利用する柔軟性を提供し、いつでもトークンを編集または追加できるため、任意のダッシュボードを使用して事実上すべてのデバイスを追跡できます。 ダッシュボードを定期的に使用する場合は、それらのダッシュボードをトークンでテンプレート化することを検討してください。

ウィル·ジョンソン

Will JohnsonはLogicMonitorのプロダクトマネージャーであり、データを視覚化して意味のある洞察を得るためのより良い方法を見つけることに魅了されています。 彼は本質的にいじくり回しであり、効率を高め、ユーザーの障害を取り除く方法を常に模索しています。 彼はソフトウェアエンジニアリングのバックグラウンドを持っており、新しいユーザー中心の機能の設計、検証、およびリリースの推進に時間を費やしています。 時間外に、ウィルは多くの趣味の人であり、さまざまなスポーツコミュニティとオタクファンダムの両方に深く関わっています。

LogicBlogを購読して、LogicMonitorの最新の開発に関する最新情報を入手し、ITエキスパートとエンジニアのワールドクラスのチーム、およびITプロフェッショナルが愛する製品。

LogicBlogの他の記事

アンペアロボット 影

お店の話をしましょう。

STARTED GET